環境リスク・健康研究センター

国立研究開発法人 国立環境研究所

 

HOME > センター概要 > 研究施設

研究施設

環境リスク・健康研究センターの主な研究施設の紹介

環境リスク研究棟
環境リスク研究棟の写真

 環境リスクに関する調査・研究の中枢を担う施設として、生態影響評価、健康影響評価、曝露評価の研究を実施するとともに、関連する情報を収集・解析し、発信する研究施設です。1階は水生生物の生態影響評価研究エリア、2階のエリアには、化学物質を計測するための機器(GC/MS,LC/MSなど)や、共焦点レーザー顕微鏡が設置され、また、環境質のin vitroバイオアッセイ手法による評価研究が行われています。4階は環境リスクに関する情報の収集・解析・評価を行うエリアと、有害物質のヒトへの健康リスクを実験的に解明するための動物実験エリアからなっています。

動物実験棟
動物実験棟の写真

 大気や水や食品等に含まれる環境汚染物質が人体に与える影響を調べるため、実験動物を使った研究が行われています。環境中に存在する汚染物質が、人間に起きているような病気を現実に引き起こすのかどうか、またそのリスクはどうか等について、動物個体から組織や培養細胞を使う手法で実験しています。

ナノ粒子健康影響実験施設
ナノ粒子健康影響実験棟の写真

 自動車から排出される粒子状物質に起因する大気汚染が都市部を中心に依然厳しい状況にあります。特にディーゼル車の排ガスに含まれる超微小粒子(いわゆるナノ粒子)による健康影響が懸念されており、この分野の影響研究をさらに進める必要があります。ナノ粒子健康影響実験施設は、最新の曝露装置を備えた最高レベルの動物実験施設として従来の動物実験棟の一部を撤去し新設しました。