国立研究開発法人 国立環境研究所
環境リスク・健康領域 Health and Environmental Risk Division
  

HOME > 基盤計測センター

基盤計測センター
Center for Environmental Standards and Measurement

環境研究の基盤となる環境標準物質の研究開発や計測化学データの精度向上のための手法開発

 私たちをとりまく環境を知り、いち早く問題を見つけ、的確に対応するためには、環境を正しく知る、すなわち観測し、計測することが大切です。また、環境問題の進行や対策の効果を見きわめるためには、環境を観測・計測し続けることが重要です。基盤計測センターでは、この環境計測に関して高品質な技術とデータを提供し、国立研究機関としてふさわしい信頼を確保することで、環境問題の解決、環境の改善に貢献します。計測精度の維持・向上のため、環境標準物質の開発や、観測・計測・解析手法の開発・応用を行うと共に、将来の環境問題に対応するための研究や、科学・学問的な発展に貢献するような、先端的な環境計測手法の開発のほか、現象・原理の解明のような基礎研究にも積極的に取り組んでいます。

環境試料長期保存の様子の写真

液体窒素保存タンクへの環境試料の格納

 基盤計測センターでは、環境標準研究室、計測化学研究室の2つの研究室が、分野横断的に基盤的な計測業務を行うと共に、各研究分野と一体となって行う先端的計測研究も担っています。基盤計測業務としては、化学計測機器による依頼分析の他、社会的な要請に応じて国際基準に合致した環境標準物質などの作製、提供を行っています。ここでは、利用価値の向上を図るため、既存の環境標準物質に対する認証値や参照値の追加なども行います。その他、化学物質の環境における状況を把握するため、日本沿岸の二枚貝の収集や長期保存、解析などの環境試料長期保存事業を進めています。


ページ
Top