全国地図>>過去データ(平成18年度報告書)>>

熱中症患者速報タイトルロゴ

はじめに

第1部
15都市における熱中症発生状況

  1. ネットワーク
  2. 地区別患者数
  3. 性別患者数
  4. 性別・年齢別区分別患者数
  5. 覚知時刻別患者数
  6. 重症度別患者数
  7. 発生場所別患者数
  8. 日別患者発生数
  9. 日最高気温出現頻度
  10. 日最高気温と熱中症患者発生数

第2部
資料:都市別解析結果

都市別解析結果 【大阪市】

表1 性別・年齢階級別患者数

  男  女  総計 
0-6 3 1 4
7-18 27 9 36
19-39 43 17 60
40-64 67 11 78
65- 33 29 62
総計 173 67 240


図1 性別患者数(割合)
図1 性別患者数(割合) 円グラフ


図2 性別・年齢階級別患者数(割合)
図2 性別・年齢階級別患者数(割合) 横棒グラフ

Topへ戻る


表2 区別患者数

区名 患者数 率(人口100万対)
北区 14 136.6
都島区 6 59.6
福島区 3 48.9
此花区 20 311.4
中央区 28 404.1
西区 6 80.4
港区 15 180.5
大正区 10 137.5
天王寺区 7 108.2
浪速区 2 35.7
西淀川区 8 83.3
淀川区 15 88.2
東淀川区 9 50.6
東成区 1 12.7
生野区 7 51.1
旭区 5 52.8
城東区 5 30.9
鶴見区 11 102.2
阿倍野区 8 74.6
住之江区 7 54.0
住吉区 20 126.1
東住吉区 5 37.1
平野区 19 94.7
西成区 9 68.4
総計 240 91.1

図3 区別患者数(左:患者数、右:人口100万対)
図3 区別患者数:患者数 横棒グラフ図3 区別患者数:人口100万対 横棒グラフ

Topへ戻る


図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数

図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 0-18歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 19-39歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 40-64歳
図4 年齢階級別・覚知時刻別患者数 65歳以上


表3 年齢階級別・重症度別患者数

  軽症 中等症 重症 総計
0-6 4     4
7-18 27 9   36
19-39 46 14   60
40-64 51 26 1 78
65- 26 35 1 62
総計 154 84 2 240

 


図5 年齢階級別・重症度別患者数(割合)

図5 年齢階級別・重症度別患者数(割合) 横棒グラフ


表4 発生場所別患者数

  0-6 7-18 19-39 40-64 65- 総計
運動中(屋外)   6 4 3   13
運動中(学校)   8 1     9
屋外(作業場)     2 7 1 10
屋外(施設・道路) 2 9 16 33 27 87
屋外(その他) 1 2 2 1 4 10
屋内(居室) 1 2 9 14 21 47
屋内(作業場)     5 10 1 16
屋内(施設)   1 17 5 6 29
学校   8     1 9
その他     4 5 1 10
総計 4 36 60 78 62 240

Topへ戻る


図6 日別患者発生数 (その1)
図6 日別患者発生数2002年
図6 日別患者発生数2003年
 


図6 日別患者発生数 (その2)

図6 日別患者発生数2004年
図6 日別患者発生数2005年
図6 日別患者発生数2006年

Topへ戻る


図7 累積患者発生数
図7 累積患者発生数 複合折線グラフ


図8 日最高気温別患者発生数(1日当たり)
図8 日最高気温別患者発生数(1日当たり) 複合折線グラフ

Topへ戻る