本文へスキップ

センター長室

職名 氏名 研究課題 / 業務内容
センター長 山野 博哉 環境と生態系の時空間変動、特にサンゴ礁の環境史・モニタリング・将来予測
シニア研究員 佐竹 潔 小笠原諸島の川や海で保全すべき水生生物のリスト作りとその減少要因の推定
シニア研究員 廣木 幹也 環境中の物質循環に関わる微生物の多様性と機能に関する研究、特に土壌・底泥の生化学的機能評価
特別研究員 熊谷 直喜 統計モデリングによる浅海域の生態系(おもに藻場、サンゴ礁)における生物群集の分布変動とそのメカニズムの推定
特別研究員 小出 大 環境変動に伴う森林炭素収支の変動に関する解析およびプロセスモデルを用いたシュミレーション評価
特別研究員 阿部 博哉 気候変動に対する沿岸生態系の応答評価
高度技能専門員 戸津 久美子 研究で蓄積された生物多様性・生態系情報のデータベース化および公開
高度技能専門員 二宮 英美 センターの広報・アウトリーチ関連業務および国際関連業務

上級主席研究員室

職名 氏名 研究課題 / 業務内容
上級主席研究員 佐治 光 大気汚染ガス(オゾン)に対する植物の応答・耐性機構の解明
上級主席研究員 竹中 明夫 多種の共存メカニズム、 気候変動と生物の分布動態、 生物の空間分布パターン情報に基づく効果的な保護区設定

生物多様性評価・予測研究室
Biodiversity Assessment and Projection Section

生物多様性の評価・予測手法の開発に関する研究ならびに保全手法に関する研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長(兼務) 竹中 明夫 多種の共存メカニズム、 気候変動と生物の分布動態、 生物の空間分布パターン情報に基づく効果的な保護区設定
主任研究員 石濱 史子 植物の分布推定モデルの開発・絶滅危惧植物の個体数動態に関する保全遺伝学的研究
主任研究員 角谷 拓 空間生態学を応用した生物多様性の評価・保全
主任研究員 深澤 圭太 脊椎動物および外来生物の時空間モデリングと管理戦略評価手法に関する研究
研究員 竹内 やよい 東南アジア熱帯の地域社会の残存保護林が生物多様性保全へ果たす役割
(兼務;福島支部所属) 吉岡 明良 災害環境研究に資する生物多様性モニタリング・評価
特別研究員 小林 慶子 無居住化が植生の回復や植物の種多様性に与える影響の全国評価
特別研究員 藤田 知弘 土地利用シナリオに関する研究、ならびに人口減少下での生態系管理に関する研究
JSPS特別研究員 先崎 理之 交通騒音が生物の広域分布に及ぼす影響の解明
准特別研究員 三島 啓雄 災害環境研究: 無人化にともなう生態系変化や生態系管理に関する研究
高度技能専門員 熊田 那央 災害環境研究における鳥類相モニタリングと地域ネットワークの構築
高度技能専門員 松崎 紗代子 GISを用いた生物分布情報および環境生物情報の処理・整備

生態リスク評価・対策研究室
Ecological Risk Assessment and Control Section

生物多様性・生態系を脅かすリスクの評価および対策手法の開発に係る研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 五箇 公一 外来生物・農薬の生態リスクマネジメント、感染症の生態学、ダニ学
主任研究員 大沼 学 絶滅危惧種の生物資源長期凍結保存に関する研究、 野生動物の感染症感受性評価に関する研究
研究員 坂本 佳子 外来生物の生態リスク評価および防除対策に関わる生物・生態系保全研究
特別研究員 岸 茂樹 外来生物の適切な防除手法の開発、生態学に関する基礎的研究
特別研究員 降幡 駿介 農薬の生態影響評価手法の開発
特別研究員 池上 真木彦 侵入生物および農薬による生態影響評価および対策に係る研究
特別研究員 片山 雅史 野生動物細胞の培養保存、研究資源化(iPS細胞や不死化細胞の樹立、評価系構築等)に関する研究
高度技能専門員 羽賀 淳 野生動物に由来する感染症・寄生虫検査および検体・データの管理業務
高度技能専門員 大里 里江 野生動物の試料を対象に遺伝学的分析、試料凍結保存に関する業務、細胞の培養・凍結保存
高度技能専門員 大西 一志 外来生物の適切な防除手法の開発
高度技能専門員 岩田 律子 野生動物に由来する感染症・寄生虫検査および検体・データの管理業務

