ホームーページに戻る

 
 
K1 黒島港前--(29-30m) 

 この位置の概要
  
 水深(満潮観測時の平均水深)2.0m
 サンゴ群集動態
      全調査期間中、常に被度60%以上を有する高被度群集地点
    であり、また、種多様性も高く、枠内には10種ほどが分布す
    る。調査期間中に周辺海域で起こった大きなイベント(白化、
    寒波)の影響は本地点では少なかったが、クシハダミドリイ
    シの消失が目立った。


1994/10
  被度や種多様性の高い地点で、被度はおよそ65%である。 枠内の種分布は1996/01の項で解説する。
1995/07
 (1996/01参照)
1996/01
 被度や種多様性の高い地点で、枠内右上にクシハダミドリ イシ2群体(卓状)、左上にコユビミドリイシ(指状)、そ の左にオヤユビミドリイシ(指状)、それらの下にチリメン ハナヤサイサンゴ(右)とヘラジカハナヤサイサンゴ(左)、 中央右にコモンサンゴ類(被覆状、こげ茶色)、その左にヒ メアナサンゴモドキ(細枝状)、中央にクシハダミドリイシ、 その左にトゲスギミドリイシ(太枝状)、左下にチリメンハ ナヤサイサンゴ(大型太指状)、その下にオヤユビミドリイ シ、さらにその下にウスチャキクメイシ(小型塊状)、その 左にクシハダミドリイシ(小型)、中央下にオヤユビミドリ イシ、左下やや上にクシハダミドリイシ、その左にイボハダ ハナヤサイサンゴ(太指状、ピンク色)などが認められる。 被度はおよそ75%である。
1996/04
 (1996/07 参照)
1996/07
 ミドリイシ類の成長が顕著で、被度は全調査期間中で最高 の85%に達する。
1996/10 
  枠位置が大きくズレている。画像削除。
1997/02
  枠位置が大きくズレている。画像削除。
1998/01
  枠内左下にあったクシハダミドリイシとトゲスギミドリイ シが消失している(アンカー被害?)。被度は80%にやや減 少。

1998/07
      (1998/01 参照)
   (8-9月の白化期間中については判読例参照)

1999/02(1999/07 参照)


1999/07
      1mステン方形枠設置。ニコノス20mmレンズステレオ撮影。
    枠内中央付近にあったクシハダミドリイシの消失によって、
    裸地がぽっかりと空いている。枠中央上にあるイボハダハナ
    ヤサイサンゴとその上のオヤユビミドリイシは昨夏の白化の
    影響を受け、群体の7割近くが斃死。被度は60%に低下。

2000/01
   昨12月の寒波の被害は軽微。裸地中央にトゲスギミドリイ
    シの小群体が出現。被度はおよそ60%。

2000/08
   枠内は1月と大きな変化は見られないが、枠外左下にあった
    ヘラジカハナヤサイサンゴは群体全体が斃死している。

2001/06
      ミドリイシ類の成長により、被度は70%に上昇。

2002/10
      ミドリイシ類やヒメアナサンゴモドキが成長し、被度は75
    %に増加。


2003/06
  調査直前に襲来した大型台風の影響により、トゲスギミド リイシがやや破損し、被度は70%に減少。