本文へスキップ

論文紹介 2018

今年度の全ての発表論文 過去の論文概要紹介

論文「アカリンダニ寄生に対するトウヨウミツバチとセイヨウミツバチの感受性の差異」概要紹介

ウニ類に対する人間活動のインパクトを解明-半世紀の長期継続調査による世界初の成果-

Effects of temperature and red tides on sea urchin abundance and species richness over 45 years in Southern Japan.

Ohgaki, S., Kato, T., Kobayashi, N., Tanase, H., Kumagai, N. H., Ishida, S., Nakano, T., Wada, Y., Yusa, Y. (2018). Ecological Indicators.

プレスリリース「東日本大震災で遺伝的多様性が高まった絶滅危惧植物オオクグ」への外部リンク 論文「東日本大震災で遺伝的多様性が高まった絶滅危惧植物オオクグ」オンライン公開への外部リンク

写真出展:Tokioka T (1963) Supposed effects of the cold weather of the winter 1962-63 upon the intertidal fauna in the vicinity of Seto. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 11, 245-254.

論文「アカリンダニ寄生に対するトウヨウミツバチとセイヨウミツバチの感受性の差異」概要紹介

水温閾値などの複数環境要因を考慮した高解像度サンゴ白化モデルの地域・広域のサンゴ礁保全への適用

High-resolution modeling of thermal thresholds and environmental influences on coral bleaching for local and regional reef management.

Kumagai, N. H., Yamano, H., Sango-Map-Project, C. (2018). PeerJ, 6, e4382. DOI: 10.7717/peerj.4382

論文「アカリンダニ寄生に対するトウヨウミツバチとセイヨウミツバチの感受性の差異」概要紹介 論文「アカリンダニ寄生に対するトウヨウミツバチとセイヨウミツバチの感受性の差異」オンライン公開への外部リンク

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介

世界自然遺産地域のネコ管理に関する長期情報提供の解明

Analyzing the change in long-term information provision on cat management around a world natural heritage site.

Mitsui, S., Kubo, T., Yoshida, M. (2018). European Journal of Wildlife Research, 64, 9. DOI: 10.1007/s10344-018-1170-5

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介 論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」オンライン公開への外部リンク

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介

種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析

Estimate global risks of a forest disease under current and future climates using species distribution model and simple thermal model - Pine Wilt disease as a model case.

Ikegami, M., Jenkins, T.A.R. (2018). Forest Ecology and Management, 409(1), 343-352.
DOI: 10.1016/j.foreco.2017.11.005

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介 論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」オンライン公開への外部リンク