本文へスキップ

Go to the English page

松崎慎一郎

松崎 慎一郎 (まつざき しんいちろう)

 Shin-ichiro S. MATSUZAKI, Ph.D.
 室長・博士(農学)

国立環境研究所 生物多様性領域
 生物多様性資源保全研究推進室

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2

研究の概要


湖沼の生物群集や生態系の時空間的な変化、人間活動が湖沼生態系に及ぼす影響について興味があります。主に、霞ヶ浦等の湖沼の長期モニタリング、湖沼間比較研究、安定同位体を用いた食物網解析等を行っています。最近では、流域の生態系サービス、内水面漁業の多面的機能に関する研究にも取り組んでいます。

専門分野/キーワード


陸水学、保全生態学/湖沼・流域・長期モニタリング・淡水魚類・生物間相互作用・生態系管理

学術論文 (2013年~/査読のあるもの)


最新5編

Doubek J.P., Anneville O., Dur G., Lewandowska A.M., Patil V.P., Rusak J.A., Salmaso N., Seltmann C.T., Straile D., Urrutia-Cordero P., Venail P., Adrian R., Alfonso M.B., DeGasperi C.L., de Eyto E., Feuchtmayr H., Gaiser E.E., Girdner S.F., Graham J.L., Grossart H.P., Hejzlar J., Jacquet S., Kirillin G., Llames M.E., Matsuzaki S.S., Nodine E.R., Piccolo C.M., Pierson D.C., Rimmer A., Rudstam L.G., Sadro S., Swain H.M., Thackeray S.J., Thiery W., Verburg P., Zohary T., Stockwell J.D. (2021) The extent and variability of storm-induced temperature changes in lakes measured with long-term and high-frequency data. Limnology and Oceanography 新着情報 updated Apr. 8, 2021

Haubrock P.J., Balzani P., Matsuzaki S.S., Tarkan A.S., Kourantidou M., Haase P. (2021) Spatio-temporal niche plasticity of a freshwater invader as a harbinger of impact variability. Science of the Total Environment 新着情報 updated Feb. 19, 2021

小松一弘, 松崎慎一郎 (2020) 霞ヶ浦長期モニタリングにおけるCOVID-19への対応. 水環境学会誌

Zagarese H.E., Sagrario M.G., Wolf-Gladrow D., Nõges P., Nõges T., Kangur K., Matsuzaki S.S., Kohzu A., Vanni M.J., Özkundakci D., Echaniz S.A., Vignatti A., Grosman F., Sanzano P., Dam B.V., Knoll L.B. (2020) Patterns of CO2 concentration and inorganic carbon limitation of phytoplankton biomass in agriculturally eutrophic lakes. Water Research

Matsuzaki S.S., Tanaka A., Kohzu A., Suzuki K., Komatsu K., Shinohara R., Nakagawa M., Nohara S., Ueno R., Satake K., Hayashi S. (2020) Seasonal dynamics of the activities of dissolved 137Cs and the 137Cs of fish in a shallow, hypereutrophic lake: links to bottom-water oxygen concentrations. Science of the Total Environment 国立環境研究所ウェブサイトプレスリリースへのリンク

全ての業績

著書など


Kondo, N., Nakagawa, M., Matsuzaki, S.S., Ueno, R., Takamura, K., Ito, H. (2016). DNA barcoding, Environmental DNA and an ongoing attempt of detecting biodiversity in Lake Kasumigaura. Journal of Integrated Field Science, 13, 21-29.

松崎慎一郎 (2016). 2015年度JaLTER All Scientist Meeting (ASM)の報告. 京都大学生態学研究センターニュース, 131, 6.

松崎慎一郎, 三枝信子 (2015). 生物や生態系の変化をデータから読み解く~JaLTER全科学者会議2015の報告~. 地球環境研究センターニュー―ス, 26(8).詳細

Katano, O., Hakoyama, H., Matsuzaki, S.S. (2015). Japanese inland fisheries and aquaculture:Status and trends. Freshwater Fisheries Ecology, 231-240.

松崎慎一郎(2013)湖沼におけるコイの水質や生物群集に与える生態的影響. 日本魚類学会自然保護委員会編, 「見えない脅威"国内外来魚"ーどう守る地域の生物多様性」分担執筆,東海大学出版会.

武島弘彦, 松崎慎一郎 (2013). DNA分析からみえてきた三方湖フナの固有性, ナチュラリスト, 23(2), 4.

Katano, O. and Matsuzaki, S.S. (2012). Biodiversity of freshwater fishes in Japan in relation to inland fisheries. The Biodiversity Observation Network in Asia-Pacific Region: Towards Further Development of Monitoring, 431-444.

松崎慎一郎 (2010). 安定同位体を用いた食物網構造と栄養段階の評価法 (第9章).保全生態学の技法:ウェットランドの生物多様性評価(鷲谷いづみ・宮下直・西廣淳・角谷拓 (編),東京大学出版会,東京.

松崎慎一郎 (2010). 放流コイ、実は大陸産だった!沈水植物を減らし、生態系も変化. 自然保護, 514, 25.


関連リンク


2015年度日本陸水学会吉村賞受賞

GEMS/Water事業(ナショナルセンター)

霞ヶ浦データベース

個人のサイト

松崎慎一郎のページ/Shin-ichiro Matsuzaki 's website

Last updated Apr. 8, 2021