ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

重点4. 生物多様性の減少機構の解明と保全(平成 13年度)
4. Biodiversity conservation research project

研究課題コード
0105SP041
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
生物多様性, 遺伝子, 種, 生態系, 侵入生物, 遺伝子組換え生物
キーワード(英語)
BIODIVERSITY, GENETICS, SPECIES, ECOSYSTEM, BIOLOGICAL INVASION, GMO

研究概要

生物多様性減少の多くの原因のなかで,特に,生息地の破壊・分断化と侵入生物・遺伝子組換え生物に着目し,生物多様性減少機構を解明し,その防止策ならびに適切な生態系管理方策を講じるための科学的知見を得る。在来の野生生物について遺伝子,種,生態系(群集)の3つのレベルで地域の生物多様性の特性を明らかにするとともに,種分布の分断化や侵入生物・組換え生物による撹乱の状況を地図情報化する。さらに,地理空間情報と種の繁殖様式情報を統合した種間競争モデルによって,在来種を駆逐する危険性の高い侵入生物の特性を明らかにする。(1)土地利用変化による生物生息域の喪失の影響を評価するために (1)生物分布域の形成・変化過程の把握 (2)生息環境条件から生息適地の推定を進める。そのために遺伝学あるいは景観解析の手法を活用しながら,生物近縁種間及び種内地域個体群間の相互関係の解析や地理情報システムによる生息適地推定モデルの開発を行う。(2)流域を構成する様々なランドスケープを客観的に定義し,その質,量,および配置と生物多様性との関係を導き出すことによって,人為的改変が生物多様性におよぼす影響を評価する。そして生態系保全を流域 レベルの空間スケールで行うための生物多様性予測モデルの開発を行う。(3)森林での多種の共存メカニズムについての仮説の有効性を個体ベースモデルを用いて検討する。個体ベースモデルは,システムを構成する個々の個体を区別して表現するモデルである。とくに局所的な相互作用や,種子の空間散布パターンにも注目した解析を進め,これらの要素が多種共存システムのなかで持つ意味を明らかにする。(4)本研究では,日本における侵入生物種に関する情報を体系的に整理したデータベースを構築するとともに,侵入種による在来種に対する生態影響機構の生物学的データを得るために代表的な侵入種について在来生物相に及ぼす影響を実証研究に基づいて解析し,それらのデータをもとに侵入種の影響評価手法の確立を目指す。(5)有用な遺伝子を異種生物に導入した各種遺伝子組換え体が作成され開放系での使用も行われているが,生物多様性の破壊要因となる可能性がある。従って本研究では,遺伝子組換え生物の挙動を解析するための遺伝的マーカーを検索・作成すると共に,遺伝子組換え生物の生態系影響評価について,既存の安全性評価手法の再検討並びに新たな検査手法の開発や,モデル実験生態系の基本構造の設計を行う。また,組換え遺伝子の自然界への侵入・拡大の可能性を検討する。

課題代表者

渡邉 信