ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物及び循環資源処理過程における有機ハロゲンの簡易測定法の開発と毒性評価 (平成 13年度)
Assessment of Toxicity and Development of Simple Measurement Techniques for Organohalogens in Waste and Recycling Processes

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB243
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
最終処分場, 有機ハロゲン, 簡易測定, 処理水, 浸出水, 生物評価試験, 変異原性
キーワード(英語)
WASTE LANDFILLS, ORGANOHALOGENS, SIMPLE MEASUREMENT, TREATED WATER, SEEPED WATER, BIO-ASSAY, MUTAGENECITY

研究概要

廃棄物及び循環資源の処理過程における有害化学物質の管理及び制御は、資源循環型社会を形成するための重要な要素の一つである。有機ハロゲンは、種類や存在量の多さから、そのリスクを管理、抑制することは、優先的課題であると考えられる。本研究は、選択的あるいは包括的に有機ハロゲンを迅速且つ簡易に測定する手法を開発し、同時に生物評価試験を組み合わせることによって、リスク管理のための基礎情報の拡充に資するものである。

全体計画

13年度 試料の採取、抽出、精製方法について既存手法の改良や組み合わせの最適化を図る。具体的には、最終処分場の処理水を対象とし、残留性有機塩素系化合物(農薬も含む)を選択的に分離精製する手法と、有機ハロゲンを物理化学的(水溶解度、蒸気圧、吸着性)な性質により大まかに分離する手法を検討する。
14年度 既知の有害性の高い有機ハロゲンについて迅速且つ簡易な選択的測定手法について検討する。具体的には、GC/MS、GC/AED、LC/MSなどによる測定手法を応用し、省力化、コスト削減、自動化について検討する。
15年度 未知のものを含めた有機ハロゲンについて迅速且つ簡易な包括的測定手法について検討する。具体的には、GC/MS、GC/AED、LC/MS、TOX、イオンクロマトなどによる測定手法を応用し、省力化、コスト削減、自動化について検討する。
16年度 前年度までに開発した手法を最終処分場などの現場において試験運用し、その実用性を評価する。運用結果をフィードバックし、手法の最適化を図る。同時に、変異原性試験、細胞毒性試験などを生物評価試験を実施し、有機ハロゲンのリスク評価のための情報を収集する。
17年度 前年度に引き続き、生物評価試験を実施するとともに、現場における測定手法の実用性を検証しながら、有機ハロゲンの測定データを収集する。得られたデータをもとに、廃棄物及び循環資源処理過程における有機ハロゲンのリスクについて考察する。

今年度の研究概要

廃棄物及び循環資源処理過程のうち、特に情報が不足しがちな水系に係るものを対象とし、有機ハロゲンの簡易測定手法を開発する。今年度は、試料の採取、抽出、精製方法について既存手法の改良や組み合わせの最適化を図る。具体的には、最終処分場の処理水を対象とし、残留性有機塩素系化合物(農薬も含む)を選択的に分離精製する手法と、有機ハロゲンを物理化学的(水溶解度、蒸気圧、吸着性)な性質により大まかに分離する手法について検討する。

課題代表者

橋本 俊次

  • 環境計測研究センター
    応用計測化学研究室
  • 室長
  • 学術博士
  • 農学,化学
portrait

担当者

  • 山本 貴士資源循環・廃棄物研究センター
  • 後藤 純雄
  • 安原 昭夫