本文へスキップ

データベース

※ データベースへのアクセスは、各データベース名が記されたバナーをクリックしてください。

生物多様性の保全

日本国内で在来生物・生態系への悪影響が懸念されている外来種について、生態学的情報を体系的に整理して提供 

鳥インフルエンザウイルスが海外から侵入するリスクの高い国内地域を予測するマップを提供(※行政機関対象)

世界のマングローブの分布図および構成植物種リストをはじめ、熱帯・亜熱帯沿岸生態系の基礎情報を集約

GBIFオカレンスデータ(観察記録、採集記録など)を抽出してマッピング、ローカルデータを読込しマッピング、当センターの研究データをマッピングするシステムを提供

北海道で最大規模の魚類分布データベース

地理情報システム(GIS)を用いて兵庫県南部ため池群の研究で蓄積された生物多様性情報を提供 (2017年5月現在、GISの公開を中止しています)


環境のモニタリング

当研究所発足以来、約40年間継続している霞ヶ浦長期モニタリング研究で蓄積されてきた水質および生物の観測データを提供

高い透明度で知られる摩周湖で、長年実施しているモニタリング調査の概要、観測結果、観測データ、関連文献情報を提供

地球環境監視システム"GEMS"(Global Environmental Monitoring System)の陸水監視部門、全球の淡水水質をカバーする唯一の監視プロジェクト        


遺伝情報

微生物系統保存施設で維持されている保存株の基本的な株情報、文献情報、細胞のイメージデータ等

ユスリカDNAバーコーディングのために収集された標本のDNAバーコード、分類群情報、採集地情報等を格納したデータベース検索システム

国立環境研究所の環境試料タイムカプセル棟および京都大学野生動物研究センターで保存している野生動物の細胞・組織・DNAのリストをデータベース化した検索システム

微生物系統保存施設で保有している絶滅危惧藻類の保存株を検索できるシステム


環境マップ

1988年から1998年にかけて行われた第4,5回環境省自然環境保全基礎調査の植生調査データの集約と標準化を行い、全国スケールで利用可能な土地利用データとして公開

「日本全国標準土地利用メッシュデータ」を用いて、土地利用のモザイク性の観点から農業ランドスケープにおける生物多様性を評価する「さとやま指数」を日本全国を対象に算出したもの


分類学的情報

2015年に当センターが発行した「日本の有藻性イシサンゴ類〜種子島編〜」の目録に掲載された情報および画像検索システム


Last updated Jan. 16, 2017

バナースペース

国立研究開発法人
国立環境研究所
生物・生態系環境研究センター

〒305-8506
 茨城県つくば市小野川16-2

E-mail: