本文へスキップ

論文紹介 2018

今年度の全ての発表論文 過去の論文概要紹介

プレスリリース「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」への外部リンク

路上のカエルは交通騒音で動きが鈍くなる
-交通騒音が両生類の轢死を助長している恐れを示唆-

Noise pollution alters matrix permeability for dispersing anurans: differential effects among land covers.

Nakano, Y., Senzaki, M., Ishiyama, N., Yamanaka, S., Miura, K., Nakamura, F. (2018). Global Ecology and Conservation, 16, e00484.

プレスリリース「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」への外部リンク 論文「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」オンライン公開への外部リンク

論文「2009年と2010年の沖縄島北部地域(名護市および本部半島)におけるアカハラダカの飛去数について」概要紹介

2009年と2010年の沖縄島北部地域(名護市および本部半島)におけるアカハラダカ Accipiter soloensis の飛去数について

嵩原建二, 細川太郎, 山本英康, 村田尚史, 具志堅ひな子, 熊谷直喜, 比嘉史子, 豊里祐二, 園田美穂子, 島袋南, 吉本貴子, 比嘉久, 島福善弘 (2018). 名護博物館紀要あじまぁ, 19, 60-77.

撮影者:村田尚史(名護博物館)

論文「2009年と2010年の沖縄島北部地域(名護市および本部半島)におけるアカハラダカの飛去数について」概要紹介

論文「オープンデータを利用した地域・広域的なサンゴ白化の推定」概要紹介

オープンデータを利用した地域・広域的なサンゴ白化の推定

Prediction of Local and Regional Coral Bleaching Using Open Data.

Kumagai, N.H., Yamano, H., Committee Sango-Map-Project (2018). 日本リモートセンシング学会誌, 35, 95-98.

論文「オープンデータを利用した地域・広域的なサンゴ白化の推定」概要紹介 論文「オープンデータを利用した地域・広域的なサンゴ白化の推定」オンライン公開への外部リンク

論文「作物栽培の歴史の長さが外来雑草の数を規定する」概要紹介

作物栽培の歴史の長さが外来雑草の数を規定する

Length of cultivation determines the richness of native and non-native weeds in crop fields worldwide.

Ikegami, M., Wandrag, E., Duncan R.P., Hulme, P.E. (2018). Biological Invasion. DOI: 10.1007/s10530-018-1828-7

論文「作物栽培の歴史の長さが外来雑草の数を規定する」概要紹介 論文「作物栽培の歴史の長さが外来雑草の数を規定する」オンライン公開への外部リンク

論文「生態系の“熱帯化”:温帯で海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明」概要紹介

生態系の“熱帯化”:温帯で海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明-気候変動、海流輸送、海藻食害による説明-

Ocean currents and herbivory drive macroalgae-to-coral community shift under climate warming.

Kumagai, N. H., Molinos, J. G., Yamano, H., Takao, S., Fujii, M., Yamanaka, Y. (2018). Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 115, 8990-8995. DOI: 10.1073/pnas.1716826115

プレスリリース「生態系の“熱帯化”:温帯で海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明」への外部リンク 論文「小型UAV を用いたカラマツ林の3次元リモートセンシングとその精度評価」概要紹介

論文「生態系の“熱帯化”:温帯で海藻藻場からサンゴ群集への置き換わりが進行するメカニズムを世界で初めて解明」概要紹介

野生動物観察:返金保証メカニズムの影響

Wildlife viewing: The impact of money-back guarantees.

Kubo, T., Mieno, T., Kuriyama, K. (2019). Tourism Management, 70, 49-55. DOI: 10.1016/j.tourman.2018.06.010

論文「野生動物観察:返金保証メカニズムの影響」概要紹介 論文「野生動物観察:返金保証メカニズムの影響」オンライン公開への外部リンク

プレスリリース「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」への外部リンク

ウミガメで培養細胞の寿命を延長
-爬虫類とヒトの間で細胞分裂の仕組みが保存されていることを発見、絶滅危惧動物への応用も!-

Expression of human mutant cyclin dependent kinase 4, Cyclin D and telomerase extends the life span but does not immortalize fibroblasts derived from loggerhead sea turtle (Caretta caretta)

Fukuda, T., Eitsuka, T., Donai, K., Kurita, M., Saito, T., Okamoto, H., Kinoshita, K. Katayama, M., Nitto, H., Uchida, T., Onuma, M., Sone, H., Inoue-Murayama, M., Kiyono, T. (2018). Scientific Reports, 8, 9229.

