本文へスキップ

Go to the English page

 

坂本 佳子(さかもと よしこ)

 SAKAMOTO Yoshiko, Ph.D.
 研究員・博士(緑地環境科学)

国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター
 生態リスク評価・対策研究室

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2


研究の概要

海外から持ち込まれた「外来生物」が日本の生態系にどのような影響を与えているのか?
この問いに答えるために、さまざまな視点から外来生物のリスクを評価しています。
また、外来生物の影響を低減するための手法開発にも取り組んでいます。

外来生物の防除

・アルゼンチンアリの根絶手法開発
・ヒアリ類の早期発見のための検出法開発
・化学的防除による生態系への影響評価

野生ハナバチ類の疾病と農薬影響評価

・ニホンミツバチにおける外来寄生ダニの感受性評価
・野生ハナバチ類への農薬曝露リスク評価
アルゼンチンアリ  ニホンミツバチ

博士学位研究「シルビアシジミの生活史と遺伝的多様性に関する保全生態学的研究」では、
絶滅危惧I類の草原性シジミチョウの基礎的な生態を明らかにするとともに、それらの保全のあり方について提言を行いました。

専門分野/キーワード

保全生態学/特定外来生物、アルゼンチンアリ、ヒアリ、ミツバチ、農薬、行動

業績一覧

  • 研究論文:英文(査読のあるもの)

Nakajima, N., Sakamoto, Y., Goka, K. (2019) Rapid detection of the red fire ant Solenopsis invicta (Hymenoptera: Formicidae) by loop-mediated isothermal amplification. Applied Entomology and Zoology, 1-4. DOI: 10.1007/s13355-019-00622-4 新着情報 updated May. 27

Yasuda, M., Sakamoto, Y., Goka, K., Nagamitsu, T., Taki, H. (2017). Insecticide susceptibility in Asian honey bees (Apis cerana (Hymenoptera: Apidae)) and implications for wild honey bees in Asia. Journal of Economic Entomology, 1-6.

Sakamoto, Y., Yago, M. (2017). Potential for interspecific hybridization between Zizina emelina and Zizina otis (Lepidoptera: Lycaenidae). Journal of Insect Conservation, 21(3), 509-515. DOI:10.1007/s10841-017-9991-1

Sakamoto, Y.*, Kumagai, N. H.*, and Goka, K. (2017). Declaration of local chemical eradication of the Argentine ant: Bayesian estimation with a multinomial-mixture model. Scientific Reports, 7. DOI:10.1038/s41598-017-03516-z ( * : equal contribution) プレスリリースへのリンク

Maeda, T., Sakamoto, Y. (2016). Tracheal mites, Acarapis woodi, greatly increase overwinter mortality in colonies of the Japanese honeybee, Apis cerana japonica. Apidologie, 47(6), 762-770.

Maeda, T., Sakamoto, Y. (2016). Field application of menthol for Japanese honey bees, Apis cerana japonica (Hymenoptera: Apidae), to control tracheal mites, Acarapis woodi (Acari: Tarsonemidae). Experimental and Applied Acarology, 70(3), 299-308.

Sakamoto, Y., Mori, H., Onishi, H., Imai, H., Kishimoto, T., Toda, M., Kishi, S., Goka, K. (2016). Surveys of the ant faunas at ports of Tokyo Bay and the Ogasawara Islands. Applied Entomology and Zoology, 51(4), 661-667.

Sakamoto, Y., Maeda, T., Yoshiyama, M., Pettis, J.S. (2016). Differential susceptibility to the tracheal mite Acarapis woodi between Apis cerana and Apis mellifera. Apidologie, 48(2), 150-158.

Sakamoto, Y., Hirai, N., Ishii, M. (2015). Effects of photoperiod and temperature on the development and diapause of the endangered butterfly Zizina emelina (Lepidoptera: Lycaenidae). Journal of Insect Conservation, 19(4), 639-645

Sakamoto, Y., Hirai, N., Tanikawa, T., Yago, M., Ishii, M. (2014). Population genetic structure and Wolbachia infection in an endangered butterfly, Zizina emelina (Lepidoptera, Lycaenidae), in Japan. Bulletin of Entomological Research, 105(2), 152-165.

Hirai, N., Sakamoto, Y., Ishii, M. (2011). Effects of photoperiod and temperature on development and diapause in a noctuid moth, Asota ficus (Fabricius) (Lepidoptera: Noctuidae), of the Osaka population. Lepidoptera Science, 62(4), 166-174.

Kobayashi, S., Sakamoto, Y., Jinbo, U., Nakamura, A., Hirowatari, T. (2011). A new willow leaf blotch miner of the genus Phyllocnistis (Lepidoptera: Gracillariidae: Phyllocnistinae) from Japan, with pupal morphology and genetic comparison of Salicaceae mining species using DNA barcodes. Lepidoptera Science, 62(2), 75–93.