環境ストレス機構研究室
Environmental Stress Mechanisms Section

気候変動、汚染物質等の環境ストレスが生物の機能や遺伝子等に及ぼす影響を評価し、生物の適応機構を解明する研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 青野 光子 植物のオゾン被害とストレス診断に関する研究と、ナタネ類における除草剤耐性遺伝子の流動に関する調査・研究の二正面作戦を展開中
主任研究員 多田 満 生物試験を用いた陸水における物理・化学(水温や化学物質)的なストレスによる生態影響評価
主任研究員 井上 智美 湿地植物の環境適応メカニズムに関する研究
特別研究員 冨松 元 陸上植物の環境応答に関する生理生態的研究
特別研究員 赤路 康朗 環境条件が樹木の生残と成長様式に与える影響
リサーチアシスタント LENG Huani 植物の生理機能と気候変動に関わる実験補助及びデータ解析
高度技能専門員 川西 あゆみ 沿岸生態系機能の定量評価と分析
高度技能専門員 佐治 章子 植物のストレス応答に関わる実験補助及びデータ解析

生態系機能評価研究室
Ecosystem Function Research Section

生態系の構造と機能の評価ならびにそれらの保全手法に関する研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 野原 精一 湿地生態系の構造と機能および生態系サービスの評価、保全・自然再生手法に関する研究
主任研究員 福島 路生 大河川流域を対象とした回遊性淡水魚類の生態解明とダム開発の影響評価
主任研究員 矢部 徹 浅海域における干潟・藻場の生態系機能に関する研究、 侵入種による極端な優占現象が浅海域の生態系機能へ及ぼす影響
主任研究員 亀山 哲 流域生態系に対する人為的影響の評価及び保全・自然再生の支援に係わる研究、リモートセンシング・GISを用いた流域環境管理技術の開発
高度技能専門員 山田 ひとみ 環境放射能分析等の実験

生物多様性保全計画研究室
Biodiversity Conservation Planning Section

生物多様性と生態系サービスの評価に基づく保全計画立案に関する研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 小熊 宏之 高山帯や沿岸域のリモートセンシング
主任研究員 吉田 勝彦 多様性変動のメカニズム、環境変動や人為撹乱に対する生態系の反応についての理論的な研究
研究員 久保 雄広 野生動物管理および自然保護地域の管理・設計に関する社会経済学的研究
特別研究員 鈴木 健大 生物群集の安定性や形成プロセスに関する理論研究と、モデリングを通じた現実の生物群集(特に深海化学合成生物群集)への応用

生物多様性資源保全研究推進室
Office for Biodiversity Resource Conservation

生物多様性や生態系の保全に資する生物資源の系統保存やモニタリングに関する研究ならびに事業の推進を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 河地 正伸 環境問題に関わる藻類や水界生態系に重要な藻類の多様性解析とモニタリング、 藻類利用と保存に関わる研究
主任研究員 上野 隆平 底生動物、特にユスリカの環境指標性・多様性に関する生態学的・分類学的研究
(兼務;琵琶湖分室所属) 馬渕 浩司 魚類の生物多様性、環境生態学、保全
主任研究員 松崎 慎一郎 湖沼生態系のモニタリング、保全と管理に関する研究
研究員 山口 晴代 藻類の多様性研究,藻類カルチャーコレクションの遺伝情報整備
特別研究員 鈴木 重勝 環境研究に関わる真核藻類のゲノム・トランスクリプトーム解析
特別研究員 大田 修平 バイオアッセイを用いた海洋環境の水質監視技術の開発、ストレス環境における藻類オートファジーのイメージング解析
JSPS特別研究員 松崎 令 氷雪環境に生息する微細藻類(氷雪藻)の種多様性の解明
高度技能専門員 中川 恵 霞ヶ浦長期モニタリングおよびUNEP GEMS/Waterナショナルセンター事務局

環境ゲノム科学研究推進室
Office for Environmental Genomics

遺伝子情報の取得・解析と生物多様性の評価・予測・保全への応用に関する研究ならびに事業の推進を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
室長 中嶋 信美 遺伝子組換え生物の生物多様性影響評価に関する研究、 藻類を用いたバイオマスエネルギーの生産に関する研究
(兼務;福島支部所属) 玉置 雅紀 植物を用いた環境浄化手法の開発に関する研究、 大気汚染ガスによる植物の応答メカニズムに関する研究
主任研究員 川嶋 貴治 鳥類の繁殖に及ぼす遺伝要因と環境要因の実験的解析
(兼務;地域C所属) 山村 茂樹 微生物のゲノム情報解析に関する研究
主任研究員 今藤 夏子 昆虫に注目した都市生態系の成立に関する環境要因の解明、DNAを指標とした生物分類、生物間相互作用からみた生物多様性維持機構の解明
研究員 安藤 温子 撹乱を受けた生息地における鳥類の採食生態の解明と保全に関する研究、動物の食性解析におけるDNAバーコーディングの活用

