(1/1)

 

Psammocora profundacella Gardiner, 1898  

アミメサンゴ

Psammocoridae Chevalier and Beauvais, 1987 アミメサンゴ科

Psammocora Dana, 1846 アミメサンゴ属

撮影:深見裕伸(中種子町馬立の岩屋、水深5m)

 

莢の長径は2〜5mm。

成長形:被覆状〜準塊状群体。サンゴ礁域では長径10cm未満のものが多いが、温帯の岩礁域では30cm以上になるものも珍しくない。群体周縁が基盤から遊離することはない。

軟体部の色彩と特徴:主に緑色〜褐色で、黄緑色などの明るい色彩になるものもある。被覆状群体では、個体の口盤だけが淡い色になることがある。温帯域では、昼間でも太目で先細りの短い触手をよく伸ばす。群体表面はザラついた印象を受ける。

骨格の特徴:個体は多角形、大きさは不揃いで莢の長径は2〜5mm。通常、個体配列はサムナステロイド型だが、隣接する個体間に上縁の薄いコリン(稀にモンティクル)が発達するため、肉眼ではセリオイド型またはメアンドロイド型に見える。莢内には1〜3個の同心円状のシナプティキュラ輪がよく発達する。莢は浅く、3次隔壁・肋まで発達する。これらの隔壁の厚さと高さはほぼ同じで、1次・2次隔壁は長く、莢心まで達する。3次隔壁は他の隔壁の半分以下の長さで短い。群体によっては、1次・2次隔壁の配列がペタロイド型になることがある。隔壁・肋の上縁には、先端が多方向に分岐した鋸歯がよく発達する。そのため、隔壁・肋は厚く、隣接する隔壁・肋間は狭く、群体表面はザラザラして見える。莢心では、1次・2次隔壁の内縁から伸びたトラベキュラが絡み合う。その上部には、鈍端で短い棒状軸柱と、軸柱を囲むように複数の短いパリが形成される。軸柱は周囲の隔壁内縁よりも低く、莢心に円形の中央窩が認められる。

生息環境:礁池・浅礁湖内や、波当たりの少ない礁斜面や岩礁斜面で見られる。

国内での分布:千葉県館山・島根県隠岐諸島以南。種子島では稀。

補足:本種はPsammocora albopicta ベルベットサンゴやP. nierstraszi ヒダアミメサンゴ(本ガイド未掲載種)と混同されているため、種子島以南での生息状況については再検討が必要である。

   

西平・Veron (1995)での出現記録:○

 

 

 


<< 戻る  (1/1)

●お問い合わせ: 国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター

〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2 Email: cebes.data@(この部分は削除してメールして下さい)nies.go.jp

 

Copyright © Center for Environmental Biology and Ecosystem Studies, National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

Powered by Database Factory