ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

森林火災による自然資源への影響とその回復の評価に関する研究(1) リモートセンシングデータなどによる森林火災の影響と回復過程の解析と総合化(3) 森林火災の影響評価のための指標策定(平成 14年度)
Studies on the impacts of forest fires on natural resources and on the evaluation of restoration of ecosystems

予算区分
BA 環境-地球推進 E-2
研究課題コード
0002BA002
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
インドネシア,影響/回復評価,森林火災,生態系,生物指標,生物多様性,リモセン
キーワード(英語)
BIODIVERSITY,BIOLOGICAL INDICATORS,ECOSYSTEM,EVALUATION OF IMPACT AND RESTORATION,FOREST FIRE,INDONESIA,REMOTE SENSING

研究概要

1) 森林火災影響をレビューし、リモセンによる影響地域の把握等を行い、2) 森林火災/非火災地域の生物相・生態系調査から、火災被害の影響/回復における生態系・生物多様性の変化を明らかにし、3) 森林火災に敏感で、影響/回復の評価・モニタリングが容易な生物指標を提案する事を目的とする。さらに、4) 先駆的リモセンによる広域評価の可視化について検討する。

全体計画

国際共同研究の体制整備と調査地域の設定、文献収集・整理・レビュー(12年度~13年度)
リモセンによる生態系や生物多様性評価手法の開発・可視化(12年度~14年度)
森林火災/非火災地域の生物相・生態系調査(12年度~14年度)
調査地域の微環境の計測、周辺地域の生物相・生態系調査と比較解析(13年度~14年度)
インドネシア森林火災の影響評価のための生物指標の抽出(14年度)

今年度の研究概要

調査地域の微環境や森林生態系/生物多様性調査を継続し、データを解析し、森林火災の影響と回復に関してとりまとめると共に、森林火災に敏感で、影響/回復を評価し、モニタリングに適した生物指標に関する検討を行い、指標生物種を提示する。また、既存リモセンと航空機SARや先駆的センサとの関係を解析し、リモセンによる生態系・生物多様性評価を可視化する。

備考

研究代表者:阿部恭久(森林総合研究所); 国内共同研究機関:森林総合研究所, 生物多様性センター, 自然環境研究センター, 東京大学, 広島大学, 佐賀大学

国外共同研究機関:インドネシア科学研究院(当研究所と共同研究のための覚え書き(MOU)を取り交わした上で連携して実施)

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait

担当者

  • 渡邉 信