琵琶湖分室
Lake Biwa Branch Office

地域環境研究センターと生物・生態系環境研究センターが共同管理する研究室で、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター内に設置されています。
琵琶湖を主対象とした湖沼環境に関する研究を行います。
職名 氏名 研究課題 / 業務内容
フェロー/分室長 今井 章雄 水環境における有機物の特性・起源・循環,機能・影響に関する研究
フェロー/リサーチコーディネーター 高村 典子 湖沼やため池などの淡水生態系の保全と再生に関する研究
フェロー 高村 健二 DNAバーコーディングを適用したユスリカ科昆虫の水質指標性と多様性の研究
主任研究員 馬渕 浩司 魚類の生物多様性、環境生態学、保全
研究員 霜鳥 孝一 湖沼の底層環境評価と有機物収支に関する研究
(兼務;地域C所属) 高津 文人 有機物および無機物の同位体分析による湖沼および河川での物質動態解析と流域からの各種負荷プロセスの解明
(兼務;地域C所属) 小松 一弘 湖水中の溶存態有機物(DOM)の特性や機能に関する研究
(兼務;地域C所属) 冨岡 典子 湖沼における藍藻および従属栄養細菌の群集構造に関する研究
(兼務;地域C所属) 篠原 隆一郎 湖沼・河川における有機態リンに関する研究
(兼務) 松崎 慎一郎 湖沼生態系のモニタリング、保全と管理に関する研究
(兼務) 今藤 夏子 昆虫に注目した都市生態系の成立に関する環境要因の解明、DNAを指標とした生物分類、生物間相互作用からみた生物多様性維持機構の解明
(兼務) 山口 晴代 藻類の多様性研究,藻類カルチャーコレクションの遺伝情報整備

野生動物ゲノム連携研究グループ
Wildlife Genome Collaborative Research Group

当センターが実施している絶滅の危機に瀕する野生生物種の細胞・遺伝子保存を活用し、野生下における絶滅危惧種の個体群構造についての遺伝学的研究、適切な絶滅危惧種の保全計画立案等の研究、並びに全ゲノム解析の成果を活用した凍結保存試料の研究資源化の連携研究に係る業務を行います。
(2012年度10月1日〜)
職名 氏名(所属)
グループ長 村山 美穂 (京都大学 野生動物研究センター 教授)
メンバー 中嶋 信美 (国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)
メンバー 大沼 学 (国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)
メンバー 五箇 公一(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)
メンバー 片山 雅史(国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター)
メンバー 田島 淳史(筑波大学 生命環境科学研究科・教授)
メンバー 浅野 敦之(筑波大学 生命環境科学研究科・助教)
メンバー 遠藤 大二(酪農学園大学 獣医学群獣医学類・教授)
メンバー 金子 武人(京都大学大学院 医学研究科・特定講師)
 メンバー 福田 智一(岩手大学 理工学部・教授)

連携教員一覧

国立環境研究所と相手先大学との間の連携制度に基づき教員を兼任しているスタッフの一覧です。
氏名 連携先大学  研究室/分野名  職名
中嶋 信美 筑波大学 生命環境科学研究科 環境バイオマス共生学専攻 光合成代謝制御分野 教授
玉置 雅紀 筑波大学 生命環境科学研究科 環境バイオマス共生学専攻 環境植物生理分野 准教授
河地 正伸 筑波大学 生命環境科学研究科 環境バイオマス共生学専攻 環境藻類分野 教授
松崎 慎一郎 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 水域保全学研究室 准教授
佐治 光 愛媛大学大学院連合 農学研究科生物環境保全学専攻 生産環境学分野 客員教授
野原 精一 千葉大学 園芸学部 環境分析化学 連携大学院客員教員
野原 精一 広島大学 医歯薬保健学研究科 客員教授
深澤 圭太 東京大学大学院 農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 生物多様性科学研究室 准教授

(注)「地域C」とは地域環境研究センターの略です。

Last updated Aug. 3, 2017