ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究者紹介-誌上発表論文等

研究発表情報

誌上発表論文等

1.環境回復研究プログラム(PG1・放射能汚染廃棄物)

2016年

題目 著者 書誌情報
焼却残渣埋立の長期的な環境安全性の確保に向けて 山田正人 山田正人 (2016) 焼却残渣埋立の長期的な環境安全性の確保に向けて. 都市清掃, 69 (333), 404-408
放射性物質に汚染した廃棄物処分へのコンクリート技術の活用 山田一夫 山田一夫 (2016) 放射性物質に汚染した廃棄物処分へのコンクリート技術の活用. セメント・コンクリート, (829), 30-37
最終処分場モニタリング技術の現状と課題 田中宏和(*1),山田正人,香村一夫(*2)(*1福井県衛生環境研究センター,*2早稲田大学) 田中宏和, 山田正人, 香村一夫 (2016) 最終処分場モニタリング技術の現状と課題. 廃棄物資源循環学会誌, 27 (1), 27-38
埋立地ガス調査による廃棄物最終処分場の安全確認について 長森正尚(*1),山田正人,石垣智基(*1埼玉県環境科学国際センター) 長森正尚, 山田正人, 石垣智基 (2016) 埋立地ガス調査による廃棄物最終処分場の安全確認について. 廃棄物資源循環学会誌, 27 (1), 39-48
防災・減災を志向した浄化槽システムの構築に関する研究 蛯江美孝 蛯江美孝 (2016) 防災・減災を志向した浄化槽システムの構築に関する研究. 生活と環境, 61 (4), 64-68

2015年

題目 著者 書誌情報
Evaluation of Alkalinity of Pore Solution Based on the Phase Composition of Cement Hydrates with Supplementary Cementitious Materials and its Relation to Suppressing ASR Expansion Kawabata Y.(*1),Yamada K.(*1Part and Airport Research Institute) Kawabata Y., Yamada K. (2015) Evaluation of Alkalinity of Pore Solution Based on the Phase Composition of Cement Hydrates with Supplementary Cementitious Materials and its Relation to Suppressing ASR Expansion. Journal of Advanced Concrete Technology, 13, 538-553 <2016年日本コンクリート工学会賞(論文賞)awarded>
コンクリートプリズムを用いたASR加速試験における養生温度およびアルカリ総量が膨張挙動に及ぼす影響 田中暁大(*1),山田一夫,佐川康貴(*1),小川彰一(*2)(*1九州大学,*2太平洋コンサルタント) 田中暁大, 山田一夫, 佐川康貴, 小川彰一 (2015) コンクリートプリズムを用いたASR加速試験における養生温度およびアルカリ総量が膨張挙動に及ぼす影響. コンクリート工学年次論文集, 37 (1), 895-900
地盤工学で遭遇する化学的現象の理解 8.講座を終えるにあたって 鈴木弘明(*1),遠藤和人(*1日本工営株式会社) 鈴木弘明, 遠藤和人 (2015) 地盤工学で遭遇する化学的現象の理解 8.講座を終えるにあたって. 地盤工学会誌, 63 (9), 54-55
第3章 6. 放射性物質で汚染された廃棄物の処理 大迫政浩 大迫政浩 (2015) 第3章 6. 放射性物質で汚染された廃棄物の処理. 東日本大震災合同調査報告書編集委員会編, 東日本大震災合同調査報告 土木編3 ライフライン施設の被害と復旧, 公益社団法人土木学会, 208-217
早期安定型最終処分場技術−廃棄物特性や中間覆土が埋立地や浸出水に与える影響− 小野雄策(*1),遠藤和人,東條安匡(*2),山田正人(*1日本工業大学,*2北海道大学) 小野雄策, 遠藤和人, 東條安匡, 山田正人 (2015) 早期安定型最終処分場技術−廃棄物特性や中間覆土が埋立地や浸出水に与える影響−. 廃棄物資源循環学会誌, 26 (1), 22-34
廃棄物焼却施設解体に伴い発生する廃棄物の実態について 前背戸智晴,水原詞治(*1),倉持秀敏,大迫政浩(*1龍谷大学理工学部環境ソリューション工学科) 前背戸智晴, 水原詞治, 倉持秀敏, 大迫政浩 (2015) 廃棄物焼却施設解体に伴い発生する廃棄物の実態について. 都市清掃, 68 (325), 283-291
溶融技術による土壌等からのセシウム熱分離に関するプラント実証試験評価 釜田陽介(*1),阿部清一(*2),川本克也(*3),由井和子,倉持秀敏,大迫政浩(*1株式会社クボタ 水・環境総合研究所,*2国立研究開発法人国立環境研究所(客員研究員),*3岡山大学) 釜田陽介, 阿部清一, 川本克也, 由井和子, 倉持秀敏, 大迫政浩 (2015) 溶融技術による土壌等からのセシウム熱分離に関するプラント実証試験評価. 環境放射能除染学会誌, 3 (2), 49-64
除去土壌等の中間貯蔵施設整備とパイロット輸送 遠藤和人 遠藤和人 (2015) 除去土壌等の中間貯蔵施設整備とパイロット輸送. 基礎工, 43 (9), 70-73
放射性物質による事故由来汚染物の対策技術の現状 2.オフサイトにおける放射性物質汚染廃棄物の総合的な管理 遠藤和人 遠藤和人 (2015) 放射性物質による事故由来汚染物の対策技術の現状 2.オフサイトにおける放射性物質汚染廃棄物の総合的な管理. 地盤工学会誌, 63 (10), 61-68
地盤工学で遭遇する化学的現象の理解 1.講座を始めるにあたって 遠藤和人,鈴木弘明(*1)(*1日本工営株式会社) 遠藤和人, 鈴木弘明 (2015) 地盤工学で遭遇する化学的現象の理解 1.講座を始めるにあたって. 地盤工学会誌, 63 (4), 37-38
災害廃棄物由来の分別土を用いた試験盛土の観測(1年目) 遠藤和人,竹崎聡,高井敦史(*1),勝見武(*1)(*1京都大学) 遠藤和人, 竹崎聡, 高井敦史, 勝見武 (2015) 災害廃棄物由来の分別土を用いた試験盛土の観測(1年目). 第11回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 11 (185), 105-112

