ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

海域の油汚染に対する環境修復のためのバイオレメディエーション技術と生態系影響評価手法の開発 (平成 13年度)
Bioremediation for spilled oil and its risk assessment for marine ecosystem

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
9803AG126
開始/終了年度
1998~2003年
キーワード(日本語)
バイオレメディエーション, 流出油, リスクアセスメント
キーワード(英語)
BIOREMEDIATION, SPILLED OIL, RISK ASSESSMENT

研究概要

ナホトカ号油流出事故はわが国周辺海域における水産資源への被害のみならず海岸部の貴重な生態系及び景観にも重大な影響をもたらし、このような被害は今後も生じる可能性がある。微生物機能を利用して浄化するバイオレメディエーション技術は現場状況により浄化効果が左右され、生態系に対する安全性の問題が解決されていない。適正なバイオレメディエーション技術の確立のためには、有効性、安全性についての問題を解決することが不可欠である。本研究では、油汚染により損傷をうけた海域の環境修復を図るために、有効なバイオレメディエーション技術の開発ならびに生態系影響評価手法の開発を行う。

全体計画

13年度 流出油バイオレメディエーション現場実証試験により添加窒素形態のおよぼす影響、及び浄化作業に伴う油分解菌の挙動を調査する。また、高度干潟生態系モデルを開発する。さらに、海産ヨコエビ類を用いた慢性毒性試験による油処理剤等の安全性評価を行うと共に、疑似干潟装置において安定同位体を用いた油分解速度評価方法について検討を行う。
14年度 ナホトカ号流出重油の自然分解を調査し、浄化作業の現場微生物機能に及ぼす影響を評価すると共に、干潟モデルを用いた影響評価手法を確立する。また、底生動物の水質浄化能に及ぼす油処理剤等の影響評価を行い、現場において安定同位体を用いた油分解速度評価を試みる。

今年度の研究概要

現場実証試験により窒素形態の影響、浄化作業に伴う油分解菌の消長を調査する。また、海産ヨコエビ類の慢性毒性試験による油処理剤等の安全性評価を行い、疑似干潟装置においては安定同位体を用いた油分解速度評価方法について検討を行う。

備考

共同研究先:兵庫県公害研究所

課題代表者

渡辺 正孝

担当者

  • 越川 海地域環境研究センター
  • portrait
    牧 秀明地域環境研究センター
  • 木幡 邦男
  • 樋渡 武彦
  • 稲森 悠平
  • 水落 元之地域環境研究センター