環境リスク・健康研究センター

国立研究開発法人 国立環境研究所

 

HOME > センター概要

センター概要

環境リスク・健康研究センター
イメージ画像

 環境リスク・健康研究センターでは、安全確保社会達成のために求められる諸課題に対して、安全確保研究プログラムを中心として環境リスク研究分野と環境健康研究分野の二つの分野が連携して研究を進め、またリスク評価科学事業連携オフィスとエコチル調査コアセンターの2つの研究事業を進めます。環境リスク研究分野では、生態毒性試験の高度化と新たな生態影響評価体系、化学物質の環境経由の曝露・影響実態の把握、フィールド及び実験研究による生態系における曝露・影響実態の解明、またリスク管理の体系化と環境動態や曝露評価に関する研究などを行います。環境健康研究分野では、環境中の化学物質等の環境因子がヒトの健康にもたらす影響の検出、将来の世代にわたる可能性のある影響の予見、それらの影響メカニズムの解明と影響評価、及び有害な環境因子の同定を行うための実験研究及び疫学調査・研究を進めます。リスク評価科学事業連携オフィスでは、生態毒性標準拠点において生態リスク評価に資する生態影響試験法の標準化、体系化、試験生物の供給と国際調査等を、環境リスク評価事業拠点において行政と連携して化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)等に基づく科学的なリスク評価を実施し、行政や一般へのリスク関連情報の提供を行います。エコチル調査コアセンターでは大規模出生コホート疫学研究「子どもの健康と環境に関する全国調査」のコアセンターとして全国15地域の調査の総括的な管理・運営と研究推進の中核として活動しています。これらの活動により、基礎となる創造的、先端的な科学の探求と中長期的な課題解決型研究を進め、研究事業を連携させながら安全確保社会の構築を目指します。

 国立研究開発法人 国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター
 〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
 メール