ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

B-1 気候変動の将来の見通しの向上を目指したエアロゾル・水・植生等の過程のモデル化に関する研究 (平成 13年度)
B-1 Study on modeling aerosol-,water cycle-,and vegetation-processes in the climate system for improving performances of future projection of climate variability

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0002BA080
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
気候モデル, 気候変化, エアロゾル, オゾン, 水循環, 陸上生態系
キーワード(英語)
CLIMATE MODEL, CLIMATE CHANGE, AEROSOL, OZONE, WATER CIRCULATION, TERRESTRIAL ECOSYSTEM

研究概要

地球温暖化にともなう気候変化・気候変動の気候モデルによる将来の見通しが、影響評価・対策に十分に活かせるものとなるには、気候変動評価の不確定性の幅を明らかにする必要がある。また、地球環境変動の研究の推進のためには,現在の気候モデルに欠けている物質循環や生態系との相互作用を取り入れて総合化した気候モデルを開発して用いる必要がある。これらの課題は現在大きな研究課題として残されており、IPCC においても重要視されている。
本研究課題では、(1)人為起源の対流圏エアロゾルと対流圏オゾンによる気候変化の不確定性を明らかにすること、(2)水蒸気、雲、地表水文過程などによってもたらされる気候変化・気候変動の不確定性を明らかにすること、(3)気候変化・気候変動と対流圏物質循環、森林生態系間のフィードバックを含めた総合的なモデルの基礎を確立すること、を主な目的とし、さらに、それらの知見を統合し、総合的な気候・物質循環モデルの開発改良とその応用を目指す。手法としては、数値モデルによる研究が中心となる。

全体計画

気候変動の将来の見通しの精度の向上を目指し、温室効果ガスの増加による地球温暖化に対する人為起源エアロゾルの冷却効果、水循環の役割等をモデル化するとともに、水循環における植生の役割を明らかにすることを主たる目的として生態系のモデル化を行い、気候モデルと生態系モデルとの連携を強化する。本課題は、以下の3つのサブテーマで構成される。
(1)対流圏エアロゾルおよび対流圏オゾンの気候影響に関する研究
(2)地球温暖化に伴う気候変化と水循環過程との相互関係に関する研究
(3)地球温暖化における陸上生態系フィードバックに関する研究
国立環境研究所では、サブテーマ(1)、(2)を担当する。他研究機関の担当するサブテーマ(3)にも課題代表機関として関与する。
13年度 エアロゾルの間接効果を表現するモデルの開発、エアロゾル・オゾン相互作用モデル開発、および、多波長衛星データによるエアロゾル光学特性推定アルゴリズムの開発を行う。熱帯降雨観測衛星データとモデル結果とを用いた降水過程の日変化・季節内変動・季節変化の比較解析を行う。
14年度 エアロゾル及びオゾンモデルを全球気候モデルに組み込むモデルの開発を行うとともに、開発したモデルを利用して数値実験を行い、人為起源の地球温暖化関連物質の将来の排出シナリオに沿った気候の将来の見通しについて、その不確定性を含めた評価解析を行う。水蒸気・雲過程の季節変化・経年変化に関する衛星観測データとモデル結果の比較解析、および、気候モデルにおける積雲パラメタリゼーションの比較検討を行う。

今年度の研究概要

放射に関するエアロゾルの雲生成を通しての間接効果を表現するモデルの開発、エアロゾルとオゾンの化学過程を通しての相互作用モデル開発、および、多波長の衛星データによるエアロゾル光学特性推定アルゴリズムの開発を行う。熱帯降雨観測衛星の降雨データ、衛星雲データ、海面温度データ、気象データに加えて、気候モデル計算結果のデータを用いて、降水過程の日変化・季節内変動・季節変化の比較解析を行う。

備考

[共同研究機関]
森林総合研究所,農業環境技術研究所,産業技術総合研究所,東京大学,北海道大学

課題代表者

神沢 博

担当者