2014年

題目 著者 書誌情報
焼却灰試料中の放射性ストロンチウムの簡易測定法に関する検討 山本貴士,塙章(*1),竹内幸生,滝上英孝,大迫政浩,貴田晶子(*2)(*1同位体研究所,*2愛媛大学) 山本貴士, 塙章, 竹内幸生, 滝上英孝, 大迫政浩, 貴田晶子 (2014) 焼却灰試料中の放射性ストロンチウムの簡易測定法に関する検討. 環境放射能除染学会誌, 2 (4), 263-269
第2編1.はじめに 1.1事故後の放射性物質の拡散と環境汚染. 4.1.1焼却飛灰の特性. 4.2.1セメント固型化に有効な不溶化剤. 4.3.1最終処分場の要求性能と設計の考え方. 4.3.4アルカリ骨材反応と塩類劣化 山田一夫 山田一夫 (2014) 第2編1.はじめに 1.1事故後の放射性物質の拡散と環境汚染. 4.1.1焼却飛灰の特性. 4.2.1セメント固型化に有効な不溶化剤. 4.3.1最終処分場の要求性能と設計の考え方. 4.3.4アルカリ骨材反応と塩類劣化. 放射性ぶっちの封じ込めとコンクリート材料の安全利用調査研究委員会編, 放射性ぶっちの封じ込めとコンクリート材料の安全利用調査研究委員会報告書, 日本コンクリート工学会, 71-78 98-98 102-105 113-116 124-126
講座アルカリシリカ反応入門�@アルカリシリカ反応の基礎〜骨材の反応性と試験方法 山田一夫 山田一夫 (2014) 講座アルカリシリカ反応入門�@アルカリシリカ反応の基礎〜骨材の反応性と試験方法. コンクリート工学, 52 (10), 912-919
Cs and Cl penetration estimation in mortar from fly ash of MSWI Yamada K.,Hosokawa Y.(*1),Haga K.(*2),Osako M.(*1Taiheiyo Cement,*2Taiheiyo Consultant) Yamada K., Hosokawa Y., Haga K., Osako M. (2014) Cs and Cl penetration estimation in mortar from fly ash of MSWI. 2nd International Symposium on Cement-Based Materials for Nuclear Wastes, NUCEM2014,
委員会報告放射性物質の封じ込めとコンクリート材料の安全利用調査研究委員会 山田一夫,橘高義典(*1),十河茂幸(*2),前川宏一(*3),今本啓一(*4),半井健一郎(*5),宮里心一(*6)(*1首都大学東京,*2広島工大,*3東大,*4東京理科大,*5広大,*6金工大) 山田一夫, 橘高義典, 十河茂幸, 前川宏一, 今本啓一, 半井健一郎, 宮里心一 (2014) 委員会報告放射性物質の封じ込めとコンクリート材料の安全利用調査研究委員会. コンクリート工学年次論文集, 36 (1), 38-45
10 万Bq/kg 超の放射性Cs に汚染した焼却飛灰の最終処分場建設の 基本的考え方 山田一夫,大迫政浩 山田一夫, 大迫政浩 (2014) 10 万Bq/kg 超の放射性Cs に汚染した焼却飛灰の最終処分場建設の 基本的考え方. コンクリート工学年次論文集, 36 (1), 748-753
CPT as an evaluation method of concrete mixture for ASR expansion Yamada K.,Osako M.,Karasuda S.(*1),Ogawa S.(*2),Sagawa Y.(*1),Hamada H.(*1),ISneini M.(*1)(*1Kyushu Univ,*2Taiheiyo Consultant) Yamada K., Osako M., Karasuda S., Ogawa S., Sagawa Y., Hamada H., ISneini M. (2014) CPT as an evaluation method of concrete mixture for ASR expansion. Construction and Building Materials, 64, 184-191
Simplified quantitative estimation of ASR expansion using acceleration ratio based on CPT results Kawabata Y.,Yamada K.,Ogawa S.(*1),Sagawa Y.(*2),Osako M.(*1Taiheiyo Consultant,*2Kyushu Univ) Kawabata Y., Yamada K., Ogawa S., Sagawa Y., Osako M. (2014) Simplified quantitative estimation of ASR expansion using acceleration ratio based on CPT results. Proceedings of CIC2014, Oslo,
セメント水和物とCs の相互作用に関する検討(2) セメント水和物のC-A-S-H の構造とCs の収着に関する検討 渡邊禎之(*1),湊大輔(*2),芳賀和子(*3),山田一夫(*1都立産業技術研究センター,*2電中研,*3太平洋コンサルタント) 渡邊禎之, 湊大輔, 芳賀和子, 山田一夫 (2014) セメント水和物とCs の相互作用に関する検討(2) セメント水和物のC-A-S-H の構造とCs の収着に関する検討. 第68回セメント技術大会講演要旨, 68, 124-125
中間貯蔵施設の安全・安心な整備、運営に向けて 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 中間貯蔵施設の安全・安心な整備、運営に向けて. 環境放射能除染学会誌, 2 (4), 239-239
第11章 7.除染と放射性物質汚染廃棄物の処理 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 第11章 7.除染と放射性物質汚染廃棄物の処理. 3R・低炭素社会検定実行委員会編, 3R・低炭素社会検定 公式テキスト[第2版], (株)ミネルヴァ書房, 214-215
コンクリートのASRによる膨張挙動予測に関する研究 小川彰一(*1),山田一夫,大迫政浩,佐川康貴(*2),川端雄一郎(*3)(*1太平洋コンサルタント,*2九州大学,*3港湾空港技術研究所) 小川彰一, 山田一夫, 大迫政浩, 佐川康貴, 川端雄一郎 (2014) コンクリートのASRによる膨張挙動予測に関する研究. コンクリート技術大会(長岡)予稿集, 43-46
事故由来放射性物質汚染廃棄物の熱処理に関するこれまでの研究成果 倉持秀敏 倉持秀敏 (2014) 事故由来放射性物質汚染廃棄物の熱処理に関するこれまでの研究成果. 環境放射能除染学会誌, 2 (2), 71-84
フェロシアン化ニッケルを用いたゴミ焼却飛灰中の放射性セシウム 不溶化とセメント固化 市川恒樹(*1),山田一夫,大迫政浩(*1北海道大学) 市川恒樹, 山田一夫, 大迫政浩 (2014) フェロシアン化ニッケルを用いたゴミ焼却飛灰中の放射性セシウム 不溶化とセメント固化. 第68回セメント技術大会講演要旨, 68, 244-245
熱力学的相平衡-物質移動連成システムによるCs 含有焼却飛灰 成分の浸透解析 細川佳史(*1),久我龍一郎(*1),芳賀和子(*2),山田一夫(*1太平洋セメント,*2太平洋コンサルタント) 細川佳史, 久我龍一郎, 芳賀和子, 山田一夫 (2014) 熱力学的相平衡-物質移動連成システムによるCs 含有焼却飛灰 成分の浸透解析. 第68回セメント技術大会講演要旨, 68, 92-93
セメント水和物とCs の相互作用に関する検討(1) Al の固溶がC-S-H のCs 収着特性に与える影響 原澤修一(*1),長瀬孝宏(*1),渡邊禎之(*2),山田一夫(*1太平洋コンサルタント,*2都立産業技術研究センター) 原澤修一, 長瀬孝宏, 渡邊禎之, 山田一夫 (2014) セメント水和物とCs の相互作用に関する検討(1) Al の固溶がC-S-H のCs 収着特性に与える影響. 第68回セメント技術大会講演要旨, 68, 122-123
放射性物質に汚染された牧草の焼却実証事業について(事例報告) 原田健一(*1),倉持秀敏,八巻徹(*2)(*1環境省,*2一関市) 原田健一, 倉持秀敏, 八巻徹 (2014) 放射性物質に汚染された牧草の焼却実証事業について(事例報告). 都市清掃, 67 (319), 270-276
セメントモルタルへのCs の浸透挙動の評価 芳賀和子(*1),柴田真仁(*1),細川佳史(*2),山田一夫,大迫政浩(*1太平洋コンサルタント,*2太平洋セメント) 芳賀和子, 柴田真仁, 細川佳史, 山田一夫, 大迫政浩 (2014) セメントモルタルへのCs の浸透挙動の評価. 日本原子力学会「2014年秋の大会」, 213

2.環境回復研究プログラム(PG1・環境動態・影響評価)

2016年

題目 著者 書誌情報
Effects of environmental radiation on testes and spermatogenesis in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus) from Fukushima Okano T.,Ishiniwa H.,Onuma M.,Shindo J.(*1),Yokohata Y.(*2),Tamaoki M.(*1Laboratory of Wildlife Science, School of Veterinary Medicine, Kitasato University,*2Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama) Okano T., Ishiniwa H., Onuma M., Shindo J., Yokohata Y., Tamaoki M. (2016) Effects of environmental radiation on testes and spermatogenesis in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus) from Fukushima. Scientific reports,
Need for Systematic Statistical Tools for Decision-Making in Radioactively Contaminated Areas Matsuzaki S.,Kumagai N.,Hayashi T. Matsuzaki S., Kumagai N., Hayashi T. (2016) Need for Systematic Statistical Tools for Decision-Making in Radioactively Contaminated Areas. Environmental Science Technology, 50, 1075-1076
Radiostrontium monitoring of bivalves from the Pacific coast of eastern Japan Karube Z.,Inuzuka Y.,Tanaka A.,Kurishima K.(*1),Kihou N.(*2),Shibata Y.(*1WDB Co.Ltd. Tsukuba Branch,*2Ins.for Agro-Envi.Science) Karube Z., Inuzuka Y., Tanaka A., Kurishima K., Kihou N., Shibata Y. (2016) Radiostrontium monitoring of bivalves from the Pacific coast of eastern Japan. Environmental Science and Pollution Resesrach,
Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster: field observations Horiguchi T.,Yoshii H.(*1),Mizuno S.(*2),Shiraishi H.(*1National Institute of Radiological Sciences,*2Fukushima Prefectural Government) Horiguchi T., Yoshii H., Mizuno S., Shiraishi H. (2016) Decline in intertidal biota after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami and the Fukushima nuclear disaster: field observations. SCIENTIFIC REPORTS, 6 (20416), 1-12
深海における懸濁粒子の動態モデル構築に向けて−潮流海底混合層のLES実験− 古市尚基,東博紀,古島靖夫(*1)(*1国立研究開発法人海洋研究開発機構) 古市尚基, 東博紀, 古島靖夫 (2016) 深海における懸濁粒子の動態モデル構築に向けて−潮流海底混合層のLES実験−. 海洋と生物, 38 (2), 145-150

2015年

題目 著者 書誌情報
Pollinators and other flying insects inside and outside the Fukushima evacuation zone Yoshioka A.,Mishima Y.,Fukazawa K. Yoshioka A., Mishima Y., Fukazawa K. (2015) Pollinators and other flying insects inside and outside the Fukushima evacuation zone. PLOS ONE, 10 (e0140957), 1-16
国内における Spartina 属植物の侵入実態とその影響 玉置雅紀,瀧崎吉伸(*1)(*1豊橋市立牟呂中学校) 玉置雅紀, 瀧崎吉伸 (2015) 国内における Spartina 属植物の侵入実態とその影響. 水環境学会誌, 38 (2), 61-66
Classification of the spermatogenic cycle, seasonal changes of seminiferous tubule morphology, and estimation of the breeding season of the large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) in Toyama and Aomori prefectures, Japan. Okano T.,Onuma M.,Ishiniwa H.,Azuma N.(*1),Tamaoki M.,Nakajima N.,Shindo J.(*2),Yokohata Y.(*3)(*1Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University,*2Laboratory od Wildlife Science, School of Veterinary Medicine, Kitasato University,*3Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama) Okano T., Onuma M., Ishiniwa H., Azuma N., Tamaoki M., Nakajima N., Shindo J., Yokohata Y. (2015) Classification of the spermatogenic cycle, seasonal changes of seminiferous tubule morphology, and estimation of the breeding season of the large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) in Toyama and Aomori prefectures, Japan.. The Journal of Veterinary Mediacl Science, 77 (7), 799-807
137Cs concentrations in foliose lichens within Tsukuba-city as a reflection of radioactive fallout from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident Ohmura Y.(*1),Matsukura K.(*2),Abe J.P(*2),Hosaka K.(*1),Tamaoki M.,Dohi T.(*3),Kakishima M.(*2),Seaward M.R.D.(*4)(*1National Museum of Nature and Science,*2University of Tsukuba,*3Japan Atomic Energy Agency,*4University of Bradford) Ohmura Y., Matsukura K., Abe J.P, Hosaka K., Tamaoki M., Dohi T., Kakishima M., Seaward M.R.D. (2015) 137Cs concentrations in foliose lichens within Tsukuba-city as a reflection of radioactive fallout from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. Journal of Environmental Radioactivity, 141, 38-43
林床被覆の違いが土壌侵食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響 錦織達啓,伊藤祥子,辻英樹,保高徹生(*1),林誠二(*1独立行政法人産業技術総合研究所) 錦織達啓, 伊藤祥子, 辻英樹, 保高徹生, 林誠二 (2015) 林床被覆の違いが土壌侵食に伴う放射性セシウムの移動に及ぼす影響. 日本森林学会誌, 97, 63-69
福島原発事故後の霞ヶ浦における淡水巻貝・二枚貝の放射性セシウム137(137Cs)の濃度推移,濃縮係数および生態学的半減期 松崎慎一郎,佐竹潔,田中敦,上野隆平,中川惠,野原精一 松崎慎一郎, 佐竹潔, 田中敦, 上野隆平, 中川惠, 野原精一 (2015) 福島原発事故後の霞ヶ浦における淡水巻貝・二枚貝の放射性セシウム137(137Cs)の濃度推移,濃縮係数および生態学的半減期. 陸水学雑誌, 76 (1), 25-34
Three decades of environmental specimen banking at the National Institute for Environmental Studies, Japan Karube Z.,Tanaka A.,Takeuchi A.,Takazawa Y.,Takagi M.,Kinoshita A.,Seyama H.,Shibata Y. Karube Z., Tanaka A., Takeuchi A., Takazawa Y., Takagi M., Kinoshita A., Seyama H., Shibata Y. (2015) Three decades of environmental specimen banking at the National Institute for Environmental Studies, Japan. Environmental Science and Pollution Research, 22, 1587-1596
Ocean dynamic processes causing spatially heterogeneous distribution of sedimentary caesium-137 massively released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Higashi H.,Morino Y.,Furuichi N.,Ohara T. Higashi H., Morino Y., Furuichi N., Ohara T. (2015) Ocean dynamic processes causing spatially heterogeneous distribution of sedimentary caesium-137 massively released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Biogeosciences, 12, 7107-7128

