本文へスキップ




国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)、にじゅうまるメンバーとの連携

2013年7月16日、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)と国立環境研究所は、生物多様性の保全のための取り組みを連携・協力して推進するための基本協定を締結しました。

この協定をもとに、生物多様性保全に関する科学と活動のパートナーシップを深め、2010年の生物多様性条約締約国会議(COP10)にて採択された愛知ターゲットの実現に向けた取り組みをともに進めています。
★ 愛知ターゲットとは

具体的には、IUCN-Jが推進している「にじゅうまるプロジェクト」に協働機関として参画し、パートナーズ会合等のイベントの共催、運営会議への参加、意見交換会の実施などを行っています。本コーナーでは、IUCN-Jと、にじゅうまるプロジェクト参加メンバー(にじゅうまるメンバー)連携活動についてご紹介します。


連携パートナー団体

国際自然保護協会日本委員会(IUCN-J)

IUCN-Jは、IUCNの会員になっている日本の団体が集まって、自然保護に関する情報を交換しあい、IUCNの活動に協力するため、1980年につくられました。

2017年7月現在、国家会員1(外務省)、政府機関1(環境省)および民間団体18団体からなっており、会長は渡邉綱男(一般財団法人 自然環境研究センター上級研究員)で、事務局は1988年から(公財)日本自然保護協会内におかれています。

2011年より、COP10の成果を実現するため「にじゅうまるプロジェクト」を展開し、愛知ターゲットの普及啓発と行動の呼びかけを行っています。

★ IUCN-Jについて (外部リンク:IUCN-Jウェブサイト)

にじゅうまるプロジェクト

にじゅうまるプロジェクトとは、COP10の成果である愛知ターゲット達成のために、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)および日本の生物多様性保全をリードする団体が集結して2011年10月より推進しているプロジェクトです。

★ にじゅうまるプロジェクトについて
(外部リンク:にじゅうまるプロジェクトウェブサイト)


活動の予定

にじゅうまるプロジェクト第3回パートナーズ会合「にじゅうまるCOP3」

日程:2018年2月17日(土)-18日(日)
会場:國學院大學学術メディアセンター常盤松ホール(東京都渋谷区)
主催:国際自然保護連合日本委員会
(外部リンク:にじゅうまるCOP3専用サイト)

記念フォーラム「ヒアリとウナギと投資から見る私達の未来」(2月17日 13:15-15:15)
講演1(13:15-13:45)にて、五箇公一室長が外来種について講演します。

分科会「サンゴ礁〜海の生物多様性保全」(2月18日 10:00-16:30)
山野博哉センター長が話題提供者として登場します。

  
活動の記録

にじゅうまるプロジェクト第2回パートナーズ会合「にじゅうまるCOP2」

日程:2016年2月20日(土)-21日(日)
場所:名古屋大学 東山キャンパス 野依記念学術交流会館(愛知県名古屋市)

(外部リンク:にじゅうまるCOP2専用サイト)

IUCN-J&にじゅうまるメンバーと国立環境研究所の意見・情報交換会(第1回)

日程:2015年2月17日(火)11:00-17:00
場所:国立環境研究所(茨城県つくば市)

2013年7月に協定を締結し連携を強化してから約1年半が経過したタイミングで、国内外の生物多様性に関する最新の動向をふまえた情報交換および相互に期待することについて意見交換を実施しました。IUCN-J&にじゅうまるメンバーの皆様に国立環境研究所までお越しいただき、午前中は研究所内の施設も視察していただきながら交流を深めました。


参加者で「にじゅうまる」ポーズ

にじゅうまるプロジェクト第1回パートナーズ会合「にじゅうまるCOP1」

日程:2014年2月15日(土)-16日(日)
場所:大阪府立大学 I-siteなんば (大阪市)

(外部リンク:にじゅうまるCOP1専用サイト)

にじゅうまるプロジェクト参加者が集まる第一回目の会合『にじゅうまるCOP1』を開催(共催)し、二日目には分科会「つなぐ!活かす!地域の活動&生物多様性の広域情報」を主催しました。


分科会の様子(左)と分科会講演者の皆さん(右)

IUCN-J&国立環境研究所 協定締結記念シンポジウム
「−愛知ターゲットの達成に向けた、科学と活動のパートナーシップを深めよう−」

日時:2013年8月27日 17:00-18:30
場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)(東京都渋谷区)

IUCN-Jと国立環境研究所との協定締結を記念し、公開型のミニシンポジウムを開催しました。
シンポジウムでは、生物多様性の保全に関する科学的研究の役割を持つ国立環境研究所と、日本の自然保護をリードするIUCN-Jの協定締結についてご報告するとともに、ゲストの皆様とともに科学と活動のパートナーシップを通じて目指す成果について意見交換を行いました。

IUCN-Jと国立環境研究所との間で協定締結

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)と国立環境研究所との間で生物多様性の保全のための取り組みを連携・協力して推進するための基本協定を締結しました。
★ プレスリリース「国立環境研究所と国際自然保護連合日本委員会との生物多様性の保全の推進に関する連携・協力に関する基本協定の締結について」


国立環境研究所にて行った調印式の様子

Last updated Jan. 10, 2018