本文へ グローバル・メニューへ 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ
ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究・活動内容-環境創生研究-第5期:研究の概要

第5期中長期計画(2021-2025年度)の研究

研究・活動内容

PG2 環境創生研究

研究の概要

原子力災害からの復興と地域の持続可能な発展を支援するため、避難指示解除区域における復興状況のデータベースの構築と分析、大規模な避難後の社会の再生過程を分析する地域統合評価モデルの開発と将来推計、地域に適した脱炭素・省エネルギーなシステムの選定手法の開発、森林などの地域資源を活用した地域社会づくりの手法開発などを行い、持続可能な地域社会を目指した計画策定と体系的な施策立案を支援します。

具体的には、以下の3つの課題に取り組みます。

課題
  • 1. 原子力災害からの環境・社会の復興過程の分析と地域統合評価モデルを活用した将来シナリオの構築
  • 2. 地域に適した事業設計のための統計・モニタリング・技術インベントリを統合した環境まちづくり支援手法の開発
  • 3. 森林・バイオマスなどの地域資源を利活用した地域再生のための技術開発と地域システム創成
環境創生研究の概要
ページの先頭へ戻る グローバル・メニューへ戻る 本文へ戻る 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ戻る