ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-組織紹介

研究者紹介

福島支部

国立環境研究所は、被災地に根ざした調査研究を継続的に進めるため、福島支部を開設しました。福島支部を拠点として、福島県や日本原子力研究開発機構(JAEA)をはじめとする関連機関、様々な関係者と力を合わせて、被災地の環境回復と環境創生に向けた災害環境研究に取組みます。また、環境創造センターが進める環境情報の収集・発信や教育・研修・交流等の取組みに、災害環境研究の面から支援・協力していきます。

管理課

福島支部の運営全般を担い、研究活動を支援します。福島支部にご来所される皆さまには、まず管理課にきて頂きます。
来所者の受付を行い、必要に応じてセキュリティカードや積算線量計等を貸出します。

汚染廃棄物管理研究室

放射性物質に汚染された廃棄物・土壌などの発生から、適正な管理・処分に至るまでに必要な技術・システムの開発・評価を総合的に行います。

環境影響評価研究室

現地観測やシミュレーションにより、環境中の放射性物質の動態、生態系の変化、被ばく量などを明らかにし、将来の予測と対策効果の評価を行います。

地域環境創生研究室

地域の特長を活かし、環境に配慮した復興を支援するため、地域診断、将来シナリオの作成、省エネルギーな技術開発と地域事業設計、住民が参画する計画づくりなどを行います。

災害環境管理戦略研究室

環境・安全・安心面から将来の災害に備えるために、強靱な資源循環・廃棄物管理システムや環境・健康リスク管理戦略、それを支える人材育成と国内外ネットワークづくりを行います。