本文へスキップ
 

石濱 史子(いしはま ふみこ)

 ISHIHAMA Fumiko, Ph.D.
 主任研究員・博士(学術)

国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター
 生物多様性評価・予測研究室

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2

研究の概要

絶滅危惧植物の保全に関わる研究を様々なアプローチで行なっています。現在は、希少種の分布を推定するモデリング手法の開発を主なテーマとしています。保全を行うためにはまず対象とする生物の居場所を把握する必要がありますが、網羅的な踏査を行うのは容易ではありません。このような場合に既存の環境情報やリモートセンシングの情報に基づいて分布を推定するのが効果的ですが、どのような場所を好むのかという情報が少ない希少種では推定が難しいのが実情です。希少種での推定精度の向上に取り組んでいます。

専門分野/キーワード

保全生物学、植物生態学、保全遺伝学/分布モデリング、絶滅リスク

学術論文 (2005年以降/査読のあるもの)

石濱史子 (2017). 標本情報等の分布推定への活用とその実際:バイアスの除去から精度評価まで. 保全生態学研究, 22(1), 21-40.新着情報

Akasaka M., Kadoya T., Ishihama F., Fujita T., Fuller R.A. (2016) Smart protected area placement decelerates biodiversity loss: a representation-extinction feedback leads rare species to extinction. Conservation Letters. in press
    
Nishijima S., Furukawa T., Kadoya T. ,Ishihama F., Kastner T., Matsuda H., Kaneko N. (2016) Evaluating the impacts of wood production and trade on bird extinction risks. Ecological Indicators, Volume 71, December 2016, Pages 368–376 
    
Ishihama F., Fujii S., Yamamoto K., Takada T. (2014) Estimation of dieback process caused by herbivory in an endangered root-sprouting shrub species, Paliurus ramosissimus (Lour.) Poir., using a shoot-dynamics matrix model. Popl. Ecol. 56: 275-288 
    
Kadoya T, Takenaka A, Ishihama F, Fujita T, Ogawa M, et al. (2014) Crisis of Japanese Vascular Flora Shown By Quantifying Extinction Risks for 1618 Taxa. PLoS ONE 9(6): e98954. doi:10.1371/journal.pone.0098954. 
    
Yahara T., Javadi F., Onoda Y., de Queiroz L.P., Faith D.P., Prado D.E., Akasaka M., Kadoya T., Ishihama F., Davies S., Slik J.W.F., Yi T., Ma K., Bin C., Darnaedi D., Pennington R.T., Tuda M., Shimada M., Ito M., Egan A.N., Buerki S., Raes N., Kajita T., Vatanparast M., Mimura M., Tachida H., Iwasa Y., Smith G.F., Victor J.E., Nkonki T. (2013). Global legume diversity assessment: Concepts, key indicators, and strategies. Taxon, 62, 249-266
    
Ishihama F., Watabe Y., Oguma, H. (2012) Validation of a high-resolution, remotely operated aerial remote-sensing system for the identification of herbaceous plant species. Applied Vegetation Science, 15, 383-389. 
    
大谷雅人, 石濱史子, 西廣淳 (2010) 日本産被子植物の絶滅リスクと生態的特性の関係: 系統関係を考慮した地域間・科間比較. 日本生態学会誌 60, 193-205.
    
天野達也, 赤坂宗光, 石濱史子, 角谷拓, 杉浦真治, 滝久智, 山浦悠一, 横溝裕行 (2010) 日本の保全生物学が必要とするマクロスケールからの視点. 日本生態学会誌 60, 385-392
    
Ishihama F., Takeda T., Oguma H., Takenaka A. (2010) Comparison of effects of spatial autocorrelation on distribution prediction of three rare plant species in the Watarase wetland. Ecological Research. 23, 1057-1069
    
武田知己, 石濱史子, 小熊宏之, 竹中明夫 (2010) デジタル航空写真を用いた渡良瀬遊水地における植生高の推定. 農業気象 66, 237-244
    
深澤圭太, 石濱史子, 小熊宏之, 武田知己, 田中信行, 竹中明夫 (2009) 条件付自己回帰モデルによる空間自己相関を考慮した生物の分布データ解析. 日本生態学会誌 59,171-186. 
    
Ishihama F., Washitani, I. (2007) Behavior of queen bumblebee pollinators on Primula sieboldii (Primulaceae) in response to different patch sizes and spacing. Plant Species Biology, 22, 167−174
    
Washitani I., Ishihama F., Shimono A., Nishihiro A.M. (2006) Toward predicting gene flow in plant populations: estimation of pollen and seed flows in Primula populations in their natural habitats. Plant Biotech. 22, 489-495
    
IshihamaF., Ueno S., Tsumura,Y., Washitani I. (2006) Effects of density and floral morph on pollen flow and seed reproduction of an endangered heterostylous herb, Primula sieboldii. Journal of Ecology, 96, 846-855
    
Ishihama F., Ueno S., Tsumura Y., Washitani I. (2005) Fine-scale genetic structure and inbreeding depression effects on gene flow in an endangered heterostylous perennial, Primula sieboldii. Molecular Ecology, 14, 983-990

著書・編著

種生物学会編 責任編集 村中孝司, 石濱史子 (2010) 外来生物の生態学-進化する脅威とその対策-. 文一総合出版, pp375
    
石濱史子, 上野真義, 津村義彦, 鷲谷いづみ(2006)遺伝子流動の実験的解明と個体群の遺伝的構造. 鷲谷いづみ編, サクラソウの分子遺伝生態学:エコゲノム時代の黎明,  東京大学出版社, 193-218
    
石濱史子 (2002) シミュレーションモデルによる絶滅リスク評価-カワラノギクを例に-. 種生物学会編, 保全と復元の生物学:野生生物を救う科学的思考,文一総合出版, 109-126

関連リンク

国立環境研究所ニュース31巻1号 (平成24年(2012年)4月発行)
特集「生物多様性」にて執筆した記事「絶滅危惧植物の分布推定 -“いない”という情報をどう扱う?-」

Last updated Jan. 16, 2017