本文へスキップ

Go to the English page

 安藤温子

安藤 温子(あんどう はるこ)

 ANDO Haruko, Ph.D.
 主任研究員・博士(農学)

国立環境研究所 生物多様性領域
 環境ゲノム研究推進室

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2

左写真
移動経路の推定と形態計測のため、コハクチョウを捕獲。
体重が5kgくらいあり、運ぶのに一苦労。

研究の概要


分子生物学的手法を活用し、直接観察が困難な野生動物の生態解明と保全に関わる研究をしています。 最近は、絶滅危惧種の集団間における遺伝子の交流の程度や、夜間に採食する鳥類の食物構成と農業被害の実態などの解明に取り組んでいます。

これらの研究を通して、対象種に関する新しい生態的知見を得ると同時に、現場での保全管理に貢献する情報を提供することを目指しています。また、野外で採取されたサンプルから信頼性の高いDNA情報を得るため、分析手法の精度検証にも取り組んでいます。

専門分野/キーワード


分子生態学、保全生態学、DNAバーコーディング

業績一覧

  • 研究論文:英文(査読のあるもの)

Ando H., Mori Y., Nishihiro M., Mizukoshi K., Akaike M., Kitamura W., J Sato N. (2021) Highly mobile seed predators contribute to interisland seed dispersal within an oceanic archipelago. Oikos 論文概要紹介 新着情報 updated May 12, 2021

Nakahama N., Furuta T., Ando H., Suzuki S., Takayanagi A., Isagi Y. (2020) DNA meta-barcoding revealed that sika deer foraging strategies vary with season in a forest with degraded understory vegetation. Forest Ecology and Management 国立環境研究所ウェブサイトプレスリリースへのリンク

Ando H., Mukai H., Komura T., Dewi T., Ando M., Isagi Y. (2020) Methodological trends and perspectives of animal dietary studies by noninvasive fecal DNA metabarcoding. Environmental DNA, 2, 391-406

Sawada A., Ando H., Takagi M. (2020) Evaluating the existence and benefit of major histocompatibility complex-based mate choice in an isolated owl population. Journal of Evolutionary Biology, 33, 762-772 北海道大学サイトへの外部リンク(北海道大学サイトへの外部リンク)

Matsuzaki, S.S., Kohzu, A., Kadoya, T., Watanabe, M., Osawa, T., Fukaya, K., Komatsu, K., Kondo, N., Yamaguchi, H., Ando, H., Shimotori, K., Nakagawa, M., Kizuka, T., Yoshioka, A., Sasai, T., Saigusa, N., Matsushita, B. and Takamura, N. (2019) Role of wetlands in mitigating the tradeoff between crop production and water quality in agricultural landscapes. Ecosphere, 10, e02918 論文概要紹介

Ando, H. (2019). Genetic and ecological conservation issues for oceanic island birds, revealed by a combination of the latest molecular techniques and conventional field work. Ecological Research, 34, 225-264.

Ando, H., Fujii, C., Kawanabe, M., Ao, Y., Inoue, T., Takenaka, A. (2018). Evaluation of plant contamination in metabarcoding diet analysis of a herbivore. Scientific Reports, 8, 15563.

Ando, H., Tsuda, Y., Kaneko, S., Kubo, T. (2018). Historical and recent impacts on genetic structure of island rabbit. Journal of Wildlife Management, 82(8), 1658-1667. 国立環境研究所HPへのリンク

Komura T., Ando H., Horikoshi K., Suzuki H., Isagi Y. (2018). DNA barcoding reveals seasonal shifts in diet and consumption of deep-sea fishes in wedge-tailed shearwaters. PLOS ONE, 13(4), e0195385.

Ando, H., Sasaki, T., Horikoshi, K., Suzuki, H., Chiba, H., Yamasaki, M., Isagi, Y. (2017). Wide-Ranging Movement and Foraging Strategy of the Critically Endangered Red-Headed Wood Pigeon (Columba janthina nitens): Findings from a Remote Uninhabited Island. Pacific Science, 71(2), 161-170.