2014年

題目 著者 書誌情報
Lead and other elements in house dust of Japanese residences - Source of lead and health risks due to metal exposure Yoshinaga J.(*1),Yamasaki K.(*1),Yonemura A.(*1),Ishibashi Y.(*2),Kaido T.(*2),Mizuno K.(*2),Takagi M.,Tanaka A.(*1Univ. of Tokyo,*2Kitasato Univ.) Yoshinaga J., Yamasaki K., Yonemura A., Ishibashi Y., Kaido T., Mizuno K., Takagi M., Tanaka A. (2014) Lead and other elements in house dust of Japanese residences - Source of lead and health risks due to metal exposure. Environmental Pollution, 189, 223-228
異なる陸域解析モデルによる福島第一原子力発電所事故に起因する137Cs流出率の比較 北村哲浩(*1),今泉圭隆,山口正秋(*1),油井三和(*1),鈴木規之,林誠二(*1日本原子力研究開発機構) 北村哲浩, 今泉圭隆, 山口正秋, 油井三和, 鈴木規之, 林誠二 (2014) 異なる陸域解析モデルによる福島第一原子力発電所事故に起因する137Cs流出率の比較. 環境放射能除染学会誌, 2 (3), 185-192
福島第一原子力発電所事故で放出された放射性セシウム137の海洋拡散・海底堆積の再現シミュレーション 東博紀,森野悠,大原利眞 東博紀, 森野悠, 大原利眞 (2014) 福島第一原子力発電所事故で放出された放射性セシウム137の海洋拡散・海底堆積の再現シミュレーション. 土木学会論文集B2(海岸工学), 70 (2), I_1121-I_1125
LES実験を応用した海底混合層内の粒子状物質の動態に関する基礎的考察 古市尚基,東博紀 古市尚基, 東博紀 (2014) LES実験を応用した海底混合層内の粒子状物質の動態に関する基礎的考察. 土木学会論文集B2 (海岸工学), 70 (2), I_1096-I_1100

3.環境創生研究プログラム(PG2)

2016年

題目 著者 書誌情報
Need for Systematic Statistical Tools for Decision-Making in Radioactively Contaminated Areas Matsuzaki S.,Kumagai N.,Hayashi T. Matsuzaki S., Kumagai N., Hayashi T. (2016) Need for Systematic Statistical Tools for Decision-Making in Radioactively Contaminated Areas. Environmental Science Technology, 50, 1075-1076
地域別乗用車起因CO2排出量の2010年版の推計と改良 松橋啓介,有賀敏典 松橋啓介, 有賀敏典 (2016) 地域別乗用車起因CO2排出量の2010年版の推計と改良. 室町泰徳編著, 交通システムに対する気候変動の長期的影響評価とその対策に関する研究, 日本交通政策研究会, 19-30
Possibility of developing low-carbon industries through urban symbiosis in Asian cities Fujii M.,Fujita T.,Dong L.(*1),Lu C.(*2),Geng Y.(*3),Behera S.K.(*4),Park H.S.(*5),Chiu A.S.F.(*6)(*1Leiden University ,*2CAS,*3Shanghai Jiaotong University,*4GMR Institute of Technology,*5University of Ulsan,*6De La Salle University) Fujii M., Fujita T., Dong L., Lu C., Geng Y., Behera S.K., Park H.S., Chiu A.S.F. (2016) Possibility of developing low-carbon industries through urban symbiosis in Asian cities. Journal of Cleaner Production, 114, 376-386
Innovative Planning and Evaluation System for District Heating Using Waste Heat Considering Spatial Configuration: A Case in Fukushima, Japan Dou Y.,Togawa T.,Dong L.,Fujii M.,Ohnishi S.,Tanikawa H.(*1),Fujita T.(*1Nagoya University) Dou Y., Togawa T., Dong L., Fujii M., Ohnishi S., Tanikawa H., Fujita T. (2016) Innovative Planning and Evaluation System for District Heating Using Waste Heat Considering Spatial Configuration: A Case in Fukushima, Japan. Resources, Conservation and Recycling,
Urban Structure and the Number of Seniors with Poor Access to Transit: Spatial Analysis of the Greater Tokyo Region Ariga T.,Matsuhashi K. Ariga T., Matsuhashi K. (2016) Urban Structure and the Number of Seniors with Poor Access to Transit: Spatial Analysis of the Greater Tokyo Region. Urban and Regional Planning Review, 3, 109-122

2015年

題目 著者 書誌情報
地域特性に応じた分散型エネルギーシステムの設計支援フレームワーク 戸川卓哉,藤田壮,芦名秀一,藤井実,Dong Liang 戸川卓哉, 藤田壮, 芦名秀一, 藤井実, Dong Liang (2015) 地域特性に応じた分散型エネルギーシステムの設計支援フレームワーク. 土木学会論文集 G(環境), 71 (6), II_139-II_149
低炭素化のための木材生産・利用システムの最適化モデルの開発 舘林香菜(*1),松井孝典(*1),大場真,町村尚(*1),谷佑亮(*2),中尾彰文(*2),山本祐吾(*2)(*1大阪大学大学院工学研究科,*2和歌山大システム工学部) 舘林香菜, 松井孝典, 大場真, 町村尚, 谷佑亮, 中尾彰文, 山本祐吾 (2015) 低炭素化のための木材生産・利用システムの最適化モデルの開発. 土木学会論文集G, 70 (6), II_297-II_308
Analysis of optimal locations for power stations and their impact on industrial symbiosis planning under transition toward low-carbon power sector in Japan Shiraki H.,Ashina S.,Kameyama Y.,Hashimoto S.(*1),Fujita T.(*1Ritsumeikan University) Shiraki H., Ashina S., Kameyama Y., Hashimoto S., Fujita T. (2015) Analysis of optimal locations for power stations and their impact on industrial symbiosis planning under transition toward low-carbon power sector in Japan. Journal of Cleaner Production, 1-14
A long-term assessment of ecological-economic sustainability of woody biomass production in Japan Ooba M.,Hayashi K.(*1),Fujii M.,Fujita T.,Machimura T.(*2),Matsui T.(*2)(*1Nagoya University,*2Osaka University) Ooba M., Hayashi K., Fujii M., Fujita T., Machimura T., Matsui T. (2015) A long-term assessment of ecological-economic sustainability of woody biomass production in Japan. Journal of Cleaner Production, 88, 318-325
清掃活動とスポーツの組み合わせがボランティア募集に与える影響 森保文,前田 恭伸(*1),淺野 敏久(*2)(*1静岡大学工学研究科,*2広島大学総合科学研究科) 森保文, 前田 恭伸, 淺野 敏久 (2015) 清掃活動とスポーツの組み合わせがボランティア募集に与える影響. 環境科学会誌, 28 (3), 230-240
世帯エネルギー消費に関する社会的・政策的課題 松橋啓介 松橋啓介 (2015) 世帯エネルギー消費に関する社会的・政策的課題. 土木学会編, 市民生活行動学, (公社)土木学会, 83-86
地域の持続可能性を支える資本ストックの未来を考える 倉阪秀史(*1),松橋啓介(*1千葉大) 倉阪秀史, 松橋啓介 (2015) 地域の持続可能性を支える資本ストックの未来を考える. 環境科学会誌, 28 (6), 448-450
世帯規模別建て方別世帯数の都道府県別将来推計とエネルギー消費に及ぼす影響 石河正寛,松橋啓介,金森有子 石河正寛, 松橋啓介, 金森有子 (2015) 世帯規模別建て方別世帯数の都道府県別将来推計とエネルギー消費に及ぼす影響. 都市計画論文集, 50 (3), 838-843
Ocean dynamic processes causing spatially heterogeneous distribution of sedimentary caesium-137 massively released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Higashi H.,Morino Y.,Furuichi N.,Ohara T. Higashi H., Morino Y., Furuichi N., Ohara T. (2015) Ocean dynamic processes causing spatially heterogeneous distribution of sedimentary caesium-137 massively released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Biogeosciences, 12, 7107-7128
環境都市にむけての評価論の展開(Development of Evaluation Theory and Methodology for Eco-City Innovation) 藤田壮,DONG Huijuan 藤田壮, DONG Huijuan (2015) 環境都市にむけての評価論の展開(Development of Evaluation Theory and Methodology for Eco-City Innovation). 都市計画 (City Planning Review), 64 (1), 14-17
Pursuing air pollutant co-benefits of CO2 mitigation in China: A provincial leveled analysis Dong H.,Dai H.,Dong L.,Fujita T.,Geng Y.(*1),Klimont Z.(*2),Inoue T.(*3),Bunya S.(*3),Fujii M.,Masui T.(*1Shanghai Jiao Tong University,*2International Institute for Applied Systems Analysis (IIASA),*3Mitsubishi Research Institute Inc.) Dong H., Dai H., Dong L., Fujita T., Geng Y., Klimont Z., Inoue T., Bunya S., Fujii M., Masui T. (2015) Pursuing air pollutant co-benefits of CO2 mitigation in China: A provincial leveled analysis. Applied Energy, 144, 165-174

