ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究・活動内容-PG1-第4期:放射能汚染廃棄物

第4期中長期計画(2016-2020年度)の研究

研究・活動内容

PG1(放射能汚染廃棄物) 環境回復研究プログラム

研究の概要

これまで、放射性物質汚染対処特別措置法にもとづいて汚染廃棄物等を処理・処分するための技術基準やガイドライン、マニュアル等の策定や技術開発を先導し、積極的に成果発信してきました。これからの研究では中間貯蔵施設における長期隔離保管・監視技術・除去土壌有効利用技術の開発、最終処分に向けた減容化技術や濃縮物廃棄体化技術の研究開発を進め、汚染廃棄物等の安全な中間貯蔵や処分に科学技術的側面から貢献します。

具体的には以下の3つの課題に取り組みます。

課題
  • 1. 減容化技術の開発と高度化を行います。溶融化やセメント化等の様々な熱処理技術についてセシウムの挙動を調査し、処理物の性能評価や残渣の廃棄処理方法を検討することで、廃棄物量の極小化するための適正な減容化技術を開発します。
  • 2. フロー・ストックの適正化とその管理手法を開発します。福島県内におけるセシウムの流れを考え、廃棄物・副産物の発生地域ならびに種類毎に安全な再生利用用途を提示します。また放射性ストロンチウムやα線・β線核種等のニーズに応じた放射線量・放射能濃度の測定方法、およびその簡易化等を検討します。
  • 3. 最終処分・中間貯蔵の適正化を行います。汚染廃棄物の最終処分時のセシウム挙動や、除去土壌等の保管・中間貯蔵時におけるガスの発生や汚濁物質の溶出等を調査することで、長期にわたり安全に管理できる施設設計を支援します。
PG1(放射能汚染廃棄物)環境回復研究プログラムの概要