ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

地球温暖化対策のための京都議定書における国際制度に関する政策的・法的研究(平成 14年度)
Study on international institutions under the Kyoto Protocol to mitigate global warming :from policyand legislative perspectives

予算区分
BA 環境-地球推進 K-2
研究課題コード
0002BA028
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
地球温暖化,京都議定書,京都メカニズム,政策
キーワード(英語)
GLOBAL WARMING,KYOTO PROTOCOL,KYOTO MECHANISM,POLICY

研究概要

地球温暖化抑制を目的として1997年に採択された京都議定書では、先進国の温室効果ガス排出量に関して数量目標が課された他、排出量取引等新たな国際制度の設立が認められた。これらの制度は、国内の温暖化対策のみならず、2013年以降の先進国の排出量目標の設定方法や途上国の参加方法に関する議論に多大な影響を与える可能性があることから、これらの諸制度に対する主要国の政策決定について分析を行っておく必要がある。

全体計画

12年度:京都議定書で認められた京都メカニズムや遵守などの制度が日・米・欧にもたらす政治/経済/法的影響の分析、及び、それに関する政策決定過程を調査する。
13年度:上記のデータを分析し、国家ごとの制度的特徴や政策決定の要因を分析する。
14年度:日、米、欧の京都議定書における諸制度への態度や国内政策決定過程を比較分析し、各国の特徴をまとめるとともに、今後の京都議定書関連協議において国際協調を促進する方策を検討する。

今年度の研究概要

京都議定書で認められた各種制度に対する欧州の政策決定に関して調査を実施する。また、各国から提出されている最新の国別報告書の概要をまとめ、日、米、欧における排出量の動向や政策措置の進展動向について分析し、各々の特徴を指摘する。

課題代表者

亀山 康子

  • 社会環境システム研究センター
  • 副センター長
  • 博士(学術)
  • 政策学,政治学
portrait

担当者