国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康研究センター Center for Health and Environmental Risk Research
  

HOME > 研究プログラム:安全確保研究プログラム

研究プログラム

安全確保研究プログラム Health and Environmental Safety Research Program

安全確保研究プログラム:
安全確保社会実現のためのリスク科学の体系的構築研究プログラム

 生体高次機能、継世代影響などの健康・環境リスクの評価・管理手法、新たな生態影響評価体系、迅速性と網羅性を高める化学分析と動態把握、及びPM2.5などの大気汚染、地域水環境保全に関する体系的研究を進めます。具体的には8研究プロジェクト(PJ)により、化学物質の小児・将来世代への健康影響に関する生体高次機能・継世代影響の研究、多種・新規化学物質の包括的分析と解析手法・影響要因推定法の研究、環境かく乱要因による生態影響の評価のための生態学的数理・統計モデルの開発、新たな生態影響試験法の充実と実環境中の把握による生態影響の包括的評価の研究、マルチスケール化学動態の解明と多媒体環境における把握・予測手法の研究、PM2.5など大気汚染の実態解明と対策案の検討及び注意喚起のための毒性・健康影響評価の研究、地域特性に応じた水質改善技術と多様な手法に基づく健全性評価、これらを受けて社会実装を目指すリスクへの評価・管理体系の構築に関する研究をそれぞれ進めます。これらPJ研究を通じて、現時点でアプローチが定まっていない健康・環境リスクの評価体系と網羅的かつ迅速な監視・予測手法、管理技術を確立します。

「PJ1:化学物質曝露に起因する小児・将来世代の健康影響評価:生体高次機能および多世代・継世代に与える影響メカニズムの解明と評価体系を構築します」PJ1イメージ図 クリックすると拡大表示されます 「PJ2:大気試料の多次元ガスクロマトグラフ-高分解能飛行時間型質量分析計(TD-GCxGC-HRTofMS)で測定した三次元トータルイオンクロマトグラム(3D-TIC)とソフトウェアによる成分抽出の例」の画像 クリックすると拡大表示されます 「PJ3:環境かく乱要因と生物群集の因果構造の推定と生態系・群集モデルにより、生態リスク評価と管理の高度化に資する研究を実施します」PJ3イメージ図 クリックすると拡大表示されます 「PJ4:化学物質等による生態影響を、分子レベルと野外調査の両方からのアプローチによって効率的に評価・管理します」PJ4の研究内容を示した図と写真 クリックすると拡大表示されます
「PJ5:全球スケールから室内スケールまで様々なスケールや媒体を対象に、環境中での化学物質の動態を把握し、化学物質の未解明な動態を明らかにします」PJ5イメージ画像 クリックすると拡大表示されます 「PJ6:大気汚染予測システム(Venus)
http://envgis6.nies.go.jp/osenyosoku/によるPM2.5質量濃度分布。暖色系が、濃度が高いことを示します」大気汚染予測システムの画像 クリックすると拡大表示されます 「PJ7:タイにおける適地型排水処理技術の性能実証」の写真 クリックすると拡大表示されます 「PJ8:さまざまな分野の専門家により管理のあり方を議論して検討します」PJ8の研究会の様子の写真 クリックすると拡大表示されます

Project 1:

化学物質の小児・将来世代に与える健康影響評価研究プロジェクト

Project 2:

多種・新規化学物質曝露の包括的把握・網羅的分析手法の開発と環境監視ネットワークへの展開

Project 3:

生態学モデルに基づく生態リスク評価・管理に関する研究

Project 4:

生態影響の包括的・効率的評価体系構築プロジェクト

Project 5:

マルチスケール化学動態研究プロジェクト

Project 6:

PM2.5など大気汚染の実態解明と毒性・健康影響に関する研究プロジェクト

Project 7:

地域の水環境保全に向けた水質改善・評価手法の開発プロジェクト

Project 8:

リスクへの評価・管理の体系構築研究プロジェクト
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー