ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

干潟浅海域ベントス生殖・定着技術導入によるエコエンジニアリング修復システム開発 (平成 13年度)
Development of eco-engineering system using technique of reproduction and inhabitation of benthos on tideland and shallow sea area

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
9801CD232
開始/終了年度
1998~2001年
キーワード(日本語)
干潟保全, エコエンジニアリング, 有用海産物, 水質浄化システム
キーワード(英語)
PRESERVATION OF TIDELAND, ECO-ENGINEERING, EFFECTIVE MARINE ORGANISMS, WATER PURIFICATION SYSTEM

研究概要

環境生態工学の原点ともいえる干潟は、COD、窒素、リン等の浄化力を有すると同時に、有用海産物の再生産の場としての重要性よりその保全と新たな創出がミチゲーションの面も含めて極めて重要な位置付けにある。このことより干潟における共存と安定のシステムを構築をする上で、生態学、生態工学、水理学、分析化学的側面に立ち、干潟生態系の浄化機能と密接に関連する食物連鎖を構成する各種生物間相互作用に係る各種パラメータに着目した研究を進め、人工干潟を構築する上での設計諸元、現状の干潟を構築する上での発生源対策のあり方を明らかにし、エコエンジニアリングとリンクした水質浄化システムを提案することを目的とする。

全体計画

10年度 (1)干潟ベンチスケールモデルを作成し、塩分濃度、環境勾配のパラメータを変化させ評価・解析する。(2)蒲生干潟、盤州干潟の季節ごとの水質・生物調査を行うと同時に干潟底土のカラムを採取し、浄化能について検討し、評価・解析を行う。(3)干潟ベンチスケールモデルを作成し、モデル内においてゴカイの生殖・定着の可能性について検討を行う。
11年度 (1)干潟から分離した原生動物、細菌、底生生物からなる混合培養装置を作成し、食物連鎖における相互関係と浄化機能のメカニズムについて評価・解析を行う。(2)盤州干潟、三番瀬の季節ごとの水質・生物調査を行うと同時に干潟底土のカラムを採取し、浄化能について検討し、評価・解析を行う。(3)干潟ベンチスケールモデルを作成し、モデル内においてゴカイの生殖・定着の可能性について検討を行う。
12年度 (1)干潟から分離した原生動物、細菌、底生生物からなる混合培養装置を作成し、食物連鎖における相互関係と浄化機能のメカニズムについて評価・解析を行う。(2)干潟ベンチスケールモデルを作成し、モデル内においてゴカイの生殖・定着の可能性について検討を行う。(3)自然干潟である盤州干潟、三番瀬、人工干潟である葛西人工干潟の季節ごとの水質・生物調査を行うとともに、自然干潟と人工干潟の両者の浄化能力について生物相の観点から比較し、人工干潟へのエコエンジニアリング導入の可能性について検討する。
13年度 (1)干潟ベンチスケールモデルを作成し、モデル内にて塩分濃度等の環境条件を変化させることによりゴカイの生殖・定着における最適条件の検討を行う。(2)盤州干潟、三番瀬の水質・生物等の調査を行い、干潟ベンチスケールモデルを作成し室内実験から得られた結果との整合性を検討する。(3)干潟ベンチスケールモデルを作成し、重油等の環境負荷を与え、底生生物の存在の有無による回復期等の検討を行い、干潟修復技術の開発を考案する。さらに現場における結果と室内実験からの結果の比較から人工干潟設計の必要要因の検討を行う。

今年度の研究概要

本年度では、これまでの成果を踏まえて以下の研究を行う。
(1)干潟ベンチスケールモデルを作成し、モデル内にて塩分濃度等の環境条件を変化させることによりゴカイの生殖・定着における最適条件の検討を行う。
(2)盤州干潟、三番瀬の水質・生物等の調査を行い、干潟ベンチスケールモデルを作成し室内実験から得られた結果との整合性を検討する。
(3)干潟ベンチスケールモデルを作成し、重油等の環境負荷を与え、底生生物の存在の有無による回復期等の検討を行い、干潟修復技術の開発を考案する。さらに、現場における結果と室内実験からの結果の比較から人工干潟設計の必要要因の検討を行う。

課題代表者

稲森 悠平

担当者