国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division

化学物質等の環境中の有害因子に起因する
人の健康の確保と生態系の保全のための調査研究

環境リスク・健康分野 Health and Environmental Risk Domain

化学物質等の環境中の有害因子からの人の健康の確保と生態系の保全のための調査研究

環境リスク・健康分野では、化学物質等の環境中の有害因⼦からの⼈の健康の確保と⽣態系の保全に貢献するため、先⾒的・先端的な基礎研究と政策対応研究を進めます。
先⾒的・先端的な基礎研究では、(1)多種多様な化学物質の環境中⽣物への有害影響について分⼦レベルから個体・個体群レベルでの評価、(2)化学物質の環境経由の曝露・影響実態の把握⼿法及び予測⼿法の⾼度化、(3)調査・実験・モデル解析を融合した⽣態系かく乱要因の新たな影響評価⼿法の開発、(4)化学物質等のリスク管理の体系化と動態や曝露評価を⾏っています。また、(5)マイクロプラスチックやPM2.5 等の環境汚染物質の健康影響評価法開発と影響メカニズム解明、(6)複数の環境要因・複数の疾患・次世代影響等を勘案した新たな健康影響評価及び機序解明、(7)脳神経系等への⽣体影響評価及び機序解明、(8)バイオマーカーを⽤いた⽣涯曝露測定(エクスポゾーム)測定⼿法の開発、(9)疫学⼿法を⽤いた環境汚染物質や環境因⼦の健康影響解明及びエコチル調査の基盤となる疫学研究の統計解析⼿法等の検討を⾏います。
政策対応研究では、先⾒的・先端的な基礎研究及び包括環境リスク研究プログラムなどの成果を含めた最新の科学的知⾒に基づくレギュラトリサイエンス研究、環境政策への実装とリファレンスラボラトリとしての取り組みを進めます。

環境リスク・健康分野の概要図


環境リスク・健康領域

rh_web(末尾に「@nies.go.jp」がつきます)

ページ
Top