本文へスキップ


環境カフェ開催のご案内


「環境カフェ」は、オンライン(Zoomミーティング)での手順の改善を重ねて「環境カフェオンライン」として開催しますので、いましばらくお待ちください。

環境カフェとは


開催の目的

「環境カフェ」は、専門や職業の枠を超えた市民(高校生や学生もふくむ)の交流(対話と協働)による社会コミュニケーション(環境コミュニケーション)です。自然と社会(経済)と生命(人)のかかわり(共生、循環、多様性)の理解から「人間であること」「いかに生きていくか」をともに考えます。なお、「環境」は自然だけでなく、人びとの社会や歴史・文化をふくみます。

講演会、サイエンスカフェ、環境カフェの違い自然共生のためのキーワード

開催の目標(2つの意義)

「共感の場」

市民の対話を通じてともに「学ぶ」「考える」ための実践(協働)の場です。環境に関する話題について参加者がそれぞれの経験(感じたこと、知ったこと、考えたこと)を公平に聴き合い価値観を共有できる「共感の場」にします。

「経験の向上」

参加者はそれぞれの経験を聴き合うことで、新たな「気づき」とそれによる「経験の向上」につなげます。

開催方法(例)

学内や公共のカフェなどで、専門家などからの話題提供ののち、参加者が対話を通じてそれぞれの経験を公平に聴き合います。全体で90~120分程度。6~8名ほどの参加者により開催。

対話について:全参加者がお互いを仲間と考え、新しい気づきを喜ぶようにする。相手に議論で勝つことが目的なのではなく、お互いの間に新しい意味が生まれるようなクリエイティブな関係を目指す。

専門家からの話題提供参加者同士がそれぞれの経験を聴き合う

左:専門家からの話題提供/右:参加者同士がそれぞれの経験を聴き合う

経験を付箋に記録付箋を整理

経験を付箋に記録し、整理する

関連書籍・発表


書籍

多田満『レイチェル・カーソンに学ぶ環境問題』(東京大学出版会、2011年)
多田満『センス・オブ・ワンダーへのまなざし──レイチェル・カーソンの感性』(同上、2014年)
多田満『レイチェル・カーソンはこう考えた』(ちくまプリマー新書、2015年)

誌上発表

多田満(2016)「環境カフェ」─社会コミュニケーションの実践. ASLE-Japan Newsletter, 40,4.
多田満 (2018) 社会対話「環境カフェ」の実践─「環境カフェ本郷」の開催を例に─. 環境教育学会関東支部年報, 12, 17-20.
多田満 (2018) 論文詩─科学コミュニケーションツール. 日本生態学会誌, 68(1), 59-63.
多田満, 戸祭森彦 (2018). 科学と文学による社会対話「環境カフェ」の実践─「『海辺』の生態学」をテーマに─. 環境教育,28(1), 30-33.
多田満 (2018). 社会対話の実践─「環境カフェ」を例に. 環境科学会誌, 31(2), 207-216.
多田満 (2018). 人新世に「対話と協働」による科学の「成熟」を考える. 文学と環境,21, 6-7.
多田満 (2018) 「対話と協働」による環境科学の取り組みに向けて─科学の発展段階からの考察─. 環境科学会誌, 31(6), 272-279. 多田満, 石水極子 (2019) 社会対話「環境カフェ」の実践-「環境カフェ駒場」の開催を例に-. 日本環境教育学会関東支部年報, (13), 39-44. 多田満, 田中迅 (2019) 人と植物の連関──環境人類学からの考察. 環境芸術, 22, 86-91.
Tada, M. (2019) Combining Poetry and Science to Create Scientific "Thesis Poetry" as a Tool for the Communication of Science. Science Communication, 41(4), 516-524.
多田満, 田中迅 (2020) 社会対話の実践「環境カフェ」とSDGs のかかわり. 日本環境教育学会関東支部年報, 14, 41-46.

口頭発表

多田満(2015)環境に関する社会コミュニケーションの理論と実践. 環境科学会2015年会,同講演要旨集, 13
多田満, 戸祭森彦(2016)「社会に向き合う生態学」─社会コミュニケーションの理論と実践. 日本生態学会第63回全国大会
多田満(2016)生態学における社会コミュニケーション─理論と実践. 同上
多田満, 戸祭森彦(2016)環境に関する社会コミュニケーションの実践─「環境カフェ」を例に, 環境科学会2016年会, 同講演要旨集, 9
多田満(2017)科学詩─社会コミュニケーションツール. 日本生態学会第64回全国大会
多田満, 戸祭森彦, 田中迅(2017)環境カフェ──文学と科学による社会コミュニケーション. 2017年度 ASLE-Japan/文学・環境学会全国大会
多田満(2018)社会対話「環境カフェ」の実践─「環境カフェ本郷」の開催を例に─. 日本環境教育学会第12回関東支部大会

刊行物

環境儀 No.76 社会対話「環境カフェ」科学者と市民の相互理解と共感を目指す新たな手法 NIESサイト

2020年度の開催記録


第2回 環境カフェ+レクチャー(Zoomミーティング)

開催日:2020年10月4日(日)
テーマ:日中韓の環境を考える

第1回 環境カフェ+レクチャー(Zoomミーティング)

開催日:2020年9月27日(日)
テーマ:自然と人、人と人の共生を考える

1st Kankyo Cafe online(Zoomミーティング)

開催日:2020年8月26日(水)
テーマ:地球温暖化と環境のかかわり──Six Degrees Our Future on a Hotter Planet

第1回 環境カフェオンライン(Zoomミーティング)

開催日:2020年7月24日(金)
テーマ:「コロナ禍」と環境のかかわり

第12回 環境カフェ本郷オンライン(Zoomミーティング)

開催日:2020年6月28日(日)、7月4日(土)
テーマ:「コロナ禍」と環境のかかわり

第6回 環境カフェ+アート(Zoomミーティング)

開催日:2020年6月28日(日)
テーマ:「コロナ禍」とアートのかかわり

第4回 環境カフェ京都オンライン(Zoomミーティング)

開催日:2020年5月30日(土)
テーマ:「コロナ禍」と環境のかかわり


昨年度までの開催記録


2019年度はこちら
2018年度はこちら
2017年度はこちら
2016年度はこちら

附記:「環境カフェ」は、下記の通り2020年5月21日に商標登録されました。
【発行日】令和2年6月9日
【登録番号】商標登録第6253268号
【登録日】令和2年5月21日
【商標権者】国立研究開発法人国立環境研究所
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第41類 技芸・スポーツ又は知識の教授,環境及び健康に関する知識の教授,討論会・セミナー・シンポジウムの企画・運営又は開催とそれに関する情報の提供
第42類 公害の防止に関する試験又は研究又はこれらに関する情報の提供,環境及び健康に関する調査・研究又はこれらに関する情報の提供,社会問題・科学技術に関する対話状況の調査・研究又はこれらに関する情報の提供

(担当:多田 満)

Last updated Oct. 12, 2020