ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-56 環境低負荷型オフィスビルにおける地球・地域環境負荷低減効果の検証
(1)研究棟における熱の挙動モニタリング及び各種対策技術効果検証実験(平成 14年度)
Diagnose on reduction effect of global and regional environmental load in an office building with low-environmental load technologies

予算区分
BA 環境-地球推進 B-56
研究課題コード
0103BA263
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
エネルギー消費,空調負荷,LCA,人工排熱,オフィスビル
キーワード(英語)
ENERGY CONSUMPTION,AIR CONDITIONING,LCA,ANTHROPOGENIC HEAT

研究概要

国立環境研究所地球温暖化研究棟各部位における放射と熱の挙動に関する通年モニタリングを通じた個別の導入環境保全技術毎の環境負荷低減性の比較検討及び建物全体のLCA評価を行う。また、アメニティーを含めたオフィス(研究棟)内外空間の快適性向上の検討や日本の気象条件、建物使用実態に即した環境負荷低減手法の効果の確認を行う。さらに、エネルギー消費行為から大気への放熱に至るまでの躯体内部の詳細な熱挙動の把握とモデル開発を通じ、環境低負荷技術が普及した場合のヒートアイランド低減効果を明らかにする。

全体計画

窓面における熱と光の制御効果に関するモニタリングを行う。また、大面積太陽光発電パネル敷設効果の検証、屋上スラブ下空間通風効果の検証を実施する。(平成13年度)
各種ガラスの比較実験を行い、個別技術の導入可能性を検討する。屋上面の構造に関しては、大面積太陽光発電パネルと屋上緑化の比較を行う。また、複層ガラスと室内気流制御の組合せ効果の検証、及びその基礎となる風圧・自然換気量の実測を行う。さらに、照明及び屋内外熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルやLCA評価手法の開発を行う。(平成14年度)
照明及び屋内外熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルによる検証を行う。屋上の構造に関しては、高アルベド塗料と通常塗料、屋上緑化の比較を行う。また、研究棟運用段階における個別対策技術の二酸化炭素排出量・コストパフォーマンスからみた評価を行う。(平成15年度)

今年度の研究概要

白濁ガラス(複層)と通常複層ガラス、通常ガラスの比較実験、大面積太陽光発電パネルと屋上緑化の比較を行う。また、複層ガラスと室内気流制御の組合せ効果の検証、及びその基礎となる風圧・自然換気量の実測を行う。さらに、照明及び屋内外熱負荷低減効果の数値シミュレーションモデルやLCA評価手法の開発を行う。

備考

共同研究機関:東京理科大学

課題代表者

一ノ瀬 俊明

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学) (東京大学)(都市工学専攻論文博士)
  • 土木工学,地理学
portrait