Ando, H., Setsuko, S., Horikoshi, K., Suzuki, H., Umehara, S., Yamasaki, M., Hanya, G., Inoue-Murayama, M., Isagi, Y. (2016). Seasonal and inter-island variation in the foraging strategy of the critically endangered Red-headed Wood Pigeon Columba janthina nitens in disturbed island habitats derived from high-throughput sequencing. Ibis, 158, 291-304.

Nakahara, F., Ando, H., Ito, H., Murakami, A., Morimoto, N., Yamasaki, M., Takayanagi, A., Isagi, Y. (2015). The applicability of DNA barcoding for dietary analysis of sika deer. DNA Barcodes, 3, 200-206.

Emura, N., Furuya, W., Ando, H., Deguchi, T. (2015). Monitoring of Avifauna to Estimate the Effect of Ecological Restoration in Mukojima, Bonin Islands. Journal of Yamashina Institute for Ornithology, 46, 89-100.

Ando, H., Young, L., Naughton, M., Suzuki, H., Deguchi, T., Isagi, Y. (2014). Predominance of unbalanced gene flow from the western to central North Pacific colonies of the bleck-footed albatross. Pacific Science, 68, 309-319.

Ando, H., Emura, N., Denda, T., Nakahama, N., Inoue-Murayama, M., Isagi, Y. (2014). Development of microsatellite markers for the coastal shrub Scaevola taccada (Goodeniaceae). Applications in Plant Science, 2, 1300094.

Ando, H., Ogawa, H., Kaneko, S., Takano, H., Seki, SI., Suzuki, H., Horikoshi, K., Isagi, Y. (2014). Genetic structure of isolated islands and captive population of the critically endangered Red-headed Wood Pigeon Columba janthina nitens: implication on the management of threatened island populations. Ibis, 156, 154-164.

Kamioki, M., Ando, H., Isagi, Y., Inoue-Murayama, M. (2013). Development of microsatellite markers for the Asian Stubtail Urosphena squameiceps by using next-generation sequencing technology. Conservation Genetics Resources, 5, 1027-1029.

Ando, H., Setsuko, S., Horikoshi, K., Suzuki, H., Umehara, S., Inoue-Murayama, M., Isagi, Y. (2013). Diet analysis by next-generation sequencing indicates the frequent consumption of introduced plants by the critically endangered red-headed wood pigeon (Columba janthina nitens) in oceanic island habitats. Ecology and Evolution, 3, 4057-4069.

Emura, N., Ando, H., Kawakami, K., Isagi, Y. (2013). Genetic and morphological differences among populations of the Japanese Bush-warbler (Aves: Sylviidae) on the Ogasawara Islands, Northern Pacific. Pacific Science, 67, 187-196.

Ando, H., Kaneko, S., Suzuki, H., Horikoshi, K., Takano, H., Ogawa, H., Isagi, Y. (2011). Genetic diversity of the Japanese wood pigeon, Columba janthina, an endemic to islands of East Asia, estimated by newly developed microsatellite markers. Zoological Science, 28, 891-896.

Ando, H., Kaneko, S., Suzuki, H., Horikoshi, K., Chiba, H., Isagi, Y. (2011). Lack of genetic differentiation among subpopulations of the black-footed albatross on the Bonin Islands. Journal of Zoology, 283, 28-36.

  • 研究論文:和文(査読のあるもの)

安藤温子, 栄村奈緒子, 出口智広 (2020) 小笠原諸島におけるジュウイチHierococcyx hyperythrusの初記録. 日本鳥学会誌, 69, 105-108

安藤温子,森由香,佐藤望 (2017). 伊豆諸島八丈島と八丈小島におけるカラスバトの島間移動行動. Bird Research, 13, S35-S40. 

安藤温子,小川裕子,鈴木創,堀越和夫,中原文子,川上和人,井鷺裕司 (2015). 小笠原諸島におけるカラスバト Columba janthina の亜種間交雑個体の初記録.日本鳥学会誌,64, 261-265.

