本文へスキップ

論文紹介 2019

今年度の全ての発表論文 過去の論文概要紹介

マングローブ植物への新たな窒素供給経路の検証 ―呼吸根通気システムと窒素固定―

Tracking the route of atmospheric nitrogen to diazotrophs colonizing buried mangrove roots.

Inoue, T., Khozu, A., Shimono, A. (2019) Tree Physiology, tpz088.

  論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

右記リンクは、ジャーナルサイトへの外部リンク

外来種駆除後の生態系変化―コンピュータシミュレーションによる予測―

Ecosystem changes following the eradication of invasive species: evaluation of various eradication scenarios by computer simulation.

Yoshida, K., Hata, K., Kawakami, K., Hiradate, S., Osawa, T., Kachi, N. (2019) Ecological Modelling, 413, 108831.

  論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

右記リンクは、ジャーナルサイトへの外部リンク

植生NPPへのオゾンの影響を評価する新しいリモートセンシングベースの方法

A novel remote sensing-based method of ozone damage assessment effect on Net Primary Productivity of various vegetation types

Shimizu, Y., Lu, Y., Aono, M., Omasa, K. (2019) Atmospheric Environment, 217, 116947.

  論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

右記リンクは、ジャーナルサイトへの外部リンク

除草剤がイトトンボ幼虫の個体数を減少させることを実証 農薬リスクを高精度に予測し、より良い使用法が選択可能に

Effects of a herbicide on paddy predatory insects depend on their microhabitat use and an insecticide application.

Hashimoto, K., Eguchi, Y., Oishi, H., Tazunoki, Y., Tokuda, M., Sánchez‐Bayo, F., Goka, K., Hayasaka, D. (2019) Ecological Applications, 29, e01945.

プレスリリース「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」への外部リンク 論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

上記リンクは、近畿大学(左)、ジャーナル(右)サイトへの外部リンク

絶滅危惧植物「ガシャモク」が生育する青森県つがる市の池が全国屈指の水生植物の多様性を示すことを発見

The aquatic macrophyte flora of a small pond revealing high species richness in the Aomori Prefecture, Japan.

Shutoh, K., Yamanouchi, T., Kato, S., Yamagishi, H., Ueno, Y., Hiramatsu, S., Nishihiro, J., Shiga, T. (2019) Journal of Asia-Pacific Biodiversity, 12, 448-458.

プレスリリース「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」への外部リンク 論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

上記リンクは、新潟大学(左)、ジャーナル(右)サイトへの外部リンク

人口減少下での1km2解像度土地利用シナリオの構築

Ohashi, H., Fukasawa, K., Ariga, T., Matsui, T. and Hijioka, Y. (2019) High-resolution national land use scenarios under a shrinking population in Japan. Transactions in GIS, 23, 786-804.

  論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

右記リンクは、ジャーナルサイトへの外部リンク

岐阜市金華山の自動撮影カメラと利用客アンケートからイノシシとの遭遇に関するリスク管理を提言

Tourist-wild boar (Sus scrofa) interactions in urban wildlife management.

Ikeda, T., Kuninaga, N., Suzuki, T., Ikushima, S., and Suzuki, M. (2019) Ecology and Conservation, 18, e00617.

プレスリリース「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」への外部リンク 論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

上記リンクは、岐阜大学(左)、ジャーナル(右)サイトへの外部リンク

和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能/サンゴの遺伝子解析による生物集団の安定性の評価

The potential role of temperate Japanese regions as refugia for the coral Acropora hyacinthus in the face of climate change.

Nakabayashi, A., Yamakita, T., Nakamura, T., Aizawa, H., Kitano, Y.F., Iguchi, A., Yamano, H., Nagai, S., Agostini, S., Teshima, K. M. and Yasuda, N. (2019) Scientific Reports, 9, 1892.

プレスリリース「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」への外部リンク 論文「和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能」オンライン公開への外部リンク

上記リンクは、産業技術総合研究所(左)、
ジャーナル(右)サイトへの外部リンク

ハーレムをつくるハダニは最終氷期に南から日本に渡ってきた-小さなハダニの雄間闘争から見えたきたダイナミックな歴史-

Phylogeography of lethal male fighting in a social spider mite.

Sato, Y., Tsuda, Y., Sakamoto, H., Egas, M., Gotoh, T., Saito, Y., Zhang, Y.X., Lin, J.Z., Chao, J.T., Mochizuki, A. (2019) Ecology and Evolution, 9(4), 1590-1602.

プレスリリース「ハーレムをつくるハダニは最終氷期に南から日本に渡ってきた」への外部リンク 論文「ハーレムをつくるハダニは最終氷期に南から日本に渡ってきた」オンライン公開への外部リンク

上記リンクは、筑波大学(左)、ジャーナル(右)サイトへの外部リンク