本文へ グローバル・メニューへ 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ
ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究・活動内容-環境創生研究

研究・活動内容

環境創生研究

被災地をはじめとする地域の持続可能な復興と発展を支援するため、地域の環境・社会の分析と効果的な計画づくりなどに取り組んでいます。

a)現在(第5期中長期計画)の取り組み

研究目標

地域資源を生かした持続可能な復興・地域づくりの分析・計画手法を開発し地域での活用を図ります。

研究概要

環境の再生と社会の復興状況の分析、持続可能な地域の将来シナリオの作成、地域資源を活用した脱炭素でエネルギー効率のよい地域づくりのための事業設計、住民が参画する地域計画づくりなどに取り組んでいます。

b)これまでの取り組み

研究概要

福島県新地町・三島町・郡山市などと協力し、地域の環境・社会の状況を把握して、将来のより良い地域・環境づくりに繋がる計画を支援する研究を実施しました。

研究成果の活用など

地方公共団体や民間企業、住民の方々と協働して、被災地の復興まちづくりを支援し、人口ビジョン、環境計画、まちづくりの事業計画などに現状や将来の分析が活用されました。

ページの先頭へ戻る グローバル・メニューへ戻る 本文へ戻る 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ戻る