  • 査読なし論文・著書・報告書など

安藤温子, 小村健人, 向井喜果, 安藤正規, 井鷺裕司 (2020) DNAメタバーコーディングによる野生動物の食性解析手法. 日本生態学会誌, 70, 71-75 新着情報 updated Jun. 9, 2020

安藤温子, 安藤正規, 井鷺裕司 (2020) 植物食性動物を対象とした食性解析手法. 日本生態学会誌, 70, 77-89 新着情報 updated Jun. 9, 2020

小村健人, 向井喜果, 安藤温子, 井鷺裕司 (2020) 動物食性動物を対象とした食性解析手法. 日本生態学会誌, 70, 91-102 新着情報 updated Jun. 9, 2020

安藤温子, 小村健人, 向井喜果, 安藤正規, 井鷺裕司 (2020) 技術的な課題と適切なデータ解釈の重要性. 日本生態学会誌, 70, 103-104 新着情報 updated Jun. 9, 2020

武田浩平, 風間健太郎, 森口紗千子, 高橋雅雄, 加藤貴大, 長谷川克, 安藤温子, 山本誉士, 小林篤, 岡久雄二, 武田広子, 黒田聖子, 松井晋, 堀江明香 (2018). 絶海の孤島に通い詰めた日々. はじめてのフィールドワーク③日本の鳥編, 東海大学出版部, 217-246.

安藤温子, 成田あゆ, 会田済, 山根靖正, 内田初江, 岩本昌憲, 池野進, 井上智美, 竹中明夫 (2016). 糞のDNAを使って蓮田を利用する水鳥の食物を調べる. ひばり 日本野鳥の会茨城県会報 , 日本野鳥の会茨城県.

安藤温子 (2016). カラスバト.バードリサーチ,生態図鑑,バードリサーチ.

生物・生態系環境研究センター (2016). 平成28年度徳之島アマミノクロウサギ遺伝的多様性分析業務報告書.

小笠原自然文化研究所 (2014). アカガシラカラスバトの採食生態調査(平成26年度北硫黄島アカガシラカラスバト等生息調査報告書). 58-69.

安藤温子 (2011). 三宅島坪田林道におけるカラスバトの観察. Miyakensis 三宅島自然ふれあいセンター研究報告, 14, 19-22.

小笠原自然文化研究所 (2008). アホウドリ類遺伝解析調査 (海鳥繁殖状況等調査報告書).60-92.

競争的資金


日本学術振興会・科学研究費補助金(若手研究)2019~2021年度
「海洋島における鳥類を介した島間種子散布の実態解明」

日本学術振興会・科学研究費補助金(若手研究B)2016~2018年度
「海洋島に生息する絶滅危惧鳥類が示す広範囲な移動の進化的背景とパターンの解明」

日本学術振興会・科学研究費補助金(特別研究員奨励費)2012~2013年度
「DNAバーコーディングを用いた糞分析に基づく絶滅危惧鳥類の保全生態学的研究」

日本科学協会・笹川科学研究助成 2011年度
「DNAバーコーディングを用いた糞分析による絶滅危惧種アカガシラカラスバトの食性解析」

受賞


第5回日本生態学会奨励賞 (鈴木賞)

平成27年度日本森林学会学生奨励賞
Diet analysis by next-generation sequencing indicates the frequent consumption of introduced plants by the critically endangered red-headed wood pigeon (Columba janthina nitens) in oceanic island habitats

第60回日本生態学会: 最優秀ポスター賞 (保全分野)
安藤温子, 鈴木節子, 堀越和夫, 鈴木創, 梅原祥子, 村山美穂, 井鷺裕司
"DNAバーコーディングを用いた糞分析に基づく絶滅危惧種アカガシラカラスバトの食物構成とその季節変化の解明" 2013年3月, 静岡

日本鳥学会2012年度大会 (100周年記念大会): 優秀ポスター賞
安藤温子, 鈴木節子, 堀越和夫, 鈴木創, 梅原祥子, 村山美穂, 井鷺裕司
"絶滅危惧種アカガシラカラスバトの採食植物特定におけるDNAバーコーディングの活用" 2012年9月, 東京.

Pacific Seabird Group/ PSG 39th annual meeting: Travel award
Ando H, Young L, Naughton M, Suzuki H, Deguchi T, Isagi Y
“Population genetic structure of the black-footed albatross in the North Pacific” February 2012, Hawaii.

委嘱


日本鳥学会会計幹事 2018年1月〜

日本鳥学会英文誌編集委員会 2016年度~

関連リンク


個人のページ

Last updated May 12, 2021