ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有機エアロゾルの地域規模・地球規模の気候影響に関する研究(平成 14年度)
Research on the effects of organic aerosols on regional/global climate

予算区分
BA 環境-地球推進 B-8
研究課題コード
0204BA346
開始/終了年度
2002~2004年
キーワード(日本語)
有機エアロゾル,アジア・ブラウン・ヘイズ,エアロゾル質量分析計,ライダー
キーワード(英語)
ORAGNIC AEROSOLS,ASIAN BROWN HAZE,AEROSOL MASS SPECTROMETER,LIDAR

研究概要

地球温暖化研究おいて、エアロゾルは地球・地域の気候を支配する放射収支に大きな影響を持っているが、温室効果ガスの観測等に比べて、その実態の解明が遅れている。モデルによって温暖化の将来予測を精確に行うためには、エアロゾルによる放射強制力を精確に求めなければならない。一方、アジア地域には、南アジアから東南アジア、東アジアの広い地域において高さ3kmにも及ぶ密度の高いヘイズ(Asian Brown Cloudsと命名された)がかかっており、炭素質粒子が東南アジアから日本にまで到達している。環境政策の面からもヘイズの長距離越境汚染が各国の状況に影響を与え複雑にしているので、この地域全体を含むような広域の問題として捉え、解決を図る。

全体計画

リアルタイムで成分分析が可能なエアロゾル質量分析計を用いて、サルフェートとナイトレートを中心とした大陸からのエアロゾルを、東シナ海上の島嶼において観測し、大陸起源エアロゾルの組成変動を明らかにする。タイおよび奄美大島に既設のライダーを活用して観測を行ない、大気境界層内のエアロゾルの分布構造や自由対流圏への輸送を解析する。また、複数波長のライダー信号を用いた解析手法と衛星データ、地上データ、化学輸送モデルを併用することによって、有機エアロゾルを特定しその動態を明らかにする。

今年度の研究概要

エアロゾル質量分析計の粒子線生成システムを導入し、サンプル空気から個々のエアロゾルを分離し、化学成分を分析する。大気チャンバーでエアロゾルを生成し、検出感度や化学成分分析の精度について検討した後、野外において大陸起源のエアロゾルの成分分析を試験的に試み、問題点を把握する。タイおよび奄美大島のライダーを整備し、2波長でエアロゾルの高度分布を連続的に測定する。大気境界層のエアロゾル分布の特徴と発生源について検討する。

課題代表者

畠山 史郎

担当者