ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

災害に伴う環境・健康のリスク管理戦略に関する研究(平成 31年度)
Health and environmental risk management strategies in disaster environment

予算区分
AS 災害環境研究
研究課題コード
1620AS012
開始/終了年度
2016~2020年
キーワード(日本語)
災害環境,環境リスク,化学物質,迅速分析,探索的分析,沿岸海域調査,沿岸生態系,管理体制
キーワード(英語)
disaster and emergency environment, environmental risk, chemicals, rapid screening analysis, comprehensive analysis, coastal sea survey, coastal ecosystem, management framework

研究概要

有害な物質や成分にかかわる災害時における環境・健康のリスク管理への取り組みについて、2017年度まで課題1:災害時のリスク管理目標に関する研究、課題2:災害時の環境調査の手法と体制に関する研究、の2課題によって研究を行ってきた。2019年度は課題構成を見直して、課題1:災害時のリスク管理手法に関する研究、課題2:災害時の環境調査のための分析・調査手法に関する研究のうち課題2-1:災害時の環境調査のための網羅分析手法の研究、課題2-2:災害時の環境調査手法に関する研究、課題3:災害時の陸域での環境調査と曝露・疫学に関する研究、課題4:災害時の海域での環境調査と影響に関する研究、の4課題として具体的検討を進め、これらによって災害に伴う環境・健康のリスク管理戦略の確立を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

有害な物質や成分にかかわるリスクの管理や評価は広く研究されてきた。しかし、これら平常時に対するにおける取組に対して、災害時における環境・健康のリスク管理への取り組みは大きく遅れている。本プロジェクトでは、災害に伴う環境・健康のリスク管理戦略の確立を目指して、2017年度まで課題1:災害時のリスク管理目標に関する研究、課題2:災害時の環境調査の手法と体制に関する研究、の2課題によって研究を行ってきた。2018年度は、課題1:災害時のリスク管理手法に関する研究、課題2:災害時の環境調査のための分析・調査手法に関する研究のうち課題2-1:災害時の環境調査のための網羅分析手法の研究、課題2-2:災害時の環境調査手法に関する研究、課題3:災害時の陸域での環境調査と曝露に関する研究、課題4:災害時の海域での環境調査と影響に関する研究、課題5:災害時環境疫学に関する研究、の5課題で進めてきたが、2019年度は、課題3と課題5を新たな課題3:災害時の陸域での環境調査と曝露・疫学に関する研究、として集約して、全体で4課題として研究を行う。

今年度の研究概要

課題1:災害時のリスク管理手法に関する研究
化学物質の放出に関する事故事例、特に一般環境への影響が懸念される事例について、アンケートやヒアリング調査に基づく事故の詳細情報を解析し、化学物質の放出形態や事故発生時に取られた対応等について、事故シナリオの類型化を実施する。
課題2:災害時の環境調査のための分析・調査手法に関する研究
課題2-1:事故・災害時に測定対象として想定した物質のうちGC/MSで測定可能なものについて、全自動同定定量システム(AIQS)へのデータ収載を進めるとともに、GC/QTofMS等の手法による高精度同定法を検討する。またブラウザ版AIQSの試作品を開発する。
課題2-2:ペン型セミアクティブ大気サンプラー(SAAS)を用いて種々の汚染性質を有する地点での大気試料の採取を引き続き行い、SAASの適用範囲を確認する。また、揮発性有機化合物の捕集を想定し、SAASに適した捕集剤の選定と分析機器の調整を進めて試料採取法の最適化を図る。
課題3:災害時の陸域での環境調査と曝露・疫学に関する研究
災害に伴う住民の環境曝露推定のため、被災地域及び非被災地域において、行動調査や曝露実態調査を含む観察・実測調査を行う。また、各種災害における化学物質の曝露シナリオの設定に必要な情報の集約、曝露シナリオ設定に向けた検討を行う。
課題4:災害時の海域での環境調査と影響に関する研究
 干潟生態系の回復に関する現地調査を仙台湾の干潟で継続すると共に、優占種の一時的不在が引き起こした干潟生態系機能の変化について現場実験による検証を試みる。大船渡湾,気仙沼湾,志津川湾において、底質中の多環芳香族炭化水素(PAH)濃度の経年変化把握のための定点調査を継続し,過去に採取した柱状採泥試料中の放射性Csの鉛直分布とPAHの濃度分布との関連を調べ、震災によるPAHの汚染履歴について引き続き検討を加える。

外部との連携

名古屋市環境科学調査センター、福岡県保健環境研究所、北九州市立大学、大船渡市生活福祉部市民生活環境課、宮城県保健環境センター、環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室、環境省自然環境局生物多様性センター、東北マリンサイエンス拠点形成事業(TEAMS)、日本大学、東京大学大気海洋研究所、高知大学、国立保健医療科学院、株式会社堀場製作所、大阪府環境農林水産総合研究所、米国NIEHS、熊本県立大学

備考

環境リスク研究分野
健康環境研究分野
環境計測研究分野
地域環境研究分野
資源循環・廃棄物研究分野

課題代表者

鈴木 規之

  • 環境リスク・健康研究センター
  • センター長
  • 博士(工学)
  • 工学,化学,土木工学
portrait

担当者