2014年

題目 著者 書誌情報
Feasibility assessment of the use of power plant-sourced waste heat for plant factory heating considering spatial configuration Togawa T.,Fujita T.,Dong L.,Fujii M.,Oba M. Togawa T., Fujita T., Dong L., Fujii M., Oba M. (2014) Feasibility assessment of the use of power plant-sourced waste heat for plant factory heating considering spatial configuration. Journal of Cleaner Production, 81, 60-69
都市・地域の空間特性を考慮した 資源循環・エネルギー施策の計画支援システム 戸川卓哉,藤田壮,藤井実,大西悟,平野勇二郎,大場真 戸川卓哉, 藤田壮, 藤井実, 大西悟, 平野勇二郎, 大場真 (2014) 都市・地域の空間特性を考慮した 資源循環・エネルギー施策の計画支援システム. 土木学会論文集G(環境), 70 (6), ��_33-��_43
Comparative Assessments of Ecosystem Services between Rural and Urban Areas Ooba M.,Hayashi K.(*1)(*1Nagoya University) Ooba M., Hayashi K. (2014) Comparative Assessments of Ecosystem Services between Rural and Urban Areas. International Journal of Environmental and Rural Development, 5-2, 35-40
地域別乗用車起因CO2排出量の2010年版の推計と考察 松橋啓介,米澤健一,有賀敏典 松橋啓介, 米澤健一, 有賀敏典 (2014) 地域別乗用車起因CO2排出量の2010年版の推計と考察. 都市計画論文集, 49 (3), 891-896
Environmental and social policies in Japan Kameyama Y. Kameyama Y. (2014) Environmental and social policies in Japan. In: Tony Fitzpatrick編著, International Handbook on Social Policy and the Environment, Edward Elgar, 228-248
環境都市の拠点としてのエコタウン事業の展開 藤田壮,大西悟,秋山浩之(*1)(*1みずほ情報総合研究所株式会社) 藤田壮, 大西悟, 秋山浩之 (2014) 環境都市の拠点としてのエコタウン事業の展開. 都市清掃, 67 (321), 498-502

4.災害環境マネジメント研究プログラム(PG3)

2016年

題目 著者 書誌情報
震災が及ぼした干潟・砂浜域生態系の変化と回復過程 大越和加(*1),近藤智彦(*1),占部城太郎(*1),鈴木孝男(*1),金谷弦(*1東北大) 大越和加, 近藤智彦, 占部城太郎, 鈴木孝男, 金谷弦 (2016) 震災が及ぼした干潟・砂浜域生態系の変化と回復過程. 日本水産学会誌, 82, 141
干潟のめぐみとその経済価値評価 金谷弦 金谷弦 (2016) 干潟のめぐみとその経済価値評価. 水環境学会誌, 39 (4), 135-140

2015年

題目 著者 書誌情報
Flood Waste Management Yamada M.,Ishigaki T.,Tajima R.,Kubota R.,Towprayoon S.(*1),Wangyao K.(*1),Chiemchaistri C.(*2)(*1Joint Graduate School of Energy and Environment, King Mongkut's University of Technology Thonburi,*2Kasetsart University) Yamada M., Ishigaki T., Tajima R., Kubota R., Towprayoon S., Wangyao K., Chiemchaistri C. (2015) −. Masato Yamada, Tomonori Ishigaki, Ryo Tajima, Rieko Kubota et al., Flood Waste Management Guidelines for Bangkok, National Institute for Environmental Studies , 38p
第3章 7 災害に強い廃棄物処理をめざして7.1 東日本大震災固有の課題からの教訓 7.1.5 緊急時の廃棄物処理の機能7.1.6 土砂混じりの廃棄物への対応7.1.7 出口戦略と産業廃棄物処理システムの活用 山田正人 山田正人 (2015) 第3章 7 災害に強い廃棄物処理をめざして7.1 東日本大震災固有の課題からの教訓 7.1.5 緊急時の廃棄物処理の機能7.1.6 土砂混じりの廃棄物への対応7.1.7 出口戦略と産業廃棄物処理システムの活用. 東日本大震災合同調査報告書編集委員会編, 東日本大震災合同調査報告 土木編3 ライフライン施設の被害と復旧, 公益社団法人 土木学会, 218-219
災害廃棄物処理計画策定の意義とプロセス 多島良 多島良 (2015) 災害廃棄物処理計画策定の意義とプロセス. 都市清掃, 68 (328), 10-15
ワークショップ型研修による災害廃棄物対策に係る意識・態度の醸成 多島良,平山修久,森朋子(*1),川畑隆常,高田光康,大迫政浩(*1廃棄物・3R研究財団) 多島良, 平山修久, 森朋子, 川畑隆常, 高田光康, 大迫政浩 (2015) ワークショップ型研修による災害廃棄物対策に係る意識・態度の醸成. 自然災害科学, 34 (特別号), 99-110
むつ市芦崎干潟の底生動物−重要種の動向について− 鈴木孝男(*1),木下今日子(*2),金谷弦(*1東北大,*2岩手大) 鈴木孝男, 木下今日子, 金谷弦 (2015) むつ市芦崎干潟の底生動物−重要種の動向について−. むつ市教育委員会編, 平成26年度むつ市文化財調査報告第43集, むつ市教育委員会, 62-71
石油・炭化水素 牧秀明 牧秀明 (2015) 石油・炭化水素. 日本海洋学会海洋観測ガイドライン, 10 (2)
芦崎湾のアサリとアサリの寄生生物について 木下今日子(*1),金谷弦,鈴木孝男(*2)(*1岩手大,*2東北大) 木下今日子, 金谷弦, 鈴木孝男 (2015) 芦崎湾のアサリとアサリの寄生生物について. むつ市教育委員会編, 平成26年度むつ市文化財調査報告第43集, むつ市教育委員会, 79-82
Impacts of the 2011 tsunami on sediment characteristics and macrozoobenthic assemblages in a shallow eutrophic lagoon, Sendai Bay, Japan Kanaya G.,Suzuki T.(*1),Kikuchi E.(*2)(*1Tohoku Univ.,*2Miyagi Univ. Edu.) Kanaya G., Suzuki T., Kikuchi E. (2015) Impacts of the 2011 tsunami on sediment characteristics and macrozoobenthic assemblages in a shallow eutrophic lagoon, Sendai Bay, Japan. PLoS ONE, 10, e0135125
芦崎干潟あぶら桟橋付近の大型底生動物−2mm目篩を用いた定量採集の結果 金谷弦,木下今日子(*1),鈴木孝男(*2)(*1岩手大,*2東北大) 金谷弦, 木下今日子, 鈴木孝男 (2015) 芦崎干潟あぶら桟橋付近の大型底生動物−2mm目篩を用いた定量採集の結果. むつ市教育委員会編, 平成26年度むつ市文化財調査報告第43集, むつ市教育委員会, 72-78
災害廃棄物由来の分別土を用いた試験盛土の観測(1年目) 遠藤和人,竹崎聡,高井敦史(*1),勝見武(*1)(*1京都大学) 遠藤和人, 竹崎聡, 高井敦史, 勝見武 (2015) 災害廃棄物由来の分別土を用いた試験盛土の観測(1年目). 第11回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 11 (185), 105-112
東日本大震災における災害廃棄物処理のアーカイブ化および律速要因の検討 浅利美鈴(*1),多島良,吉岡敏明(*2),千葉実(*3),千葉幸太郎(*4),遠藤守也(*5)(*1京都大学環境科学センター,*2東北大学大学院環境科学研究科,*3岩手県環境生活部廃棄物特別対策室,*4宮城県震災復興・企画部,*5仙台市環境局廃棄物事業部) 浅利美鈴, 多島良, 吉岡敏明, 千葉実, 千葉幸太郎, 遠藤守也 (2015) 東日本大震災における災害廃棄物処理のアーカイブ化および律速要因の検討. 廃棄物資源循環学会誌, 26 (5), 382-396

2014年

題目 著者 書誌情報
巨大地震発生時の災害廃棄物処理に備える計画づくり 多島良,大迫政浩 多島良, 大迫政浩 (2014) 巨大地震発生時の災害廃棄物処理に備える計画づくり. 生活と環境, 59 (10), 10-15
6.2.1 地盤環境への影響. 6.3.2 津波堆積物の発生と対応の概要 肴倉宏史 肴倉宏史 (2014) 6.2.1 地盤環境への影響. 6.3.2 津波堆積物の発生と対応の概要. 東日本大震災合同調査調査所編集委員会編, 東日本大震災合同調査報告 共通編3 地盤災害, 地盤工学会, 38 40
5.災害廃棄物処理の適正な処理・処分 〜東日本大震災を例にして〜 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 5.災害廃棄物処理の適正な処理・処分 〜東日本大震災を例にして〜. 一般財団法人日本環境衛生センター編, 強靭でしなやかな廃棄物処理を目指して -廃棄物処理技術・システムの先進的な取り組み-, 一般財団法人日本環境衛生センター, 24-41
Tsunami-induced changes in a shallow brackish lagoon ecosystem (Gamo Lagoon) facing Sendai Bay, Japan Kanaya G.,Maki H.,Suzuki T.(*1),Sato-Okoshi W.(*1),Kikuchi E.(*2)(*1Tohoku Univ.,*2Miyagi Univ. Edu.) Kanaya G., Maki H., Suzuki T., Sato-Okoshi W., Kikuchi E. (2014) Tsunami-induced changes in a shallow brackish lagoon ecosystem (Gamo Lagoon) facing Sendai Bay, Japan. Global Environmental Research, 18 (1), 35-46
東日本大震災での災害廃棄物対応と今後の備え 平山修久,大迫政浩 平山修久, 大迫政浩 (2014) 東日本大震災での災害廃棄物対応と今後の備え. 環境技術, 43 (5), 258-263

