ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

福島支部について-支部長あいさつ

福島支部について

支部長あいさつ

福島支部長 滝村 朗

国立環境研究所は、東日本大震災の直後から、大震災による環境汚染と環境の回復に関する研究を災害環境研究と位置づけ活動を続けて参りました。

具体的には、環境中における放射性物質の計測・シミュレーションを通した動態解明・将来予測、ヒトへの被ばく量解析及び生物・生態系に対する影響評価に関する「多媒体環境研究」と、災害廃棄物や放射能物質に汚染された廃棄物の適切な管理、処理・処分方法などに関する「廃棄物・資源循環研究」を中心に研究を進めてきました。現在は、これら2つの研究を、放射性物質により汚染された被災地の環境をできるだけ速やかに回復することを目的とした「環境回復研究プログラム」に統合し、研究を鋭意推進しています。

さらに、被災地の復興を通して21世紀の日本の姿を実現することを目的とした「環境創生研究プログラム」と、将来の災害に備え、安全で安心な地域社会をつくることを目的とした「災害環境マネジメント研究プログラム」を開始しております。

2016年4月には、福島県三春町の環境創造センター内に、研究所では初めての地方組織となる福島支部を開設しました。福島支部を現地拠点としてつくば本部とも連携しつつ、3つの災害環境研究プログラムを柱とした研究を展開し、被災地の復興と環境回復を研究面・技術面で支援するとともに、将来起こりうる災害にも備えた環境にやさしい日本の姿の実現に貢献していく所存です。