ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

20kmグリッドメッシュでの中国における食糧移動のモデル化(平成 14年度)
Modeling of food distribution in china at 20-km grid scale

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0102AE129
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
食糧,生産,消費,流通,確率過程,中国,20kmグリッド
キーワード(英語)
FOOD,PRODUCTION,CONSUMPTION,TRANSPORTATION,STOCHASTIC PROCESS,CHINA,20-KM GRID

研究概要

中国の代表的な地域での食生活の現況とそのトレンドを把握し、それを基に中国全体の食生活の将来動向を予測する。また、中国の大、中、小都市及び農村部の食生活を支えるための流通のメカニズムを解明し、それを基に中国の食糧の需給バランスを予測することを目的とする。
平成13年度 中国での食糧消費動向の把握と食糧流通(移動)のモデル化
平成14年度 食糧流通モデルの中国への適用と食糧需給の将来バランスのマップ化

全体計画

統計資料を基に中国の穀物および肉類の消費動向を把握する。食糧流通モデルを構築する。(平成13年度)
食糧流通モデルを中国全土に適用し、食糧の需要・供給バランスの将来予測を行い、マップ化する。(平成14年度)

今年度の研究概要

中国における食生活、消費動向を把握するために収集した統計資料の解析を継続する。開発した食糧流通モデルを中国全土に適用し,中国における食糧の需要・供給バランスの将来予測を行い、20-kmグリッドでマップ化する。

課題代表者

大坪 國順

担当者