環境リスク・健康研究センター

国立研究開発法人 国立環境研究所

 

HOME > センター概要 > センター長挨拶

センター長挨拶

センター長挨拶
環境リスク・健康研究センター長 鈴木 規之

 近年はさまざまな技術革新によって人々の生活は大きく変わりました。しかし、どのような新しく高度な技術に囲まれていても、人間の、また 環境の安全を保ち、健康な社会を作っていくことは常に最も重要な課題です。また、現代においては、地球規模の環境全体の中で安全の課題をとらえることがますます重要になってきています。環境リスク・健康研究センターは、2001年に設置された化学物質環境リスク研究センターおよび、今年度からは環境健康研究センターを引き継いで、化学物質の生態リスクと健康リスクを主要な研究分野として研究を進めてまいりました。環境から人と環境が受ける可能性のあるリスクとその管理のあり方を明らかにすることは、国内外から広く求められています。国立環境研究所第4期中期計画では、今後予想される新たな課題への対応をも目指しつつ、「安全確保社会実現のためのリスク科学の体系的構築研究プログラム」を軸に、環境リスク研究分野および環境健康研究分野の基盤研究、またリスク評価科学事業連携オフィスおよびエコチル調査コアセンターでの研究事業を一体として推進しています。また、国際機関、関連団体等との連携を積極的に進め、中核的研究機関としての機能をさらに強化していきたいと考えています。社会や技術の進歩とともに、人と環境の安全を守るための課題も日々変化しています。私たちは、新たな課題に対応しつつ、基礎から応用にわたる総合的な取り組みによって、新しい社会の安全を保つために貢献したいと考えています。

平成28年4月1日
環境リスク・健康研究センター長
鈴木 規之