Sakamoto, Y., Hirai, N., Tanikawa, T., Yago, M., Ishii, M. (2011). Infection by two strains of Wolbachia and sex ratio distortion in a population of the endangered butterfly, Zizina emelina (Lepidoptera: Lycaenidae), in northern Osaka Prefecture, central Japan. Annals of the Entomological Society of America, 104(3), 483-487.

Sakamoto, Y., Hirai, N., Hirowatari, T., Yago, M., Ishii, M. (2010). Genital segments of sexual mosaic offspring from Wolbachia-infected female Zizina emelina (Lepidoptera: Lycaenidae). Entomological News, 121(5), 443-450.

Mizukawa, H., Hirowatari, T., Sakamoto, Y., Hashimoto, S., Ishii, M. (2010). A new Eriocrania species (Lepidoptera: Eriocraniidae) utilizing hornbeams in Japan, with reference to the biogeography based on mitochondrial COI and ND5 gene sequences. Trans. lepid. Soc. Japan, 61, 241-255.

Shibuya, T., Komuro, J., Hirai, N., Sakamoto, Y., Endo, R., Kitaya, Y. (2010). Preference of sweetpotato whitefly adults to cucumber seedlings grown under two different light sources. HortTechnology, 20(5), 873-876.

Shibuya, T., Hirai, N., Sakamoto, Y., Komuro, J. (2009). Effects of morphological characteristics of Cucumis sativus seedlings grown at different vapor pressure deficits on initial colonization of Bemisia tabaci (Hemiptera: Aleyrodidae). Journal of Economic Entomology, 102(6), 2265-2267.

  • 総説・解説など(査読のあるもの)

坂本佳子, 岡部貴美子 (2017). Varroa属(ミツバチヘギイタダニ属:和名新称)における和名の整理.日本ダニ学会誌, 26(2), 89-90.

前田太郎, 坂本佳子, 岡部貴美子, 滝久智, 芳山三喜雄, 五箇公一, 木村澄 (2015). ミツバチに寄生するアカリンダニ ―分類,生態から対策まで―. 日本応用動物昆虫学会誌, 59 (3), 109-126.

  • 総説・解説など(査読の無いもの)

坂本佳子, 五箇公一 (2017). 外来昆虫類の化学的防除. 生物の科学 遺伝, 71(1), 16-20.

坂本佳子 (2015). 絶滅危惧種シルビアシジミにおける遺伝子構成とボルバキア感染. 昆虫DNA研究会ニュースレター, 23, 11-18.

坂本佳子 (2015). シルビアシジミの生息域外保全に向けた保全単位の決定. 昆虫と自然, 50(2), 12-16.

  • 著書(分担執筆)

坂本佳子 (2016). 外来植物を利用する希少種II―シルビアシジミ―. 井上大成・石井実編, 環境Eco選書12 チョウの分布拡大, 北隆館/ニューサイエンス社, 393-398.

坂本佳子 (2015). 性を操作する細菌「ボルバキア」. 大場裕一, 大澤省三, 昆虫DNA研究会編, 遺伝子から解き明かす昆虫の不思議な世界-地球上で最も繁栄した生き物の起源から進化の5億年-, 悠書館, 546-557.

前田太郎, 坂本佳子 (2015). ニホンミツバチが危ない ―アカリンダニの脅威―. 島野智之, 高久元編, ダニのはなし ―人間との関わり―, 朝倉書店, 93-94.

競争的資金

  • 代表

文部科学省 科学技術振興費・基盤研究(B)(一般) 2014~2017年度
「なぜアカリンダニが増えたのか?―農薬がミツバチ寄生ダニに与える影響の評価―」

文部科学省 科学技術振興費・特別研究員奨励費 2011~2012年度
「細胞内共生細菌ボルバキアがシルビアシジミの寄主植物転換と進化プロセスに及ぼす影響」

  • 分担

文部科学省 科学技術振興費・基盤研究(C)(一般) 2015~2017年度
「シルビアシジミを指標としたシバ型草地性絶滅危惧種の生活史と遺伝的多様性の解明」
研究代表者:平井規央

住友財団 環境研究助成 2015年度
「ミツバチ寄生ダニが宿主ミツバチの行動およびコロニー間交流頻度におよぼす影響の解析」
研究代表者:前田太郎

環境省 環境総合推進費 4-1401 2014~2017年度
「特定外来生物の重点的防除対策のための手法開発」
研究代表者:五箇公一

委 嘱

卓越研究員候補者選考委員会書面審査員 ((独)日本学術振興会)2017年度

特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員 ((独)日本学術振興会) 2016~2017年度

農薬の昆虫類への影響に関する検討会委員 (環境省 水・大気環境局土壌環境課) 2016年度~

日本鱗翅学会 評議委員 2016~2017年

Last updated May. 27, 2019