ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動・海面上昇の総合的評価と適応策に関する研究
(3) 脆弱性評価指標と脆弱性マップに関する研究
(1) 脆弱性評価のための指標開発と適用性に関する研究(平成 14年度)
Comprehensive assessment of climate change and sea level rise, and their adaptation responses

予算区分
BA 環境-地球推進 B-12
研究課題コード
0002BA024
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
気候変化,海面上昇,脆弱性評価
キーワード(英語)
CLIMATE CHANGE,SEA LEVEL RISE,VULNERABILITY ASSESSMENT

研究概要

温暖化により平均的な海面上昇にこうした台風,高潮などの異常気象が重複するとその被害は甚大なものとなる可能性があり,現段階で過去の異常気象の発生状況とその影響の程度,その後に取られた対応策などについて情報を広範に収集し,整理しておくとともに,海面上昇及び高潮などの異常気象が重複して発生した場合に, 被害が深刻化する地域を予め特定し,適応策を検討することを目的とする。

全体計画

12年度:アジア地域における異常気象現象の発生とその影響についての知見の収集と解析する。
13年度:気象現象の沿岸地域への影響について知見を収集と解析を行う。異常気象現象がもたらす社会システムへの影響について, 過去の気象災害を事例として収集するとともに,気象災害と社会・経済的な影響についての関連性について解析する。
14年度:脆弱性指標の開発と適用性についての検討する。11、12年度の成果をもとに,地球温暖化に対する沿岸地域の脆弱性を評価できる指標(群) を開発する。また,開発した指標については, 幾つかの地域において試算することにより適用性について検討を行う。

今年度の研究概要

12, 13年度の成果をもとに,地球温暖化に対する沿岸地域の脆弱性を評価できる指標群を開発する。また,開発した指標について試算することにより適用性について検討を行う。

備考

課題代表者:中島秀敏(国土地理院)

課題代表者

原澤 英夫

担当者