平成25年(2013年)度以前の成果

2014年

題目 著者 書誌情報
災害廃棄物の発生と処理における特徴と課題点 ー東日本大震災と阪神淡路大震災を比較してー 高田光康 高田光康 (2014) 災害廃棄物の発生と処理における特徴と課題点 ー東日本大震災と阪神淡路大震災を比較してー. 都市清掃, 67 (318), 179-186
東日本大震災における災害廃棄物処理に対する制度の影響 多島良,大迫政浩,田崎智宏 多島良, 大迫政浩, 田崎智宏 (2014) 東日本大震災における災害廃棄物処理に対する制度の影響. 廃棄物資源循環学会論文誌, 25 (1), 1-15
東日本大震災における災害廃棄物処理の検証と将来に向けた課題 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 東日本大震災における災害廃棄物処理の検証と将来に向けた課題. INDUST, 29 (5), 2-12
「雑感、2014」〜放射能汚染対策に関わって〜 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 「雑感、2014」〜放射能汚染対策に関わって〜. 神鋼環境ソリューション技報, 10 (2), 1
放射能汚染廃棄物の中間貯蔵及び処理処分における技術的課題 大迫政浩 大迫政浩 (2014) 放射能汚染廃棄物の中間貯蔵及び処理処分における技術的課題. エネルギー・資源, 35 (2), 38-42
浄化槽における液状化対策に関する模型実験 仁木圭三(*1),蛯江美孝(*1日本環境整備教育センター) 仁木圭三, 蛯江美孝 (2014) 浄化槽における液状化対策に関する模型実験. 浄化槽研究, 26 (1), 1-9
災害廃棄物処理に関する知見の共有と今後に向けた人材育成 森朋子(*1),田中勝(*1),夏目吉行(*1),大迫政浩,平山修久,高田光康,多島良,松崎裕司,大塚康治(*1廃棄物・3R研究財団) 森朋子, 田中勝, 夏目吉行, 大迫政浩, 平山修久, 高田光康, 多島良, 松崎裕司, 大塚康治 (2014) 災害廃棄物処理に関する知見の共有と今後に向けた人材育成. 都市清掃, 67 (318), 187-192
放射性物質に汚染された飛灰の洗浄による埋立前処理に関する研究 加藤隆也(*1),為,田一雄(*1),内田正信(*1),樋口壯太郎(*1),蛯江美孝,大迫政浩,谷田克義(*2),熊野晋(*2),野下昌伸(*2)(*1福岡大学大学院工学研究科,*2(株)神鋼環境ソリューション) 加藤隆也, 為, 田一雄, 内田正信, 樋口壯太郎, 蛯江美孝, 大迫政浩, 谷田克義, 熊野晋, 野下昌伸 (2014) 放射性物質に汚染された飛灰の洗浄による埋立前処理に関する研究. 都市清掃, 67 (317), 83-89
The influence of changes in the degree and frequency of disturbance on the annual salt marsh plant (Suaeda maritima, Artemisia scoparia) communities in estuarine tidal flats: A case study of the Kushida River in Mie Prefecture, Japan Kaneko K.(*1),Nohara S.(*1Ecosystem Conservation Society) Kaneko K., Nohara S. (2014) The influence of changes in the degree and frequency of disturbance on the annual salt marsh plant (Suaeda maritima, Artemisia scoparia) communities in estuarine tidal flats: A case study of the Kushida River in Mie Prefecture, Japan. Open Journal of Ecology, 4 (1), 1-10
Recolonization of macrozoobenthos on defaunated sediments in a hypertrophic brackish lagoon: Effects of sulfide removal and sediment grain size Kanaya G. Kanaya G. (2014) Recolonization of macrozoobenthos on defaunated sediments in a hypertrophic brackish lagoon: Effects of sulfide removal and sediment grain size. Marine Environmental Research, 95, 81-88
東日本大震災の経験からみた災害廃棄物処理計画とそのマネジメントのあり方 平山修久,大迫政浩 平山修久, 大迫政浩 (2014) 東日本大震災の経験からみた災害廃棄物処理計画とそのマネジメントのあり方. 都市清掃, 67 (318), 193-199

