本文へスキップ

会社方

ミッション

いま、地球上の生態系・生物多様性は危機に瀕しています。

その主な原因としては、下記のもの等が挙げられます。

  •  生物の生息地の損失と劣化
  •  過剰な栄養素の蓄積などによる環境の汚染
  •  人間による資源の過剰な利用と非持続的な利用
  •  気候変動
  •  外来種の侵入

このような現状をふまえ、当センターでは地球上の多様な生物からなる生態系の構造と機能およびそれらの関係性、ならびに人間活動が生物多様性と生態系に及ぼす影響の解明に関する調査・研究をさまざまなスケールで実施するとともに、これら一連の調査・研究に関連する事業を推進します。

また、得られた科学的知識を広く社会に提供することで、生物多様性の保全と生態系サービスの持続可能な利用の実現に貢献します。

生物・生態系環境研究センターのミッションの図。評価・予測、メカニズム解明、保全策や適応戦略構築を通して、生物多様性条約・愛知目標達成を目指します。

バナースペース

国立研究開発法人
国立環境研究所
生物・生態系環境研究センター

〒305-8506
 茨城県つくば市小野川16-2

E-mail:生物・生態系環境研究センターの代表アドレス