国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division

化学物質等の環境中の有害因子に起因する
人の健康の確保と生態系の保全のための調査研究

生体影響評価研究室Health Effect Assessment Section

研究概要

環境汚染物質・環境因子の脳神経系等、生体機能への影響評価法の開発、影響検出・影響評価を行うことにより、有害環境因子を同定し、環境因子による健康への悪影響の予防・低減に貢献します。

 分子レベル、細胞レベル(ES細胞、初代細胞培養)から組織・個体レベル、行動レベルまで様々な階層で解析を行うとともに、脆弱動物モデルも駆使して、鋭敏な影響評価の開発を目指します。


神経細胞・グリア細胞と共焦点レーザー顕微鏡の写真
ヒトiPS細胞から誘導した神経細胞
東京湾における試験底曳き調査
マウスES細胞から誘導したグリア細胞
福島第一原発周辺海域における調査の様子の写真
共焦点レーザー顕微鏡

研究室メンバー(研究者一覧)

渡邉 英宏WATANABE Hidehiro

領域長、室長(兼務)

研究課題
MRIを用いた化学物質のヒト脳への影響評価
高磁場MRIの高度化とヒトへの応用

研究者データベース

前川 文彦MAEKAWA Fumihiko

前川文彦の写真

主幹研究員

研究課題
実環境および脆弱性を考慮した健康影響の有害性評価に関する研究 ほか

研究者データベース

伊藤 智彦ITO Tomohiro

主任研究員

研究課題
環境化学物質が免疫系細胞に及ぼす影響およびその機序解明に関する研究

研究者データベース

ベナー 聖子BENNER Seiko

主任研究員

研究課題

研究者データベース


環境リスク・健康領域

rh_web(末尾に「@nies.go.jp」がつきます)

ページ
Top