2013年

題目 著者 書誌情報
「廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル」について 山本貴士 山本貴士 (2013) 「廃棄物等の放射能調査・測定法暫定マニュアル」について. 廃棄物資源循環学会誌, 24 (4), 253-257
福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質に汚染された廃棄物の処分について 山田正人 山田正人 (2013) 福島第一原子力発電所事故由来の放射性物質に汚染された廃棄物の処分について. 防水ジャーナル, (2), 74-77
研究者の災害廃棄物処理への取り組みと問題点 山田正人 山田正人 (2013) 研究者の災害廃棄物処理への取り組みと問題点. 化学物質と環境, (118), 6-7
連載講座 放射性物質の挙動から見た適正な廃棄物処理処分について 第4回 最終処分過程における挙動と制御 山田正人,遠藤和人,石森洋行,大迫政浩 山田正人, 遠藤和人, 石森洋行, 大迫政浩 (2013) 連載講座 放射性物質の挙動から見た適正な廃棄物処理処分について 第4回 最終処分過程における挙動と制御. 日廃振センター情報, 2013 (1), 18-21
ASR PROBLEMS IN JAPAN AND A MESSAGE FOR ASR PROBLEMS IN THAILAND Yamada K.,Hirono S.(*1),Ando Y.(*1)(*1Taiheiyo Consultant) Yamada K., Hirono S., Ando Y. (2013) ASR PROBLEMS IN JAPAN AND A MESSAGE FOR ASR PROBLEMS IN THAILAND. Journal of Thailand Concrete Association, 1 (2), 1-19
ウォータージェットによるコンクリートへのCs浸透深さ測定 山田一夫,高井伸一郎(*1),大迫政浩(*1村本建設) 山田一夫, 高井伸一郎, 大迫政浩 (2013) ウォータージェットによるコンクリートへのCs浸透深さ測定. 日本コンクリート工学会年次論文集, 35 (1), 1945-1950
越前市東部集中豪雨災害における洪水廃棄物について 田中宏和(*1),石垣智基,山田正人(*1福井県衛生環境研究センター) 田中宏和, 石垣智基, 山田正人 (2013) 越前市東部集中豪雨災害における洪水廃棄物について. 都市清掃, 66 (313), 310-314
附録 大震災で発生した膨大な災害廃棄物の処理について 滝上英孝, Wata 滝上英孝,Wata (2013) 附録 大震災で発生した膨大な災害廃棄物の処理について. 国立天文台編, 環境年表 平成25・26年 第3冊 , 丸善出版, 436-437
廃船舶の放射能調査と除染への基礎的な取り組み 滝上英孝,山本貴士,鈴木剛,竹内幸生,田野崎隆雄,高田光康,大久保拓郎(*1)(*1(一財)日本環境衛生センター) 滝上英孝, 山本貴士, 鈴木剛, 竹内幸生, 田野崎隆雄, 高田光康, 大久保拓郎 (2013) 廃船舶の放射能調査と除染への基礎的な取り組み. 土木学会論文集G(環境), 69 (7), III_187-III_193
廃棄物関連試料の放射能分析に関する(一社)廃棄物資源循環学会の取り組み 滝上英孝,大迫政浩 滝上英孝, 大迫政浩 (2013) 廃棄物関連試料の放射能分析に関する(一社)廃棄物資源循環学会の取り組み. 廃棄物資源循環学会誌, 24 (4), 239-247
東日本大震災と災害廃棄物処理(放射性物質汚染廃棄物処理) 滝上英孝,遠藤和人,大迫政浩 滝上英孝, 遠藤和人, 大迫政浩 (2013) 東日本大震災と災害廃棄物処理(放射性物質汚染廃棄物処理). 学術の動向, 18 (7), 42-50
東日本大震災における津波堆積物の分布特性と物理化学特性 高井敦史(*1),保高徹生(*2),遠藤和人,勝見武(*1),東日本大震災対応調査研究委員会地盤環境研究委員会(*3)(*1京都大学,*2産業技術総合研究所,*3 ) 高井敦史, 保高徹生, 遠藤和人, 勝見武, 東日本大震災対応調査研究委員会地盤環境研究委員会 (2013) 東日本大震災における津波堆積物の分布特性と物理化学特性. 地盤工学ジャーナル, 8 (3), 391-402
津波堆積物とその特性 高井敦史(*1),肴倉宏史,八村智明(*2),打木弘一(*3),大嶺聖(*4),飯塚敦(*5)(*1京都大学,*2日本環境衛生センター,*3基礎地盤コンサルタンツ,*4長崎大学,*5神戸大学) 高井敦史, 肴倉宏史, 八村智明, 打木弘一, 大嶺聖, 飯塚敦 (2013) 津波堆積物とその特性. 地盤工学会誌, 61 (2), 16-19
Theory and practice of pre-disaster planning for disaster waste management Tajima R.,Hirayama N.,Osako M. Tajima R., Hirayama N., Osako M. (2013) Theory and practice of pre-disaster planning for disaster waste management. Journal of Society for Social Management Systems,
廃棄物関連試料の放射性セシウム分析に係る試験所間比較:土壌,飛灰,主灰及び溶融スラグを対象として 鈴木剛,滝上英孝,竹内幸生,山本貴士,田野崎隆雄,貴田晶子(*1),酒井伸一(*2),大迫政浩(*1愛媛大,*2京都大) 鈴木剛, 滝上英孝, 竹内幸生, 山本貴士, 田野崎隆雄, 貴田晶子, 酒井伸一, 大迫政浩 (2013) 廃棄物関連試料の放射性セシウム分析に係る試験所間比較:土壌,飛灰,主灰及び溶融スラグを対象として. 分析化学, 62 (6), 485-497
災害廃棄物焼却主灰を原料とする再生資材の地盤材料利用を対象とした物性評価スキームの提案 肴倉宏史,小澤一喜(*1),三浦俊彦(*2),乾徹(*3),阪本廣行(*4),佐藤毅(*5),中野正樹(*6),吉野博之(*7)(*1鹿島建設,*2大林組,*3京都大学,*4フジタ,*5東洋建設,*6名古屋大学,*7八千代エンジニヤリング) 肴倉宏史, 小澤一喜, 三浦俊彦, 乾徹, 阪本廣行, 佐藤毅, 中野正樹, 吉野博之 (2013) 災害廃棄物焼却主灰を原料とする再生資材の地盤材料利用を対象とした物性評価スキームの提案. 第10回環境地盤工学シンポジウム発表論文集, 419-426
災害廃棄物や津波堆積物の復旧復興資材への再生利用に向けた取組み 阪本廣行(*1),阿南修司(*2),今西肇(*3),大塚義一(*4),肴倉宏史,中野正樹(*5)(*1フジタ,*2土木研究所,*3東北工業大学,*4奥村組,*5名古屋大学) 阪本廣行, 阿南修司, 今西肇, 大塚義一, 肴倉宏史, 中野正樹 (2013) 災害廃棄物や津波堆積物の復旧復興資材への再生利用に向けた取組み. 地盤工学会誌, 61 (2), 12-15
放射能汚染対策の最新動向と分析技術 放射能汚染廃棄物問題への対処に係る現状と今後 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 放射能汚染対策の最新動向と分析技術 放射能汚染廃棄物問題への対処に係る現状と今後. 産業と環境, 491, 43-50
寄稿文「放射性物質汚染廃棄物への対処」 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 寄稿文「放射性物質汚染廃棄物への対処」. 西岡正雄, ベース設計資料 土木編(2013年後期版), 建設工業調査会, (寄稿文)38-(寄稿文)43
放射性物質を含む廃棄物の焼却処理 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 放射性物質を含む廃棄物の焼却処理. 産業機械, (753), 24-29
放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた課題 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた課題. 環境放射能除染学会誌, 1 (1), 37-38
原発災害後の環境再生と資源循環システム -バイオマスのエネルギー利用を含めて- 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 原発災害後の環境再生と資源循環システム -バイオマスのエネルギー利用を含めて-. 環境施設, (132), 16-23
災害廃棄物処理の実態と課題 大迫政浩,遠藤和人 大迫政浩, 遠藤和人 (2013) 災害廃棄物処理の実態と課題. 地球環境, 18 (1/2013), 45-54
「放射性物質の熱処理挙動研究会」の立ち上げについて 大迫政浩,倉持秀敏 大迫政浩, 倉持秀敏 (2013) 「放射性物質の熱処理挙動研究会」の立ち上げについて. JEFMA, (61), 28-30
第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告「災害廃棄物の速やかな処理を目指して」 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告「災害廃棄物の速やかな処理を目指して」. 産廃振興財団NEWS, 20 (69), 30-36
福島県における放射性物質に汚染された廃棄物等の中間貯蔵 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 福島県における放射性物質に汚染された廃棄物等の中間貯蔵. 都市と廃棄物, 43 (3), 17-23
放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた取組みと課題 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた取組みと課題. 東日本大震災 環境的側面の検証と今後 ( 『資源環境対策』 別冊(Vol.49 No.3)) , 131-144
第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告 「災害廃棄物の速やかな処理を目指して」 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告 「災害廃棄物の速やかな処理を目指して」. 日廃振センター情報, 12 (4), 12-17
第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告「災害廃棄物処理の速やかな処理を目指して」 大迫政浩 大迫政浩 (2013) 第11回産業廃棄物と環境を考える全国大会パネル討論会報告「災害廃棄物処理の速やかな処理を目指して」. INDUST, 28 (1), 37-44
東日本大震災で生じた津波堆積物中の化学物質 小口正弘,滝上英孝,遠藤和人,大迫政浩 小口正弘, 滝上英孝, 遠藤和人, 大迫政浩 (2013) 東日本大震災で生じた津波堆積物中の化学物質. 安全工学, 52 (1), 11-18
津波堆積物を含む震災廃棄物の処理過程における健康影響〜バイオアッセイを中心とした包括的ハザード調査〜 新田裕史,白石不二雄,柴田康行,田邊潔,中島大介,小池英子,中山祥嗣,伏見暁洋,鈴木剛,田村憲治 新田裕史, 白石不二雄, 柴田康行, 田邊潔, 中島大介, 小池英子, 中山祥嗣, 伏見暁洋, 鈴木剛, 田村憲治 (2013) −. 新田裕史,白石不二雄,柴田康行,田邊潔,中島大介,小池英子,中山祥嗣,伏見暁洋,鈴木剛,田村憲治著, 津波堆積物を含む震災廃棄物の処理過程における健康影響〜バイオアッセイを中心とした包括的ハザード調査〜, , 87p
東日本大震災被災地における環境モニタリング 新田裕史,中島大介,中山祥嗣,鈴木剛,白石不二雄 新田裕史, 中島大介, 中山祥嗣, 鈴木剛, 白石不二雄 (2013) 東日本大震災被災地における環境モニタリング. 学術の動向, 18 (7), 26-33
地球科学分野における活動と緊急災害時における研究者の対応 中島映至(*1),鶴田治雄(*1),滝川雅之(*2),森野悠,関山剛(*3),梶野瑞王(*3),渡邊明(*4),篠原厚(*5),北和之(*6)(*1東京大学大気海洋研究所,*2海洋研究開発機構,*3気象庁気象研究所,*4福島大学,*5大阪大学,*6茨城大学) 中島映至, 鶴田治雄, 滝川雅之, 森野悠, 関山剛, 梶野瑞王, 渡邊明, 篠原厚, 北和之 (2013) 地球科学分野における活動と緊急災害時における研究者の対応. RADIOISOTOPES, 62 (10), 761-766
都市・建築・材料に関わる放射能汚染の現状とその対応に関する報告書 丸山一平(*1),山田一夫,小山明男(*2),川口正人(*3),橘高義典(*4),入江正明(*5),大越実(*6),桜本文敏(*7)(*1名古屋大学,*2明治大学,*3清水建設,*4首都大学東京,*5原子力安全基盤機構,*6日本原子力研究機構,*7鹿島建設) 丸山一平, 山田一夫, 小山明男, 川口正人, 橘高義典, 入江正明, 大越実, 桜本文敏 (2013) 都市・建築・材料に関わる放射能汚染の現状とその対応に関する報告書. 都市・建築・材料に関わる放射能汚染の現状とその対応に関する報告書, 1-33
放射性物質汚染廃棄物の焼却処理:課題とこれまでの科学的知見(研究レビュー) 倉持秀敏 倉持秀敏 (2013) 放射性物質汚染廃棄物の焼却処理:課題とこれまでの科学的知見(研究レビュー). 安全工学, 52 (5), 282-290
セメント系材料により生成される水和物の相組成とASR膨張抑制効果の関係 川端雄一郎(*1),山田一夫,松下博通(*2)(*1港湾空港技術研究所,*2九州大学名誉教授) 川端雄一郎, 山田一夫, 松下博通 (2013) セメント系材料により生成される水和物の相組成とASR膨張抑制効果の関係. 土木学会論文集, 69 (4), 402-420
東日本大震災により発生した災害廃棄物・津波堆積物の処理と有効利用について 勝見武(*1),遠藤和人,乾 徹(*1)(*1京都大学) 勝見武, 遠藤和人, 乾 徹 (2013) 東日本大震災により発生した災害廃棄物・津波堆積物の処理と有効利用について. 地下水学会誌, 55 (1), 29-35
福島県沿岸における放射性ストロンチウムの分布 苅部甚一 苅部甚一 (2013) 福島県沿岸における放射性ストロンチウムの分布. 化学工業, 64 (7), 32-35
GSJにおけるエアロゾル中放射性核種の2012年観測と環境要因の再検討 金井豊(*1),土井妙子,桝本和義(*2)(*1産業総合研究所,*2高エネ研) 金井豊, 土井妙子, 桝本和義 (2013) GSJにおけるエアロゾル中放射性核種の2012年観測と環境要因の再検討. 地質調査研究報告, 64 (5/6), 139-150
原子力発電所事故によるI131の環境影響評価:排出地点および時期を考慮した健康影響評価と考慮しない場合の比較 伊坪 徳宏(*1),久保 利晃(*2),森野悠,大原利眞(*1東京都市大学,*2みずほ情報総研) 伊坪 徳宏, 久保 利晃, 森野悠, 大原利眞 (2013) 原子力発電所事故によるI131の環境影響評価:排出地点および時期を考慮した健康影響評価と考慮しない場合の比較. LCA学会誌, 9 (3), 206-220 <日本LCA学会 論文賞受賞>
放射性セシウムの混入した一般廃棄物焼却灰の長期溶出特性 石森洋行(*1),肴倉宏史,遠藤和人,竹内幸生,山田正人,大迫政浩(*1立命館大学) 石森洋行, 肴倉宏史, 遠藤和人, 竹内幸生, 山田正人, 大迫政浩 (2013) 放射性セシウムの混入した一般廃棄物焼却灰の長期溶出特性. 都市清掃, 66 (313), 291-294
原子力発電所事故由来の放射性核種による環境汚染と生態系への影響 堀口敏宏 堀口敏宏 (2013) 原子力発電所事故由来の放射性核種による環境汚染と生態系への影響. ぶんせき, (5), 302
復興まちづくりを支援する地域エネルギー計画評価システム 藤田壮,戸川卓哉,大西悟,大場真,平野勇二郎,谷口知史(*1)(*1アバンアソシエイツ) 藤田壮, 戸川卓哉, 大西悟, 大場真, 平野勇二郎, 谷口知史 (2013) 復興まちづくりを支援する地域エネルギー計画評価システム. 放射線除染学会誌, 1 (1), 45-54
海面処分場の現状と将来性 7.海面処分場の今後の発展性 遠藤和人,小田勝也(*1)(*1みなと総合研究財団) 遠藤和人, 小田勝也 (2013) 海面処分場の現状と将来性 7.海面処分場の今後の発展性. 地盤工学会誌, 61 (9), 49-56
放射性物質に汚染された土壌や廃棄物への対応と地盤環境工学 遠藤和人,大山将(*1),三浦俊彦(*2),高畑陽(*3),隅倉光博(*4),高尾肇(*5)(*1鴻池組,*2大林組,*3大成建設,*4清水建設,*5日揮) 遠藤和人, 大山将, 三浦俊彦, 高畑陽, 隅倉光博, 高尾肇 (2013) 放射性物質に汚染された土壌や廃棄物への対応と地盤環境工学. 地盤工学会誌, 61 (2), 28-31
原発事故に伴う放射性物質で汚染された廃棄物などの処理 遠藤和人 遠藤和人 (2013) 原発事故に伴う放射性物質で汚染された廃棄物などの処理. 基礎工, 41 (7), 35-38
最終処分場の現状と課題 遠藤和人,山田正人 遠藤和人, 山田正人 (2013) 最終処分場の現状と課題. 地質と調査, (1), 42-45
筑波で観測された大気中の放射性核種ー福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種の特徴ー 土井妙子,桝本和義(*1),豊田晃弘(*1),田中敦,柴田康行,廣瀬勝己(*2)(*1高エネ研,*2上智大理工) 土井妙子, 桝本和義, 豊田晃弘, 田中敦, 柴田康行, 廣瀬勝己 (2013) 筑波で観測された大気中の放射性核種ー福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種の特徴ー. Proceedings of the 14th Workshop on Environmental Radioactivity, 47-56
Anthropogenic radionuclides in the atmosphere observed at Tsukuba: caracteristics of the radionuclides derived from Fukushima Doi T.,Masumoto K.(*1),Toyoda A.(*1),Tanaka A.,Shibata Y.,Hirose K.(*2)(*1High Energy Accelerator Research Organization,*2Department of Materials and Life Sciences, Faculty of Science and Technology, Sophia University ) Doi T., Masumoto K., Toyoda A., Tanaka A., Shibata Y., Hirose K. (2013) Anthropogenic radionuclides in the atmosphere observed at Tsukuba: caracteristics of the radionuclides derived from Fukushima. Journal of Environmental Radioactivity, 122, 55-62
放射性セシウムによって生ずるコンクリート外壁の汚染とその評価 に関する基礎研究 別府克俊(*1),丸山一平(*1),半井健一郎(*2),山田一夫(*1名古屋大学,*2広島大学) 別府克俊, 丸山一平, 半井健一郎, 山田一夫 (2013) 放射性セシウムによって生ずるコンクリート外壁の汚染とその評価 に関する基礎研究. コンクリート工学年次論文集, 35 (1), 1939-1944
Isolation and characterization of 25 polymorphic microsatellites of the large Japanese wood mouse (Apodemus speciosus) Azuma N.(*1),Okano T.,Tamaoki M.,Nakajima N.,Takamura N.,Yokohata Y.(*2),Shindo J.(*3),Onuma M.(*1Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University,*2Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama,*3Laboratory of Wildlife Science, School of Veterinary Medicine, Kitasato University) Azuma N., Okano T., Tamaoki M., Nakajima N., Takamura N., Yokohata Y., Shindo J., Onuma M. (2013) Isolation and characterization of 25 polymorphic microsatellites of the large Japanese wood mouse (Apodemus speciosus). Conservation Genet Resour, 5 (2)
リスクコミュニケーションの場としての住民説明会 秋山貴 秋山貴 (2013) リスクコミュニケーションの場としての住民説明会. 廃棄物・3R研究 財団・3Rだより, (85), 14-18

