本文へスキップ

Go to the English page

 かどやたく

角谷 拓 (かどや たく)

 KADOYA Taku, Ph.D.
 室長・博士(農学)

国立環境研究所 生物多様性領域
 生物多様性評価・予測研究室

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2

研究の概要

広域スケールでの生物多様性の現状の推定と将来予測に関する研究を行っています。特に、多面的・多層的な生物多様性の評価をおこなうために必要な指標の開発や、経済的・社会的条件などの現実性を考慮しながら生物多様性保全のための効率的な対策を立案・実施する(Systematic conservation planning)ために必要な手法や枠組みの開発と実証を行っています。

専門分野/キーワード

保全生態学, 空間生態学/ 生物多様性評価・予測, 水生昆虫

学術論文 (査読のあるもの)


英文(代表7編)

Gilbert, B., MacDougall, A., Kadoya, T., Akasaka, M., Bennett, J., Lind, E., Flores-Moreno, H., Firn, J., Hautier, Y., Borer, E., Seabloom, E., Adler, P., Cleland, E., Grace, J., Harpole, W., Esch, E., Moore, J., Knops, J., McCulley, R., Mortensen, B., Bakker, J. Fay, P. (in press) Climate and Local Environment Structure Asynchrony and the Stability of Primary Production in Grasslands. Global Ecology and Biogeography. DOI: 10.1111/geb.13094 新着情報 updated Apr. 30, 2020

Senzaki, M., Kadoya, T., Francis, C.D. (2020) Direct and indirect effects of noise pollution alter biological communities in and near noise-exposed environments. Proceedings of the Royal Society B, 287(1923). DOI: 10.1098/rspb.2020.0176 新着情報 updated Mar. 18, 2020

Matsuzaki, S.S., Kohzu, A., Kadoya, T., Watanabe, M., Osawa, T., Fukaya, K., Komatsu, K., Kondo, N., Yamaguchi, H., Ando, H., Shimotori, K., Nakagawa, M., Kizuka, T., Yoshioka, A., Sasai, T., Saigusa, N., Matsushita, B. and Takamura, N. (2019) Role of wetlands in mitigating the tradeoff between crop production and water quality in agricultural landscapes. Ecosphere, 10, e02918. DOI: 10.1002/ecs2.2918 論文概要紹介

McMeans, B., Kadoya, T., Pool, T., Holtgrieve, G., Lek, S., Kong, H., Winemiller, K., Elliott, V., Rooney, N., Laffaille, P., McCann, K. (2019) Consumer trophic positions respond variably to seasonally fluctuating environments. Ecology, 100(2), e02570. DOI: 10.1002/ecy.2570

Fukumori, K., Ishida, S., Shimoda, M., Takenaka, A., Akasaka, M., Nishihiro, J., Takamura, N., Kadoya, T. (2019) Incorporating species population dynamics into static prioritization: targeting species undergoing rapid change. Journal of Applied Ecology, 56(2), 450-458. DOI: 10.1111/1365-2664.13291 プレスリリースへのリンク

Matsuzaki, S.S., Suzuki, K., Kadoya, T., Nakagawa, M. and Takamura, N. (2018) Bottom-up linkages between primary production, zooplankton, and fish in a shallow, hypereutrophic lake. Ecology, 99(9), 2025-2036. DOI: 10.1002/ecy.2414

Kadoya, T., Gellner, G., McCann, K.S. (2018) Potential oscillators and keystone modules in food webs. Ecology Letters, 21(9), 1330-1340. DOI: 10.1111/ele.13099

和文(最新6編)

大澤隆文, 古田尚也, 中村太士, 角谷拓, 中静透 (2019) 生態学の視点から見たポスト愛知目標に向けた課題. 保全生態学研究, 24(1), 95-107.

木塚俊和, 石田真也, 角谷 拓, 赤坂宗光, 高村典子(2016)地理空間情報から推定した野生生物の生育・生息場所としての小規模止水域の空間分布. 保全生態研究, 21, 181-192.

角谷拓・赤坂宗光・竹中明夫 (2014) 相補性解析による効率的な保全に寄与する地域の地図化.景観生態学, 19(2), 111-119.

今井葉子,角谷拓,上市秀雄,高村典子 (2014)市民の生態系サービスへの認知が保全行動意図に及ぼす影響: 全国アンケートを用いた社会心理学的分析. 保全生態学研究. 19(1) 15-26.

関崎悠一郎, 須田真一, 角谷 拓, 鷲谷いづみ (2012) ため池のイトトンボの分布に影響する間接要因としてのコイ. 保全生態学研究, 17(1), 25-35.

宮崎佑介, 松崎慎一郎, 角谷 拓, 関崎悠一郎, 鷲谷いづみ (2010) 岩手県一関市のため池群においてコイが水草に与えていた影響. 保全生態学研究, 15, 291-295.

全ての業績

関連リンク

2010年から2年かけて開催された「生物多様性評価の地図化に関する検討委員会(環境省主催)」の委員を務め、日本の生物多様性の現状等を評価した地図作成に貢献しました。成果物は環境省のホームページより公開されています。
環境省「生物多様性評価地図」のページはこちら

国立環境研究所ニュース31巻1号 (平成24年(2012年)4月発行) 特集「生物多様性」にて執筆した記事
「愛知目標 (愛知ターゲット)」の記事はこちら

Last updated Apr. 30, 2020