国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division

化学物質等の環境中の有害因子に起因する
人の健康の確保と生態系の保全のための調査研究

統合化健康リスク研究室Integrated Health Risk Research Section

研究概要

ディーゼル排気ガス曝露チャンバーの写真
ディーゼル排気ガス曝露チャンバー

マイクロプラスチックやPM2.5等の大気中粒子状物質の物理化学的性状測定開発および呼吸循環系、生殖発生、次世代等への健康影響評価法開発と作用機序解明研究を行い、健康リスク低減のために有用な情報を提供します。

ナノからマイクロオーダーサイズの大気中粒子状物質の測定法の開発および毒性評価法の構築を主な課題として研究を進めています。In vivo、in vitroの呼吸器・循環器への影響評価系を構築し、影響評価とメカニズムの解明に取り組むと共に、次世代影響に繋がる生殖・発生系に注目して、生殖細胞オルガネラの形態や分布変化などの影響指標の探索とその背景を担うメカニズムの解析を遺伝子工学を用いて行っています。


研究室メンバー(研究者一覧)

古山 昭子FURUYAMA Akiko

室長

研究課題
吸入毒性学、ナノ粒子・繊維状物質毒性学

研究者データベース

藤谷 雄二FUJITANI Yuji

主幹研究員

研究課題
毒性に関連した浮遊ナノ粒子の物理的化学的性状把握

研究者データベース

宇田川 理UDAGAWA Osamu

主任研究員

研究課題
無機ヒ素曝露が生殖系・次世代生殖細胞形成へ及ぼす影響と機構の解析

研究者データベース


環境リスク・健康領域

rh_web(末尾に「@nies.go.jp」がつきます)

ページ
Top