2012年

題目 著者 書誌情報
連載講義 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第2回 焼却灰等からの放射性セシウムの溶出と吸着 山田正人,遠藤和人,肴倉宏史,石森洋行,大迫政浩 山田正人, 遠藤和人, 肴倉宏史, 石森洋行, 大迫政浩 (2012) 連載講義 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第2回 焼却灰等からの放射性セシウムの溶出と吸着. 日廃振センター情報, 夏号, 12-15
連載講義 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第1回 放射性物質の基礎知識 山田正人,滝上英孝,倉持秀敏,大迫政浩 山田正人, 滝上英孝, 倉持秀敏, 大迫政浩 (2012) 連載講義 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第1回 放射性物質の基礎知識. 日廃振センター情報, 春号, 12-15
連載講座 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第1回 放射性物質の基礎知識 山田正人, 滝上英孝, 倉持秀敏, 大迫政浩 山田正人, 滝上英孝, 倉持秀敏, 大迫政浩 (2012) 連載講座 放射性物質の挙動からみた適正な廃棄物処理処分について 第1回 放射性物質の基礎知識. 日廃振センター情報, 12 (1), 12-15
一時保管と最終処分 山田正人, 遠藤和人 山田正人, 遠藤和人 (2012) 一時保管と最終処分. 都市清掃, 65 (305), 28-34
Importance of seagrass vegetation for habitat partitioning between closely related species, mobile macrofauna Neomysis (Misidacea) Yamada K., Kumagai N.H.(*1) (*1Tropical Biosphere Research Center University of the Ryukyu) Yamada K., Kumagai N.H. (2012) Importance of seagrass vegetation for habitat partitioning between closely related species, mobile macrofauna Neomysis (Misidacea). Hydrobiologia, 680 (1), 125-133
放射能汚染に向き合う地域環境研究 大原利眞 大原利眞 (2012) 放射能汚染に向き合う地域環境研究. 環境情報科学, 41 (1), 71-76
3-18 アスベスト 寺園淳,遠藤和人 寺園淳, 遠藤和人 (2012) 3-18 アスベスト. 廃棄物資源循環学会編著, 災害廃棄物分別・処理実務マニュアル−東日本大震災を踏まえて−, ぎょうせい, 132-139
東日本大震災とアスベスト対策 寺園淳, 遠藤和人, 山本貴士 寺園淳, 遠藤和人, 山本貴士 (2012) 東日本大震災とアスベスト対策. 廃棄物資源循環学会誌, 23 (1), 47-59
ゼオライトを用いた一般廃棄物最終処分場浸出水に含まれる事故由来放射性セシウムの分離除去について 高野剛彦(*1),田村行信(*1),西崎吉彦(*1),泉谷宏一(*1),熊谷直和(*1),遠藤和人,山田正人,大迫政浩(*1アタカ大機) 高野剛彦, 田村行信, 西崎吉彦, 泉谷宏一, 熊谷直和, 遠藤和人, 山田正人, 大迫政浩 (2012) ゼオライトを用いた一般廃棄物最終処分場浸出水に含まれる事故由来放射性セシウムの分離除去について. 都市清掃, 65 (306), 218-222
大津波で撹乱された蒲生干潟は回復するのか 鈴木孝男(*1), 金谷弦(*1東北大学大学院) 鈴木孝男, 金谷弦 (2012) 大津波で撹乱された蒲生干潟は回復するのか. 日本ベントス学会誌, 66 (2), 120-122
放射性物質汚染廃棄物等の出口戦略上の課題 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射性物質汚染廃棄物等の出口戦略上の課題. 総合提案誌「日本の新技術・新工法」, ?, 14-17
放射性物質に汚染された廃棄物等の出口戦略 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射性物質に汚染された廃棄物等の出口戦略. 生活と環境, 57 (9), 24-27
環境放射能汚染の問題からみたこれからの環境ガバナンス 〜ゼロリスク偏重社会からの脱却〜 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 環境放射能汚染の問題からみたこれからの環境ガバナンス 〜ゼロリスク偏重社会からの脱却〜. 環境技術会誌, 148, 3-4
放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた課題 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射性物質汚染廃棄物の適正処理に向けた課題. INDUST, 292, 4-14
環境放射能汚染問題とこれからの環境行政のあり方−汚染廃棄物への対処に関する解説を含めて− 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 環境放射能汚染問題とこれからの環境行政のあり方−汚染廃棄物への対処に関する解説を含めて−. 環境研究, (165), 148-154
災害廃棄物の処理・リサイクル現状と課題〜放射能問題との関連を含めて〜 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 災害廃棄物の処理・リサイクル現状と課題〜放射能問題との関連を含めて〜. 建設リサイクル, 58, 19-28
放射能汚染廃棄物の「出口」 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射能汚染廃棄物の「出口」. Enelog, 3
放射性物質汚染廃棄物への国等の対応〜これまでの経緯と放射性物質汚染対処特別措置法〜 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射性物質汚染廃棄物への国等の対応〜これまでの経緯と放射性物質汚染対処特別措置法〜. 都市清掃, 65 (305), 3-8
放射性物質汚染廃棄物の処理処分システムの安全性 大迫政浩 大迫政浩 (2012) 放射性物質汚染廃棄物の処理処分システムの安全性. 月刊資源環境対策, 48 (2), 26-38
津波堆積物の化学性状把握に向けた土地利用・施設立地情報の活用 小口正弘, 大迫政浩, 滝上英孝, 東博紀, 遠藤和人, 水谷千亜紀 小口正弘, 大迫政浩, 滝上英孝, 東博紀, 遠藤和人, 水谷千亜紀 (2012) 津波堆積物の化学性状把握に向けた土地利用・施設立地情報の活用. 廃棄物資源循環学会誌, 23 (1), 60-71
大気シミュレーションで明らかとなった, 放射性物質の沈着メカニズム 森野悠, 大原利眞, 西澤匡人 森野悠, 大原利眞, 西澤匡人 (2012) 大気シミュレーションで明らかとなった, 放射性物質の沈着メカニズム. 別冊化学, 12-17
Fukushima disaster indirectly threatens lake ecosystems Matsuzaki S.S.,von Wehrden H.(*1),Moller A.P.(*2),Takamura N.(*1Leuphana University,*2Laboratoire d'Ecologie, Systematique et Evolution) Matsuzaki S.S., von Wehrden H., Moller A.P., Takamura N. (2012) Fukushima disaster indirectly threatens lake ecosystems. Frontiers in Ecology and the Environment, 10 (9), 464
災害廃棄物および放射性物質汚染廃棄物の焼却処理に関する課題への対応 倉持秀敏 倉持秀敏 (2012) 災害廃棄物および放射性物質汚染廃棄物の焼却処理に関する課題への対応. グローバルネット, 261 (8), 3-4
東日本大震災で発生した災害廃棄物の広域処理に関する一考察(第一報)−費用と処理期間の低減効果− 加用千裕, 石垣智基, 山田正人, 大迫政浩, 立尾浩一(*1) (*1日本環境衛生センター) 加用千裕, 石垣智基, 山田正人, 大迫政浩, 立尾浩一 (2012) 東日本大震災で発生した災害廃棄物の広域処理に関する一考察(第一報)−費用と処理期間の低減効果−. 生活と環境, (57), 36-42
2011年巨大津波が宮城県蒲生潟の地形、植生および底生動物相に及ぼした影響 金谷弦,鈴木孝男(*1),牧秀明,中村泰男,宮島祐一(*1),菊地永祐(*2)(*1東北大学,*2宮城教育大学) 金谷弦, 鈴木孝男, 牧秀明, 中村泰男, 宮島祐一, 菊地永祐 (2012) 2011年巨大津波が宮城県蒲生潟の地形、植生および底生動物相に及ぼした影響. 日本ベントス学会誌, 67, 20-32
津波による蒲生干潟の底生動物と植生への影響 金谷弦 金谷弦 (2012) 津波による蒲生干潟の底生動物と植生への影響. グリーン・エージ, 39 (9), 12-15
福島第一原発事故後に発生した一般廃棄物焼却灰からの放射性セシウムの溶出特性と土壌等への吸着効果 石森洋行,肴倉宏史,蛯江美孝,遠藤和人,山田正人,大迫政浩 石森洋行, 肴倉宏史, 蛯江美孝, 遠藤和人, 山田正人, 大迫政浩 (2012) 福島第一原発事故後に発生した一般廃棄物焼却灰からの放射性セシウムの溶出特性と土壌等への吸着効果. 都市清掃, 65 (307), 285-289
Geo-environmental issues induced by the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and tsunami Inui T.(*1),Yasutaka T.(*2),Endo K.,Katsumi T.(*1)(*1Kyoto Univ.,*2AIST) Inui T., Yasutaka T., Endo K., Katsumi T. (2012) Geo-environmental issues induced by the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake and tsunami. Soils and Fundations, 52 (5), 856-871
津波氾濫解析を応用した津波堆積物の化学物質汚染の空間分布早期推定に関する考察 東博紀, 小口正弘, 遠藤和人, 水谷千亜紀 東博紀, 小口正弘, 遠藤和人, 水谷千亜紀 (2012) 津波氾濫解析を応用した津波堆積物の化学物質汚染の空間分布早期推定に関する考察. 土木学会論文集B1(水工学), 68 (4), I_1519-I_1524
津波氾濫解析を応用した津波堆積物の化学物質汚染の空間分布早期推定に関する考察 東博紀, 小口正弘, 遠藤和人, 水谷千亜紀 東博紀, 小口正弘, 遠藤和人, 水谷千亜紀 (2012) 津波氾濫解析を応用した津波堆積物の化学物質汚染の空間分布早期推定に関する考察. 土木学会論文集B1(水工学), 68 (4), I_1519-I_1524
Ecological impacts of the 2004 Indian Ocean tsunami on coastal sand-dune species on Phuket Island, Thailand. Hayasaka D. ,Goka K.,Thawatchai W.(*1),Fujiwara K.(*2)(*1Forest Herbarium, Thailand,*2Yokohama City University) Hayasaka D. , Goka K., Thawatchai W., Fujiwara K. (2012) Ecological impacts of the 2004 Indian Ocean tsunami on coastal sand-dune species on Phuket Island, Thailand.. Biodiversity and Conservation, 21 (8), 1971-1985
Floristic variation of beach vegetation caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in northern Tohoku, Japan. Hayasaka D.,Shimada N.(*1),Konno H.(*1),Sudayama H.(*1),Kawanishi M.(*2),Goka K.(*1Iwate Prefectural University,*2Kagoshima University) Hayasaka D., Shimada N., Konno H., Sudayama H., Kawanishi M., Goka K. (2012) Floristic variation of beach vegetation caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in northern Tohoku, Japan.. Ecological Engineering, 44, 227-232
東日本大震災からの復興に向けて 東日本大震災における一次仮置場の管理と災害廃棄物の分別 遠藤和人 遠藤和人 (2012) 東日本大震災からの復興に向けて 東日本大震災における一次仮置場の管理と災害廃棄物の分別. Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan, 19 (358), 197-203
津波堆積物における土壌汚染と有効利用 遠藤和人 遠藤和人 (2012) 津波堆積物における土壌汚染と有効利用. 土木施工, 53 (8), 13-14
災害廃棄物の仮置場における火災予防対策 遠藤和人, 山田正人 遠藤和人, 山田正人 (2012) 災害廃棄物の仮置場における火災予防対策. 都市清掃, 65 (306), 113-117
し尿・生活排水(下水処理施設の被災に伴う生活汚水処理) 蛯江美孝 蛯江美孝 (2012) し尿・生活排水(下水処理施設の被災に伴う生活汚水処理). 廃棄物資源循環学会編著, 災害廃棄物分別・処理実務マニュアル−東日本大震災を踏まえて, ぎょうせい, 146-151
放射線 第3講 大気中の放射能の測定・モニタリング 土井妙子 土井妙子 (2012) 放射線 第3講 大気中の放射能の測定・モニタリング. 大気環境学会誌, 47 (3), A29-A36

