ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境化学物質の生体影響評価のための行動試験法の体系の確立に関する研究 (平成 13年度)
Study on establishment of behavioral tests system for evaluation of health effects of environmental chemicals

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0105AE184
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
行動試験法, 齧歯類, 影響評価, 化学物質
キーワード(英語)
BEHAVIORAL TESTS, RODENTS, HEALTH EFFECTS ASSESSMENT, CHEMICALS

研究概要

環境中には人為由来及び天然由来の化学物質が極めて他種類含まれており、ヒトは常にその暴露を受けている。これらの化学物質の少なくない種類が中枢神経系に影響を及ぼす可能性が考えられるが、その生体影響を評価する方法については未整備の状態にある。そこで動物の各種行動を指標とする行動試験法の有用性を検討し、出来るだけ迅速にそして的確な評価を下すためのシステム(体系)の構築を目指す。

全体計画

平成13年度 抗不安作用の検討方法としての高架式十字迷路法について検討する。またこれまでの研究で明らかとなったローズ・オイル、ラベンダー・オイル、ペパーミント・オイルの有効成分について各種行動試験を実施する。新たな対象としてガジュツ精油の作用と有効成分の同定も行う。
平成14年度 ペパーミント・オイルやローズ・オイル、ラベンダー・オイルの有効成分の作用発現機序を薬理学的に検討する。また高架式十字迷路法により各種植物精油の作用を評価する。
平成15年度 平成14年度の高架式十字迷路法により影響の見られた植物精油について、含有成分を明らかにし、各含有成分について高架式十字迷路法で検討する事により有効成分を同定する。
平成16年度 平成15年度に明らかとなった有効成分について各種行動試験法をもちいて検討し、その影響の詳細についてあきらかにする。
平成17年度 平成15年度に明らかになった有効成分の作用発現機序について薬理学的手法により検討する。なお、上記の化学物質の他依頼のあった物については随時対応する。また作用発現の機序の追求のために他の研究機関との共同研究も適宜実施したい。

今年度の研究概要

新たな手法として高架式十字迷路法を検討する。またこれまでの研究で明らかとなった植物精油の有効成分についてさらにその行動影響を種々の方法で検討する。また新たな対象としてガジュツの精油について、企業との共同研究も計画している。

課題代表者

梅津 豊司

  • 環境リスク・健康研究センター
    生体影響評価研究室
  • 室長
  • 医学博士
  • 医学,薬学,生理学
portrait