国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division
 

HOME > 情報一覧 > 国際神経内分泌連盟の2020年年次報告への論文要旨掲載について

Topics&お知らせ

国際神経内分泌連盟(International Neuroendocrine Federation、INF)の2020年年次報告への論文要旨掲載について

世界に存在する12の神経内分泌学関連学会の連合体である国際神経内分泌連盟(International Neuroendocrine Federation、INF)の年次報告(Annual report)において、佐野一広 特別研究員(2014~16年在籍、現 筑波大学・特任助教)、前川文彦 主幹研究員を含む国環研の職員らが2020年に国際誌Environment International(Impact factor 9.621)に発表した内分泌かく乱物質に関する論文が、日本神経内分泌学会員から発表された重要な代表的論文(5報のうちの1報)として紹介されました。

国際神経内分泌連盟(INF)Website:https://www.inf-neuroendocrinology.org/
2020年年次報告(Annual report, 紹介されたページp45~6):https://www.inf-neuroendocrinology.org/wp-content/uploads/2021/08/Annual-Reports-from-INF-Member-Societies.pdf

論文タイトル

Estrogenic action by tris(2,6-dimethylphenyl) phosphate impairs the development of female reprod02uctive functions.
【タイトル和訳:tris(2,6-dimethylphenyl) phosphateによるエストロゲン様作用が女性生殖機能の発達を阻害する】

著者

Kazuhiro Sano, Hidenori Matsukami, Go Suzuki, Nang Thinn Thinn Htike, Masahiro Morishita, Tin-Tin Win-Shwe, Shunji Hashimoto, Takaharu Kawashima, Tomohiko Isobe, Shoji F Nakayama, Shinji Tsukahara, Fumihiko Maekawa

掲載誌

Environment International 138: 105662, 2020.
https://doi.org/10.1016/j.envint.2020.105662

論文内容紹介

胎児や新生児が女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きを有する環境化学物質に曝露されると、後発的に女性生殖機能に悪影響が生じる可能性が以前より指摘されています。本研究では汎用縮合型リン系難燃剤(可燃性の製品を燃えにくくするための物質)の合成不純物であり、エストロゲン様の作用を示すことが疑われている化学物質tris(2,6-dimethylphenyl) phosphate(TDMPP)に焦点をあて、発達期曝露が女性生殖機能に影響を与えるかマウスモデルで検証しました。TDMPPを妊娠14日目から出産までは母体に、産後は生後9日目まで新生仔に皮下投与し、雌生殖機能に及ぼす影響を調べました。その結果、TDMPPを投与された雌マウスでは思春期早発、性周期不順、雌性行動低下が観察されました。加えて、胎仔期・新生仔期の脳にTDMPPおよびその代謝物が検出されたことや、視床下部に存在する雌雄で大きさが異なる性的二型核が本来雌型であるべきところが雄型に変化していたこと等から、TDMPPが直接脳に侵入し生殖に関わる脳構造形成に悪影響を及ぼすことで、女性の生殖機能の発達を阻害していると考えられます(参考図参照)。私達は今後も内分泌機能をかく乱する未知の化学物質の探索を試みることで、女性の健康への悪影響を低減させる施策に役立つ研究を継続していきます。 脳の生殖機能異常の原因を示した図

図 TDMPPは脳の性分化異常を誘導し、女性生殖機能の発達を阻害する。


論文内容に関わる問い合わせ先

生体影響評価研究室 前川文彦 E-mail: fmaekawa(末尾に@nies.go.jpがつきます)

ページ
Top