2011年

題目 著者 書誌情報
災害廃棄物処理の着地点について 山田正人 山田正人 (2011) 災害廃棄物処理の着地点について. 廃棄物研究財団・3Rだより, (81), 3
福島原発から大気中に放出された放射性物質はどこに、どのように落ちたか? 大原利眞,森野悠,西澤匡人 大原利眞, 森野悠, 西澤匡人 (2011) 福島原発から大気中に放出された放射性物質はどこに、どのように落ちたか?. 科学, 81 (12), 1254-1258
福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気中の挙動 大原利眞 大原利眞 (2011) 福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気中の挙動. つくばサイエンス・アカデミー(SAT), 20, 18-20
福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気中の挙動 大原利眞,森野悠,田中敦 大原利眞, 森野悠, 田中敦 (2011) 福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気中の挙動. 保健医療科学, 60 (4), 292-299
東日本大震災により生じた津波堆積物の性状とその処理について 滝上英孝, 小口正弘, 大迫政浩, 平山修久(*1), 吉岡敏明(*2), 浅利美鈴(*3), 酒井伸一(*3) (*1京都大学, *2東北大学, *3京都大学環境安全保健機構) 滝上英孝, 小口正弘, 大迫政浩, 平山修久, 吉岡敏明, 浅利美鈴, 酒井伸一 (2011) 東日本大震災により生じた津波堆積物の性状とその処理について. 環境衛生工学研究, 25 (4), 5-13
震災廃棄物の性状と処理における有害化学物質対策 滝上英孝 滝上英孝 (2011) 震災廃棄物の性状と処理における有害化学物質対策. 化学物質と環境, (110), 7-9
大震災で発生した膨大な災害廃棄物の処理について 滝上英孝 滝上英孝 (2011) 大震災で発生した膨大な災害廃棄物の処理について. 国立天文台編, 理科年表 平成24年 第85冊, 丸善出版, 1039-1040
(独)国立環境研究所の東日本大震災復旧・復興貢献について 大迫政浩,滝上英孝,青柳みどり 大迫政浩, 滝上英孝, 青柳みどり (2011) (独)国立環境研究所の東日本大震災復旧・復興貢献について. 日本LCA学会誌, 7 (3), 383-386
放射性物質汚染廃棄物への国の対応について 大迫政浩 大迫政浩 (2011) 放射性物質汚染廃棄物への国の対応について. 産廃振興財団ニュース, 19 (64), 2-9
非常時の対応力−震災対応から今思うこと− 大迫政浩 大迫政浩 (2011) 非常時の対応力−震災対応から今思うこと−. 用水と廃水, 53 (8), 1
放射能汚染廃棄物の処理と今後の課題 大迫政浩 大迫政浩 (2011) 放射能汚染廃棄物の処理と今後の課題. 生活と環境, 56 (11), 7-13
東日本大震災における災害廃棄物の現状と処理について 大迫政浩, 寺園淳, 滝上英孝, 倉持秀敏 大迫政浩, 寺園淳, 滝上英孝, 倉持秀敏 (2011) 東日本大震災における災害廃棄物の現状と処理について. 鉱山, (699), 33-43
被災地の生活と環境を想う 新田裕史 新田裕史 (2011) 被災地の生活と環境を想う. 生活と環境, (10), 1
Atmospheric behavior, deposition, and budget of radioactive materials from the Fukushima Daiichi nuclear power plant in March 2011 Morino Y., Ohara T., Nishizawa M. Morino Y., Ohara T., Nishizawa M. (2011) Atmospheric behavior, deposition, and budget of radioactive materials from the Fukushima Daiichi nuclear power plant in March 2011. GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 38
環境都市(エコタウン)実現に向けた中長期的目標と拠点連携型復興 松橋啓介 松橋啓介 (2011) 環境都市(エコタウン)実現に向けた中長期的目標と拠点連携型復興. 都市計画, (291), 109
東日本大震災による沿岸・干潟生態系,生物多様性への影響 金谷弦 金谷弦 (2011) 東日本大震災による沿岸・干潟生態系,生物多様性への影響. 資源環境対策, 47 (9), 13-19
Dealing with disaster wastess, tsunami deposits, and soil contaminated with salt and radioactivity Endo K. Endo K. (2011) Dealing with disaster wastess, tsunami deposits, and soil contaminated with salt and radioactivity. In: The Japanese Geotechnical Societyed., GEO-HAZARDS DURING EARTHQUAKES AND MITIGATION MEASURES -Lessons and Recommendations from the 2011 Great East Japan Earthquake-, The Japanese Geotechnical Society, 60-67
災害廃棄物、津波堆積物、塩害、放射能汚染土壌への対処 遠藤和人 遠藤和人 (2011) 災害廃棄物、津波堆積物、塩害、放射能汚染土壌への対処. 地盤工学会編, 地震時における地盤災害の課題と対策−2011年東日本大震災の教訓と提言−(第一次), 公益社団法人地盤工学会, 47-52
東日本大震災における生活排水処理の状況と復旧・復興に向けた浄化槽の役割 蛯江美孝 蛯江美孝 (2011) 東日本大震災における生活排水処理の状況と復旧・復興に向けた浄化槽の役割. 平成23年度版浄化槽普及促進ハンドブック, 1-9

誌上発表論文のデータベース