プレスリリース「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」への外部リンク 論文「ウミガメで培養細胞の寿命を延長」オンライン公開への外部リンク

写真提供:岩手大学理工学部生命コース

論文「小型UAV を用いたカラマツ林の3次元リモートセンシングとその精度評価」概要紹介

小型UAV を用いたカラマツ林の3次元リモートセンシングとその精度評価

Accuracy Assessment in 3D Remote Sensing of Japanese Larch Trees using a Small UAV

Teng, P.C., Fukumaru, Y., Zhang, Y., Aono, M., Shimizu, Y., Hosoi, F., Omasa, K. (2018). Eco-Engineering, 30(1), 1-6.

論文「小型UAV を用いたカラマツ林の3次元リモートセンシングとその精度評価」概要紹介 論文「小型UAV を用いたカラマツ林の3次元リモートセンシングとその精度評価」オンライン公開への外部リンク

論文「プレスリリース「ウニ類に対する人間活動のインパクトを解明」への外部リンク

ウニ類に対する人間活動のインパクトを解明-半世紀の長期継続調査による世界初の成果-

Effects of temperature and red tides on sea urchin abundance and species richness over 45 years in Southern Japan.

Ohgaki, S., Kato, T., Kobayashi, N., Tanase, H., Kumagai, N. H., Ishida, S., Nakano, T., Wada, Y., Yusa, Y. (2019). Ecological Indicators, 96, 684–693.

プレスリリース「ウニ類に対する人間活動のインパクトを解明」への外部リンク 論文「東日本大震災で遺伝的多様性が高まった絶滅危惧植物オオクグ」オンライン公開への外部リンク

写真出展:Tokioka T (1963) Supposed effects of the cold weather of the winter 1962-63 upon the intertidal fauna in the vicinity of Seto. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 11, 245-254.

論文「水温閾値などの複数環境要因を考慮した高解像度サンゴ白化モデルの地域・広域のサンゴ礁保全への適用」概要紹介

水温閾値などの複数環境要因を考慮した高解像度サンゴ白化モデルの地域・広域のサンゴ礁保全への適用

High-resolution modeling of thermal thresholds and environmental influences on coral bleaching for local and regional reef management.

Kumagai, N. H., Yamano, H., Sango-Map-Project, C. (2018). PeerJ, 6, e4382. DOI: 10.7717/peerj.4382

論文「水温閾値などの複数環境要因を考慮した高解像度サンゴ白化モデルの地域・広域のサンゴ礁保全への適用」概要紹介 論文「水温閾値などの複数環境要因を考慮した高解像度サンゴ白化モデルの地域・広域のサンゴ礁保全への適用」オンライン公開への外部リンク

論文「世界自然遺産地域のネコ管理に関する長期情報提供の解明」概要紹介

世界自然遺産地域のネコ管理に関する長期情報提供の解明

Analyzing the change in long-term information provision on cat management around a world natural heritage site.

Mitsui, S., Kubo, T., Yoshida, M. (2018). European Journal of Wildlife Research, 64, 9. DOI: 10.1007/s10344-018-1170-5

論文「世界自然遺産地域のネコ管理に関する長期情報提供の解明」概要紹介 論文「世界自然遺産地域のネコ管理に関する長期情報提供の解明」オンライン公開への外部リンク

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介

種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析

Estimate global risks of a forest disease under current and future climates using species distribution model and simple thermal model - Pine Wilt disease as a model case.

Ikegami, M., Jenkins, T.A.R. (2018). Forest Ecology and Management, 409(1), 343-352.
DOI: 10.1016/j.foreco.2017.11.005

論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」概要紹介 論文「種分布モデルを用いた温暖化による森林病害虫リスク解析」オンライン公開への外部リンク