ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策2. 化学物質環境リスクに関する研究 - 効率的な化学物質環境リスク管理のための高精度リスク評価手法等の開発に関する研究(平成 14年度)
2. Research on environmental risk by chemical substances - Development of methodologies for sophisticated assessment and effective management of environmental risk by chemical substances

研究課題コード
0105PR021
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
化学物質, リスク評価, リスク管理, 高精度化, 効率化
キーワード(英語)
CHEMICAL SUBSTANCES, RISK ASSESSMENT, RISK MANAGEMENT, SOPHISTICATED ASSESSMENT, EFFECTIVE MANAGEMENT

研究概要

ダイオキシン類,内分泌かく乱化学物質など,化学物質汚染の複雑化,多様化に伴い,そのリスク管理はますます難しくなっている。内分泌かく乱化学物質や複合曝露など,未対応のリスクが存在する一方で,対応する化学物質の増加や対応が困難な化学物質の出現によってリスク管理に要するコストが増大している。 リスク管理を適切に行うには,的確なリスク評価がその前提となる。リスク評価が適切に行われないと,リスク管理に過大な社会コストを要する一方で,影響を受けやすい人や生物を切り捨てることになりかねない。これらの課題を克服するには,段階的なリスク評価により対象を絞り込み,高いリスクが予想される問題について高精度のリスク評価を行っていくことが必要となる。また,予防的なリスク管理は,十分な知見の整備を待たずに行わなければならないため,社会的な合意が必要となり,リスクコミュニケーションを促進する必要がある。 本研究では,現行のリスク管理政策の要請に対応して,あるいはリスク管理政策の将来的な展開に向けて,曝露評価,健康リスク評価,生態リスク評価およびリスクコミュニケーションに係る7つの研究課題を実施している。

課題代表者

中杉 修身