本文へ グローバル・メニューへ 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ
ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究・活動内容-環境影響・修復研究—復興と環境回復に向けた技術システム

研究・活動内容

環境影響・修復研究—復興と環境回復に向けた技術システム

住民帰還地域等の復興と環境回復を支援するため、県外最終処分やバイオマス利活用に係る技術開発やシナリオ評価に取り組んでいます。

a)現在(第5期中長期計画)の取り組み

研究目標

県外最終処分に向けた除去土壌等の減容化やバイオマス利活用に関する技術開発やシナリオの提案により、国の施策や地域社会に実装することを目指します。

研究概要

除去土壌等の減容化のための技術開発、シナリオの提案を行います。また、放射性セシウムの挙動を明らかにすることを通じてバイオマスの利活用シナリオを提案します。

b)これまでの取り組み

研究概要

中間貯蔵と県外最終処分に向けた減容化技術の研究開発、指定廃棄物などの処理処分に係る技術的課題を解決するための研究開発を進めてきました。

研究成果の活用など

研究で得られた科学的知見を環境省などに提供することにより、汚染廃棄物等の適正かつ円滑な処理の推進に貢献しました。例えば、汚染廃棄物の処理・処分に関する技術基準やガイドライン等の作成に、研究成果が活用されました。

ページの先頭へ戻る グローバル・メニューへ戻る 本文へ戻る 国立環境研究所 福島地域協働研究拠点のメニューへ戻る