I. 内分泌撹乱物質の計測手法および評価手法の開発
(1)内分泌攪乱物質の高感度分析手法の開発及びそれを用いた環境中濃度の把握
(2)内分泌撹乱物質の評価手法の開発
II. 内分泌撹乱の発現メカニズムの解明に関する研究
(1)分子レベルでの内分泌撹乱の発現メカニズムの解析
III. 生物界における内分泌撹乱の実態解明に関する研究
(1)野生生物等における内分泌撹乱の実態の解明
(2)ヒトに於ける内分泌撹乱の実態の解明


I. 内分泌撹乱物質の計測手法および評価手法の開発
(1)内分泌攪乱物質の高感度分析手法の開発及びそれを用いた環境中濃度の把握
1. 内分泌攪乱物質の高感度分析法の開発と環境中濃度の把握 国立環境研究所 白石寛明
通産省工業技術院
資源環境技術総合研究所
山下信義
宮崎章
2. トリアジン系除草剤の環境中濃度の把握のための免疫化学測定法の開発とその応用 農業環境技術研究所 石井康雄
神戸大学農学部 大川秀郎
3. 生体中における外因性内分泌攪乱物質の非破壊多成分分析法の開発に関する研究 科学技術庁放射線医学総合研究所 湯川雅枝
4. 内分泌攪乱物質の食品用器具、容器包装中の検索と食品への移行性、並びに環境経由食品汚染の評価手法の開発 厚生省国立医薬品食品衛生研究所 豊田正武
河村葉子
豊田正武
鈴木隆

ページのトップへ

(2)内分泌撹乱物質の評価手法の開発
5. げっ歯類の子宮内暴露によるスクリーニング手法の開発 (株)科学研究所 池田保男
協和発酵工業株式会社安全性研究所 納屋聖人
広島大学医学部 安田峯生
6. ヒト由来性ホルモン受容体導入細胞系によるスクリーニング試験技術の開発 (株)住友化学工業 金子秀雄
大阪大学大学院薬学研究科 西原 力
(財)化学物質評価研究機構 矢可部芳州
7. 胎児期及び新生児期曝露による次世代生殖機能障害を中心とした影響に関する研究 (財)食品薬品安全センター 小野宏
8. 魚等の生物に対する内分泌撹乱作用の生物検定法の開発 国立環境研究所 白石寛明
畠山成久
九州大学農学部水産学科 大嶋雄治
北海道大学 原 彰彦
9. 職場環境に関わる内分泌攪乱物質の効率的な生物試験法の開発 労働省産業医学総合研究所 宮川宗之
大谷勝己
10. 内分泌攪乱物質の情報科学的研究 国立環境研究所 森田昌敏

ページのトップへ

II.内分泌撹乱の発現メカニズムの解明に関する研究
(1)分子レベルでの内分泌撹乱の発現メカニズムの解析
11. 性ホルモンレセプターと結合する化学物質の内分泌撹乱の発生メカニズムの解明 国立環境研究所・環境健康部 遠山千春
岡崎国立共同研究機構 井口泰泉
熊本県立大学環境共生学部 有薗幸司
東京大学医学部 松島綱治
埼玉県立がんセンター 川尻 要
12. 高次系での内分泌撹乱物質の影響に対する分子レベルでの発生メカニズム 厚生省国立医薬品食品衛生研究所 井上達
13. 内分泌攪乱物質による器官形成不全の解明 国立環境研究所 曽根秀子
厚生省国立がんセンター 中釜斉
14. 巻貝の性転換の機構の解明 国立環境研究所 堀口敏宏
白石寛明
15. 海産魚における性転換機構に解明 水産庁瀬戸内海区水産研究所 山田久

ページのトップへ

III.生物界における内分泌撹乱の実態解明に関する研究
(1)野生生物等における内分泌撹乱の実態の解明
16. 淡水水生生物における内分泌撹乱の実態の解明 岡崎国立共同研究機構 井口泰泉
17. 海産魚類における内分泌撹乱の実態の解明 水産庁瀬戸内海区水産研究所 山田久
広島大学生物生産学部
水族生理学研究室
飯島憲章
植松一眞
九州大学農学部 本条凡夫
水産庁北海道区水産研究所 松原孝博
大久保信幸
18. 巻貝等における内分泌撹乱の実態の解明 国立環境研究所 堀口敏宏
19. 長寿命生物における内分泌撹乱の実態の解明 国立環境研究所 柴田康行
愛媛大学農学部 田辺信介
岩田久人
北海道大学衛生研究所 小城春雄
(財)山階鳥類研究所 杉森文夫
北海道立衛生研究所 神 和夫

ページのトップへ

(2)ヒトに於ける内分泌撹乱の実態の解明
20. 性腺・精巣組織における内分泌撹乱の実態の解明 国立環境研究所 森田昌敏
東京大学医学部産婦人科 堤 治
帝京大学医学部 梅田隆
千葉大学 森千里
自治医科大学医学部 香山不二雄
産業医科大学 川本俊弘