ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有害藻類発生湖沼の有機物,栄養塩類,生物群集の動態解析と修復効果の評価に関する研究(平成 14年度)
The research about the analysis of water environment ecosystem and the evaluation of the restoration effect based on the organic and nutrient salts in lakes and marshes

予算区分
BC 環境-公害一括
研究課題コード
0002BC231
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
栄養塩類,溶存有機物,生態系相互作用,生分解機構
キーワード(英語)
NUTRIENT SALTS,DISSOLVED ORGANIC MATTER,ECOSYSTEM INTERACTION,BIOLOGICAL DECOMPOSITION

研究概要

有害藻類が顕在化する富栄養化湖沼での水質悪化は、発生源からの流入や底泥に由来する有機物、窒素、リン等が主な要因であり、これらの要因が密接に関連して湖内生態系がどのように変遷するのかが鍵となることが指摘されている。本研究では健全な湖沼生態系への修復を目的に位置付け、有害藻類発生湖沼の有機物、栄養塩類、生物群集の動態解析と修復効果の評価に関する研究を推進することとする。

全体計画

(1)有害藻類発生湖沼およびその流入水域において含有される有機物の湖水での実態および動態を解明、(2)物理化学的手法と生物学的手法による湖沼内有機物の除去手法の構築、(3)有害藻類の湖沼水域での動態調査およびその分解に関与する生物種の探索、(4)有害藻類の増殖特性を解析および微小動物による捕食分解機構解明および(1)から(4)の成果から有害藻類発生湖沼の修復技術の提案とその効果について総合的に評価する。

今年度の研究概要

湖沼における有機物や有害藻類,有害物質の調査と生物膜処理による有害藻類除去の実証実験を行う。湖沼汚濁原因有機物の除去手法として、生物処理にUV、オゾン処理等の物理化学処理を併用したハイブリッド処理システムの構築と処理特性の評価を行い、最終的に、本研究の全体を通し総括する。

備考

共同研究機関:(独)産業技術総合研究所, 茨城県公害技術センター, 福井県環境科学センター, 岡山県環境保健センター, 石川県保健環境センター, 神奈川県環境科学センター, 東京都環境科学研究所

課題代表者

稲森 悠平

担当者