ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

海域の油汚染に対する環境修復のためのバイオレメディエーション技術と生態系影響評価手法の開発(平成 14年度)
Bioremediation for spilled oil and its risk assessment for marine ecosystem

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
9803AG126
開始/終了年度
1998~2003年
キーワード(日本語)
バイオレメディエーション,流出油,海洋環境,現場試験,分解,影響評価
キーワード(英語)
BIOREMEDIATION,OIL SPILL,MARINE ENVIRONMENT,FIELD TEST,DEGRADATION,ECO-ACESSMENT

研究概要

97年初頭に日本海で起こったナホトカ号油流出事故は,わが国周辺海域における水産資源への被害のみならず,海岸部の貴重な生態系及び景観にも重大な影響をもたらした。このような被害は今後も生じる可能性がある。微生物機能を利用して浄化するバイオレメディエーション技術は現場状況により浄化効果が左右され,生態系に対する安全性の問題が解決されていない。適正なバイオレメディエーション技術の確立のためには,有効性,安全性についての問題を解決することが不可欠である。本研究では,油汚染により損傷をうけた海域の環境修復を図るために,有効なバイオレメディエーション技術の開発ならびに生態系影響評価手法の開発を行う。

全体計画

これまでに実施してきた日本海沿岸部,種子島沿岸部,実施予定のオホーツク海沿岸部における流出油バイオレメディエーション現場試験から得られた知見を整理・総合化し,各海域における石油の自然分解能と栄養塩添加による分解・除去促進効果,添加栄養塩の形態による影響評価を行う。また土着細菌群集構造と石油分解活性との関係の普遍性についても確認する。

今年度の研究概要

ナホトカ号流出重油の漂着海岸における,現場残存重油の自然分解能の評価を行う。また現在,大規模な海底油田開発が行われているロシアのサハリン沿岸部における油流出事故を想定し,流出油が漂着する可能性が高いとされる北海道オホーツク沿岸部において,寒冷海域における同海底油田産の原油の分解評価のための現場試験を行う。石油分解微生物の解析では,代表的な炭化水素化合物酸化酵素遺伝子を対象にした,遺伝子工学的手法を開発する。

備考

共同研究先:兵庫県公害研究所

課題代表者

渡辺 正孝

担当者

  • 越川 海地域環境研究センター
  • portrait
    牧 秀明地域環境研究センター
  • 木幡 邦男
  • 樋渡 武彦
  • 稲森 悠平
  • 水落 元之地域環境研究センター