ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

FS-6 環境負荷軽減のための複合的インセンティブの効果に関する国際比較の予備的研究 (平成 13年度)
FS-6 Preliminary Study on the Effect of the Multi Incentive to Reduce the Pollution

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0101BA027
開始/終了年度
2001~2001年
キーワード(日本語)
排出規制, 経済インセンティブ, 公害防止協定
キーワード(英語)
EMISSION REGULATION, ECONOMIC INCENTIVE, POLLUTION REDUCTION AGREEMENT

研究概要

二酸化硫黄などの酸性雨原因物質や二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制には、排出規制や司法判断等の国家の公権力を媒介としたインセンティブ、エネルギー価格や政府の補助金等の経済インセンティブ、行政指導や公害防止協定等の当事者間の合意による自主的インセンティブなど、種々のインセンティブが影響を及ぼす。本予備的研究は、これらの複合的インセンティブの効果の実態を国際比較によって体系的に明らかにするため、日米欧のそれぞれの地域における今までのデータ蓄積及び研究の実態をレビューするとともに、これらのデータを用いた予備的分析を行い、本格的研究に向けた国際的研究体制の整備方向を検討することを目的とする。

全体計画

本予備的研究では、従来の研究のレビュー、制度・政策のレビュー、データのレビューを実施する。

今年度の研究概要

本研究の内容は以下のとおりである。
汚染物質を削減するための対策は、企業の立地や生産活動(特に、エネルギー選択や公害防止投資)にさまざまなインセンティブを与える。環境税が企業に及ぼす影響を分析するためには、さまざまな政策措置が企業のインセンティブに及ぼす効果を体系的に整理し、数量的な実証分析に組み込んだ上で分析する必要がある。本格的研究として、このような計量経済学的分析の実行可能性を検討するために、本研究では、以下の3つの観点から予備的検討を実施する。
(1)従来の研究のレビュー関連分野で行われている研究のレビューを行い、過去の研究を整理し、従来の研究の問題点、われわれの研究への適用可能性などについて検討する。
(2)制度、政策のレビュー日本、アメリカ、ヨーロッパで、環境保全のために実施されている政策、制度などについて予備的調査を行い、それらがどのように運用され、どのようなインセンティブを企業に及ぼしているかについて簡単に整理する。
(3)データ整備のためのデータのレビュー将来の研究のためにどのようなデータが必要か、また、どのようなデータが利用可能かなどについて調査し、利用可能なデータを整理し、将来、本プロジェクトとして研究可能かどうかを検討する。

課題代表者

日引 聡

  • 社会環境システム研究センター
  • 連携研究グループ長
  • 経済学
portrait