国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division

専門的情報をお探しの方

データベース・ツール

DBセクション

情報セクション

Webkis-Plus 化学物質データベース充実した検索機能から化学物質の様々な情報を⼊⼿できる
化学物質についての様々な情報を多岐にわたる検索⽅法(物質名称や 情報カテゴリからの選択など)で⼊⼿できるページです。掲載情報は、 環境基準値などの法令情報や、PRTR 排出・移動量、農薬出荷量、環境中の実態調査結果、リスク評価結果などです。他の情報源へのリンクや関連物質情報などを充実させ利便性向上を進めています。


情報セクション

多媒体環境動態予測モデルG-CIEMS⽇本全⼟を対象に化学物質の環境挙動を計算する
詳細な空間分解能を持つ多媒体環境動態モデルです。⽇本全⼟の地理 データを格納しており、化学物質の環境への排出量と物性値の⼊⼒ データを作成することで、多媒体(⼤気、表流⽔(河川や湖沼)、表流⽔の底質、⼟壌、海域、海域の底質)での化学物質の濃度などを予測します。


情報セクション

環境基準等の設定に関する資料集環境基準等が、どのような根拠に基づいて決められたのか
環境汚染を防⽌するための施策の⽬標として設定されている環境基準やそれに準ずる指針値が、どのような根拠に基づいて決められたのかに関する資料を⼀元的に集めたものです。

関連情報
報道発表「環境基準等の設定に関する資料集」の公開について

情報セクション

つくば大気質モニタリングデータPM2.5 等の濃度をリアルタイムに公開︕
国⽴環境研究所⼤気観測・実験施設(⼤気モニター棟)では1978 年の開設以来、⼤気成分の測定に関する精度管理研究業務の⼀環として常時モニタリングを⾏っています。1995 年以降の測定結果をホームページ上に公開するほか、ご希望の⽅にはさらに詳しい情報を提供します。

関連動画
国立環境研究所の研究現場に潜入!#01 大気観測・実験施設 〜PM2.5など大気の質を監視!〜



環境研究おすすめ記事(国環研刊行物より)

記事セクション

情報セクション

HarmoNIES No.4環境を再現し、化学物質の動きを解き明かす −シミュレーションで化学物質を追いかける−
目の前の川の水を手ですくってみた時、その水に含まれる微量な成分がどこから来てどこへ行くのか、知ることはできるのだろうか。 遠くの工場から流れてきたのかもしれないし、降ったばかりの雨に混じっていたのかもしれない。 とにかく、現実に起きていることの「すべてを測る」ことは不可能なのである。

関連情報
HarmoNIES No.4 "Reproducing the Environment to Uncover the Movement of Chemicals"(英語)


情報セクション

国立環境研究所ニュース40巻6号特集 数理モデル的手法を用いた化学物質の環境動態把握
健康や生態系への影響が懸念される化学物質すべての評価を目指して: 当研究者の前身である国立公害研究所が設立された1974年当時、深刻であった重金属や大気汚染化学物質、農薬、洗剤などに伴う汚染によるヒト健康や生態系への影響は、公害問題は地域的な問題で地球規模では考えられていませんでした。その後、各種の環境基準や排出規制、有害な化学物質の製造・使用の制限によって、近年は大きく改善されてきました。

関連情報
包括環境リスク研究プログラム PJ4 環境動態プロジェクト



情報セクション

リスクと健康のひろば研究活動や成果情報をわかりやすく発信
リスクと健康のひろばでは、⼈の健康や⽣態系に影響を及ぼすおそれのある環境リスクについて、化学物質等の曝露・健康影響・⽣態系影響・ リスク評価などを中⼼に、わかりやすく情報を発信しています。


論文紹介

論文セクション

情報セクション

報道発表環境疫学研究によるPM2.5と妊娠糖尿病との関連性についての知見
東邦大学、九州大学、国立環境研究所、東京都環境科学研究所による研究グループは、近年糖尿病の危険因子である可能性が指摘されている大気汚染物質の一つである微小粒子状物質(PM2.5)が、妊娠糖尿病とも関連している可能性を報告しました。国際的には相対的に高い濃度のPM2.5が妊娠糖尿病を増やすという報告はありましたが、日本の妊婦集団を対象とした疫学研究としては初めての研究成果になります。本研究は我が国におけるPM2.5の健康影響について、新しい知見を追加するものです。 この成果は2022年9月26日に日本医師会が発行する医学専門誌“JMA Journal”にて発表されました。


情報セクション

報道発表PM2.5の健康影響は特定成分に由来しているのか?
東邦大学、慶應義塾大学、国立環境研究所、東京都環境科学研究所、北海道大学らの研究グループは、健康影響が知られている大気汚染物質の一つである微小粒子状物質(PM2.5)を構成する成分に着目し、その濃度変動が急病による救急搬送件数と関連しているかを検討しました。これはPM2.5成分と救急搬送との関連性を統計学的に分析した初めての疫学研究成果であり、とくに炭素成分の濃度上昇が、今回の健康影響指標である救急搬送を要請するような急性の病気発生を増やす可能性を報告しました。


情報セクション

論文紹介国際神経内分泌連盟(International Neuroendocrine Federation、INF)の2020年年次報告への論文要旨掲載
世界に存在する12の神経内分泌学関連学会の連合体である国際神経内分泌連盟(International Neuroendocrine Federation、INF)の年次報告(Annual report)において、佐野一広 特別研究員(2014~16年在籍、現 環境リスク・健康領域 環境リスク科学研究推進室 高度技能専門員)、前川文彦 主幹研究員を含む国環研の職員らが2020年に国際誌Environment International(Impact factor 13.352)に発表した内分泌かく乱物質に関する論文が、日本神経内分泌学会員から発表された重要な代表的論文(5報のうちの1報)として紹介されました。



環境リスク・健康領域

rh_web(末尾に「@nies.go.jp」がつきます)

ページ
Top