ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

H-8 持続可能なコンパクト・シティの在り方と実現方策に関する研究 (平成 13年度)
H-8 Research on Sustainable Compact City and Response Strategy to Realize It

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0103BA025
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
コンパクトシティ, 持続可能性, 実現方策
キーワード(英語)
COMPACT CITY, SUSTAINABILITY, RESPONSE STRATEGY

研究概要

世界人口の45%を越す約26億人は都市に居住しており、人間活動、エネルギー利用が集中したため、都市が大量生産・大量消費・大量廃棄型社会の根本原因となっているが、省エネ・省資源を徹底した循環型社会の構築には、循環を基調とした都市(循環型都市)への変革が緊急課題となっている。国際共同研究計画であるIHDP(International Human Dimension Program on Global Environmental Change)の重点研究プロジェクトでも産業転換(IT: Industrial Transformation)に関する研究が開始されており、都市の再評価と再構築を通じて、近年進歩の著しい情報技術も活用しながら循環型社会の実現方策を検討することが不可欠とされている。都市には、あらゆる人間活動が集中しているため、多面的な評価が不可欠であり、このため人間活動やライフスタイルなど人間・社会的側面に係る研究者を巻き込んだ、学際的な研究アプローチを行い、(1)循環型社会の構築を具体化する都市の在り方を提示するとともに、(2)持続可能なコンパクト・シティ(都市機能の適切な濃密性を保った都市)を実現するための政策提案型の研究が急務となっている。本研究は、省エネ・省資源を徹底した循環型都市のひとつの形態として、コンパクト・シティを取り上げ、日本をはじめとした先進国及びアジア地域途上国における方策を検討し、提言することを目的とする。

全体計画

13年度:コンパクト・シティを評価するための基礎情報調査及び新たな評価指標の枠組みを検討する。
14年度:エネルギーフローに着目した都市活動の評価及び産業転換が生産スタイルと生活スタイルの転換に及ぼす影響を検討する。
15年度:エネルギー等からみたコンパクト・シティの総合評価を行い、日本型コンパクト・シティの在り方と効果を検討する。以上の成果を踏まえ、日本型コンパクト・シティ構築のための政策と途上国のコンパクト・シティの誘導政策を提示し、持続可能なコンパクト・シティ実現に向けた提言をとりまとめる。

今年度の研究概要

-

課題代表者

原澤 英夫

担当者